既存の SQL Server ライセンスを使用し、Azure 仮想マシン上に SQL Server をインストールするためには。


 

皆さん、こんにちは。  BI Data Platform サポートチームです。

※ BI Data Platformサポートチーム では、Microsoft SQL Server/Azure SQL Database/BI Azure などの製品をサポートしています。

今回は、既存の SQL Server ライセンスを使用し、Azure 仮想マシン上に SQL Server をインストールするために必要な契約について紹介します。

 

既存の SQL Server ライセンス を Azure 仮想マシン上の SQL Server で使用するためには、ソフトウェア アシュアランス (Software Assurance) の契約が必要となります。

 

SQL Server Azure VM の料金ガイダンス

+ ライセンスを持ち込む (BYOL)

---

ライセンス モビリティを使用した自分の SQL Server ライセンスの持ち込み (BYOL) は、Azure VM のソフトウェア アシュアランスで既存の SQL Server ボリューム ライセンスを使用することです。 BYOL を使用した SQL Server VM の料金は、SQL Server のライセンスではなく、VM を実行するコストに対してのみ発生します。これは、ボリューム ライセンス プログラムを介して既にライセンスとソフトウェア アシュアランスを取得している場合が対象になります。

---

 

ソフトウェア アシュアランスは、テクノロジ、サービス、使用権のセットを提供している包括的なボリューム ライセンス プログラムです。

本ライセンスに含まれる 「ライセンス モビリティ」 の特典により、お持ちのライセンスを Azure 仮想マシン上の SQL Server で利用することができます。

 

Azure でのソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティ

 

ソフトウェア アシュアランスやライセンス全般に関する質問がある場合は、以下  Cloud Direct  にお問い合わせください。

 

Cloud Direct


 

※ 本Blogの内容は、2017年7月現在の内容となっております。


Comments (0)

Skip to main content