[Azure SQL DB] 誤って削除したデータベースの復元方法

Escalation Engineer神谷 雅紀 復元の条件 以下の条件を両方とも満たしている場合に限り、誤って削除してしまったデータベースを復元することができます。 削除したデータベースの配置されていた論理 SQL Server が存在している。(SQL Server は削除していない。) データベースバックアップの保有期間である。(2018/5/1 時点では既定の保有期間は Basic は 7 日、Standard および Premium は 35 日。https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-automated-backups) 復元の手順 1. Azure ポータル (https://portal.azure.com) でリソースとして [SQL Server] を選択し、続いて、削除したデータベースをホストしていた論理 SQL Server 名、[削除されたデータベース]、復元したいデータベース名の順番に選択します。 ※ [削除されたデータベース] に復元したいデータベース名が表示されていない場合には、5 ~ 10 分程度待った後に改めて確認して下さい。 2. 次に、復元後のデータベース名を指定します。既定では、削除したデータベース名の後ろに日時が付加された名前になっています。データベース名を指定して OK を押下すると復元が開始されます。しばらく待つと復元が完了します。 3. 復元後にデータベース名を変更したい場合は、SQL Server Management Studio で Azure SQL Database に接続し、オブジェクトエクスプローラーでデータベース名を右クリックして [名前の変更]…

0

[FAQ] よくある質問事項について (Azure SQL Database)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database でよくある質問事項について紹介します。   Q1)  アプリケーション から Azure SQL Database への接続が数十秒間行えない現象が発生したが、データセンター側で何らかの問題が発生していたのか知りたい。 A1) 長期間(数分間)、継続的にアプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生していない限り、データセンター側の問題ではありません。 Azure SQL Database では 高可用性を維持するため、定期的に リコンフィグレーション (Reconfiguration) を行っており、リコンフィグレーションの間、数十秒間、一時的に アプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生する可能性があります。 詳細は、以下の公開情報を参照。 [SQL Database] Reconfiguration (リコンフィグレーション) は悪ではない。   Q2) …

0

[FAQ] よくある質問事項について (Azure Database for PostgreSQL)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure Database for PostgreSQL でよくある質問事項について紹介します。   Q1)  2018年4月に GA (General Availability) となったが、Preview 期間に作成したデータベースに対して、何らかのアップデート作業は必要となるか? A1)  Preview 期間に作成したデータベースは、特にアップデート作業を実施することなく、そのまま使用することが可能です。   Q2)  手動で フェールオーバー を実施することは可能か? A2) 出来ません。しかしながら、Azure Database for PostgreSQL のデータベースが配置されたノードで何らかの障害が検知された場合、自動的にフェールオーバーが行われます。 Azure Database for PostgreSQL での高可用性の概念 + 高可用性   Q3)  Azure 仮想マシン上から、仮想ネットワーク サービスのエンドポイント経由で、接続することは可能か? A3) 現時点において、仮想ネットワーク…

0

[FAQ] よくある質問事項について (Azure Database for MySQL)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure Database for MySQL でよくある質問事項について紹介します。   Q1)  2018年4月に GA (General Availability) となったが、Preview 期間に作成したデータベースに対して、何らかのアップデート作業は必要となるか? A1)  Preview 期間に作成したデータベースは、特にアップデート作業を実施することなく、そのまま使用することが可能です。   Q2)  手動で フェールオーバー を実施することは可能か? A2) 出来ません。しかしながら、Azure Database for MySQL のデータベースが配置されたノードで何らかの障害が検知された場合、自動的にフェールオーバーが行われます。 Azure Database for MySQL での高可用性の概念 + 高可用性   Q3)  Azure 仮想マシン上から、仮想ネットワーク サービスのエンドポイント経由で、接続することは可能か? A3) 現時点において、仮想ネットワーク…

0

SQL Server プロダクト キーの変更手順について

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、SQL Server プロダクトキーの変更手順について紹介します。   SQL Server をインストールする際、プロダクト キー (Product Key) の入力画面より、プロダクト キーを入力する必要があります。 しかしながら、SQL Server のインストールが完了後、別の環境に使用する予定の プロダクト キー を誤って使用してしまったなど、プロダクト キーを変更したい状況があるかもしれません。 SQL Server では、同じエディション (例えば SQL Server 2017 Standard Edition から SQL Server 2017 Standard Edition など)  へのエディションのアップグレードが可能です。 そのため、エディションのアップグレードを実施することで、プロダクト キーを変更することが出来ます。 また、SQL Server Enterprise…

0

SQL Server プロセスダンプの採取

    神谷 雅紀 Escalation Engineer   SQL Server データベースエンジンプロセス (プロセス名 sqlservr.exe) のプロセスダンプを採取する方法です。SQL Server 製品に付属の sqldumper.exe を使用することで、デバッガ等を追加インストールすることなく、かつ、データベースのデータを含まない形のダンプの採取が可能です。   手順1 How to use Powershell script to generate a dump file の Code details をクリックし、Powershell ソースコードをファイル名  SQLDumpHelper.ps1 ファイルとして、プロセスダンプ採取の対象となるSQL Serverが実行されているサーバーに保存します。 How to use the Sqldumper.exe utility to generate a dump file in SQL Server https://support.microsoft.com/en-us/help/917825/how-to-use-the-sqldumper-exe-utility-to-generate-a-dump-file-in-sql-se   手順2 Windows…

0

Cosmos DB の命名規則について

みなさん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの川瀬です。 こちらの記事では、Cosmos DB のの命名規則についてご案内いたします。   ■ アカウント名の命名規則   使用可能な文字列:小文字、数字 長さ:3 から 31文字   Cosmos DB の命名規則は上記の通りです。 使用可能な文字列が他の Azure リソースに比べて限られていることにご注意ください。   <2018/03/20 時点の補足情報> また、Azure ポータル上では、使用できない文字列を Cosmos DB のアカウントとして入力した時に、以下のようなメッセージが表示されますが、”-” (ハイフン)はご利用いただけませんので、ご注意ください。     上記の Azure ポータルの表示につきましては、ご利用いただくお客様の混乱の元となりますので、現在上記メッセージから”-“(ハイフン)の表示を削除するように、サポートセンターから米国の担当部署に依頼中の状況です。   ■ コレクション名とドキュメントの命名規則   コレクション名とドキュメント名ともに、データを指定する際の URL として使用されますので、以下の文字列をご利用いただくことはできません。   使用できない文字列:’/’、 ‘\’、 ‘?’、 ‘#’ 使用可能文字数:制限無し   <補足> また、補足ですが、コレクション名、ドキュメント名ともに日本語文字が使用可能ですが、データを指定する際の URL として使用されることを考慮すると、ご利用を避けていただくのが無難です。…

0

元号/和暦 の変更に伴う影響について (SQL Server, Azure SQL Database, SQL Data Warehouse)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、元号/和暦 の変更に伴う SQL Server、Azure SQL Database、SQL Data Warehouse への影響について紹介します。   製品名 影響 SQL Server SQL Engine 無し Reporting Services 無し Analysis Services 無し Integration Services 無し Azure SQL Database 無し SQL Data Warehouse 無し   上記の表の通り、元号/和暦 の変更に伴い、SQL Server、Azure SQL Database、SQL Data…

0

ライセンス関連のお問い合わせ窓口について (Azure 仮想マシン : SQL Server)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせ窓口 を紹介します。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせを 技術サポート窓口 にお問い合わせをいただくことがありますが、ライセンスに関するお問い合わせを承る専門の窓口があります。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関する内容については、Cloud Direct にお問い合わせ下さい。   Cloud Direct https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/Cloud-Direct     [参考情報] 既存の SQL Server ライセンスを使用し、Azure 仮想マシン上に SQL Server をインストールするためには。   [FAQ] Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の…

0

ディストリビューションの構成時に「パブリッシャーとして有効にできませんでした。」エラーが発生する

  SQL Server Management Studio GUI を使用してディストリビューションを構成しようとした時に次のエラーが発生することがあります。   SQL Server で、’Server\Instance’ をパブリッシャーとして有効にできませんでした。 (Microsoft.SqlServer.Rmo) プログラムの場所: 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ReplicationSqlConnection.EnablePublisher(Publisher publisher, Boolean bScripting) 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ConfigureDistributionWizard.InstallDistributor(Boolean& anyExceptions, Boolean bScripting, ApplicationException& outerEx, StringBuilder command) =================================== オブジェクトがサーバーにありません。このオブジェクトがサーバーに存在することを確認してください。  (Microsoft.SqlServer.Rmo) プログラムの場所: 場所 Microsoft.SqlServer.Replication.ReplicationObject.CommonCreate() 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ReplicationSqlConnection.EnablePublisher(Publisher publisher, Boolean bScripting)   このエラーは、大文字小文字を区別する照合順序 (名前に CS, BIN, BIN2 を含む照合順序) がサーバー照合順序 (master データベースの照合順序) として設定されており、かつ、sys.servers カタログビューに登録されているローカルサーバ名が小文字を含む場合に発生します。 上記条件を満たしている場合には、オンプレミス環境、クラウド環境を問わず、いずれの環境においても発生します。     対処方法…

0