SQL Server アップグレードパスについて


皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。今回は SQL Server のアップグレードパスについてご紹介いたします。

アップグレードパスにつきましては、弊社では以下のような技術情報を公開いたしております。(下記の技術情報は SQL Server 2016 へのアップグレードパスに関する情報です。)

 

タイトル : サポートされるバージョンとエディションのアップグレード

URL      : https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/install-windows/supported-version-and-edition-upgrades

 

上述の公開情報は、同一サーバーにおけるアップグレードパス (インプレース アップグレード) に関し記載しているものであり、別サーバーへのデータベース移行によるアップグレード (マイグレーション) の場合には該当いたしません。

例えば、上述の公開情報によるインプレース アップグレードでは、SQL Server 2014 Standard Edition から SQL Server 2016 Express Edition はサポートされていないアップグレードパスである為、アップグレードを実施した場合には失敗します。一方、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報には該当しない為、SQL Server 2014 Standard edition から別のサーバーの SQL Server 2016 Express Edition へのデータ移行によるアップグレードは成功いたします。

つまり、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報のパスを意識する必要はなく、下位のエディションにもアップグレードが可能となります。また、公開情報にあるアップグレード元のサービスパックの適用条件も考慮する必要はありません。

ただし、移行先となる SQL Server のエディションによる制限 (例えば、Express Edition の場合では 1 データベースに対し、最大 10 GB の容量制限) には該当いたしますので、移行先の SQL Server のエディションが移行元より下位の場合には特に注意が必要です。また、一度上位のバージョンにアップグレードしたデータベースは、下位のバージョン環境にリストアする事ができません。

なお、上記の類似内容は以下にご案内する自習書に記載がございますので、併せてご確認いただけると幸いに存じます。

 

タイトル : SQL Server 2016 実践シリーズ No.1

URL      : http://download.microsoft.com/download/F/7/1/F71B2DD9-D68F-4F50-92B5-3BC4688FACC8/SQL13_Adv01_Upgrade.pdf

項目 : 移行可能なデータベース

 

Blogの内容は、2017 12 月現在の内容となっております

 

Comments (0)

Skip to main content