“Action recommended: Allow outbound traffic to all Azure SQL Database routers in <データセンター>” メールの対処方法について

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database でよくある質問事項の一つである ”Action recommended: Allow outbound traffic to all Azure SQL Database routers in <データセンター>” メールの対処方法について紹介します。   皆さんは、先日 Azure SQL Database に接続をする際に利用される Gateway に割り振られた IP アドレスが追加されたことをご存知でしょうか。 接続先の IP アドレスをファイアウォールで絞った環境では、この変更により影響を受ける可能性があります。 また、Azure SQL Database を使用している方は、以下のようなメール (タイトル:   ”Action recommended: Allow outbound traffic…

0

[Azure SQL Database] どうする? SQL Database の価格レベル変更が終わらない!

山田 浩史 Technical Advisor 普段は 10分~15分で完了する SQL Database の価格レベルの変更処理がなかなか終わらない。 なにか Azure で障害が起きているのか?もう少し待てば終わるのか? Microsoft に問合せを上げるべきかどうか判断が出来ない。 そんな時にまずは確認したいポイントをまとめました。   前提: SQL Database の価格レベルを変更すると、新しい価格レベルで元のデータベースのコピーが作成され、接続先がそのコピー環境に切り替えられる事があります。価格レベル変更処理の大部分が、このデータベースのコピーを作成するのにかかる時間です。価格レベル変更が早く終わるケースは、このデータコピーが行われずにリソースの割り当てが行えた場合であり、時間がかかるケースはデータコピーが行われている場合となります。 つまり、データベースサイズが大きい場合や、IO が速い Premium 以外のサービスレベルをご利用の場合は、このコピー処理に長時間かかる事があります。具体的には、250 GB のデータベースを Standard サービス レベルとの間または Standard サービス レベル内で変更する場合は、6 時間程度かかる事があります。 とは言え、あとどれくらいで処理が完了するのか目安となる時間くらいは知りたいですよね。   進捗確認方法: 価格レベル変更の進捗は、Azure ポータル上から確認する方法と T-SQL クエリで確認する方法があります。   1. Azure ポータル上から確認 Azure SQL Database の概要画面下部に、[通知] の項目があり、価格レベルの変更中には、「1個の操作が実行中です」と出力されます。 そちらをクリックすると、画面右側に進捗バーが表示されます。 またこちらからは、価格レベルの変更操作の取り消しも出来ます。   2. T-SQL クエリでの確認…

0

[Azure SQL DB] 誤って削除したデータベースの復元方法

Escalation Engineer神谷 雅紀 復元の条件 以下の条件を両方とも満たしている場合に限り、誤って削除してしまったデータベースを復元することができます。 削除したデータベースの配置されていた論理 SQL Server が存在している。(SQL Server は削除していない。) データベースバックアップの保有期間である。(2018/5/1 時点では既定の保有期間は Basic は 7 日、Standard および Premium は 35 日。https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-automated-backups) 復元の手順 1. Azure ポータル (https://portal.azure.com) でリソースとして [SQL Server] を選択し、続いて、削除したデータベースをホストしていた論理 SQL Server 名、[削除されたデータベース]、復元したいデータベース名の順番に選択します。 ※ [削除されたデータベース] に復元したいデータベース名が表示されていない場合には、5 ~ 10 分程度待った後に改めて確認して下さい。 2. 次に、復元後のデータベース名を指定します。既定では、削除したデータベース名の後ろに日時が付加された名前になっています。データベース名を指定して OK を押下すると復元が開始されます。しばらく待つと復元が完了します。 3. 復元後にデータベース名を変更したい場合は、SQL Server Management Studio で Azure SQL Database に接続し、オブジェクトエクスプローラーでデータベース名を右クリックして [名前の変更]…

0