[Stream Analytics] 不正な JSON 形式を送った場合に発生するエラーについて

松本 奈紗 Support Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの松本奈紗です。 今回の投稿では、Stream Analyticsの環境において、上手くストリーミングデータが出力に受け渡されない場合、参考となる情報をご紹介いたします。 日々、弊社には多くのお問い合わせを頂くわけですが、その中でも Stream Analytics で以下のようなエラーが発生した、といったご相談をしばしばいただきます。   エラーメッセージ Could not deserialize the input event(s) from resource ‘xxxxx’ as Json. Some possible reasons: 1) Malformed events 2) Input source configured with incorrect serialization format   このメッセージだけですとやはり、何が問題か判断がつきにくいもあると思いますので、今回の投稿ではこの点についてフォーカスしてみたいと思います。 結論から申し上げますと、このエラーはStream Analyticsの環境において、上手くストリーミングデータが出力に受け渡されない事を意味しています。 考えられる原因として、不正な JSON 形式が送付されている可能性が高いため、インプットとなるデータの精査が必要になります。 下記情報と共に、事象の切り分けにあたって少しでも参考となりましたら幸いです。   参考情報『間違った形式の入力イベントをトラブルシューティングする』 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-common-troubleshooting-issues#troubleshoot-malformed-input-events  …

0

[ADF] Azure SQL DataWarehouseにデータをコピーする際に発生するエラーについて

松本 奈紗 Support Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの松本奈紗です。 今回の投稿では、Azure Data Factoryを利用してAzure SQL DataWarehouse にデータをコピーする際に発生するエラーのうち、メッセージから判断がつきにくいものがありますので、エラーの原因を見つけるために確認すべき点をご紹介いたします。 また、今回はイメージがつきやすいように、以下のようなサンプルを用いて、エラーの対処策をご紹介いたします。   [サンプルの前提] Azure Data Factoryを利用して、CSVファイルをSQL Server Management Studio(SSMS) に接続されたAzure DataWarehouse へコピーします。   Test.csv Number, Word, Letter 1, test1, A 2, test2, B Azure SQL Data Warehouse SSMSでのテーブル定義 CREATE TABLE dbo.TestTable( Number int NULL ,Word char(1) NULL ,Letter char(1)…

0

[SSRS] Web ポータルからファイルダウンロード時のファイル名文字化けについて

今回の投稿では、SQL Server 2016 Reporting Services、並びに、SQL Server 2017 Reporting Services の環境において、Web ポータルからファイルダウンロード時、ファイル名の日本語文字が文字化けする事象についてご案内します。 ■現象 Internet Explorer ブラウザにて、Web ポータルからファイルダウンロード時、ファイル名に日本語文字が含まれる場合、ファイル名が文字化けする事象を確認しております。 1) Web ポータルから、ファイル名に日本語文字(2byte文字) が含まれるファイルをダウンロードします。 2) ファイル名が文字化けされた状態でダウンロードされます。 元のファイル名:レポートテスト.xlsx ダウンロード後のファイル名:=_utf-8_B_44Os44Od44O844OI44OG44K544OILnhsc3g=_= ■回避策 残念ながら、現時点で本現象の修正は予定されておりません。このため、下記いずれかの回避策の適用をご検討ください。 A. シングルバイトの文字で命名したファイルをアップロードする B. ダウンロード後にファイル名を手動で変更する C. ファイルダウンロード操作は、Chrome など事象が発生しない別のブラウザを使用する(※Chrome の場合には事象が発生しないことを確認しております) D. Web サービスからダウンロードする Web サービスよりダウンロードする場合には、文字化けが発生しないことを確認しています。 Excel ファイルやテキストファイルなど、Web サービスからダウンロード可能なファイルにつきましては本回避策は有効となります。 例えば、レポート定義ファイル(*.rdl) はWeb サービスよりダウンロードできないため、この場合は上記A. ~ C. の回避策にて対処する必要があります。  

0

[SSRS] SQL Server 2016 SP2 Cumulative Update 適用による不具合について

今回の投稿では、SQL Server 2016 SP2に Reporting Services をインストールしている環境において、累積的な更新プログラムのCU1、並びに、CU2 を適用した際に発生する問題と、この修正状況についてご案内します。 ■現象 SQL Server 2016 SP2 環境にて、CU1(*1)、または、CU2(*2) を適用することで以下問題が発生する報告を確認しています。 ・CPU 使用率が大幅に増加する ・Web ポータル (http://<サーバー名>/reports) サイトが閲覧できなくなる (*1) Cumulative Update 1 for SQL Server 2016 SP2 https://support.microsoft.com/en-us/help/4135048/cumulative-update-1-for-sql-server-2016-sp2 (*2) Cumulative Update 2 for SQL Server 2016 SP2 https://support.microsoft.com/en-us/help/4340355/cumulative-update-2-for-sql-server-2016-sp2 ■原因  内部コードの問題により発生しておりました。このコードの内容については非公開とさせていただいております。 ■回避策 既にインストールされているCU1、またはCU2 をアンインストールします。 コントロールパネル – プログラムと機能 – 更新プログラムのアンインストール からアンインストールが可能です。 ■修正状況 現在、SQL Server…

0

[SSRS] サブスクリプション設定画面参照時に記録されるエラーについて

今回の投稿では、SQL Server 2016 Reporting Services の環境において、サブスクリプション設定画面を参照した際に記録されるエラーについてご案内します。   ■現象 Web ポータルサイトより、任意のレポートの管理画面からサブスクリプションページを開くと、Reporting Services のログへエラーが記録されます。 1) Web ポータルサイトから管理画面 – サブスクリプション設定画面を開きます。 2) reportserverservice_ymd.log から次のエラーの出力を確認できます。 【ファイルパス(既定の場合)】 C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSRS13.MSSQLSERVER\Reporting Services\LogFiles\reportserverservice_ymd.log 【出力内容】 library!ReportServer_0-1!c08!08/09/2018-20:55:55:: e ERROR: Throwing Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.Utilities.NotEnabledException: , Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.Utilities.NotEnabledException: The requested functionality is not currently enabled.; extensionfactory!ReportServer_0-1!c08!08/09/2018-20:55:55:: i INFO: Skipped instantiating Report Server PowerBI report server extension. Extension was not…

0