SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス 環境に .NET Framework 4.6 をインストール後、メンテナンスプラン から SQL Server への接続に失敗する

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス 環境に .NET Framework 4.6 をインストール後、メンテナンスプラン から SQL Server への接続に失敗する問題について紹介します。   SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス環境 (以下 SQL Server AlwaysOn FCI) で、かつ、名前付きインスタンスをインストールした環境に、.NET Framework 4.6 をインストールすると、メンテンナンス プラン 及び syspolicy_purge_history ジョブ から 該当の名前付きインスタンスに接続しようとした際に、以下のエラーにより、接続に失敗するという現象が発生します。 この問題は、スタンドアローン環境 及び SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス環境で、かつ、既定のインスタンス では発生しません。   [メンテナンス プラン…

0

HowTo: Management Studio を使ってトランザクションログファイル (ldf) のサイズを小さくする方法

神谷 雅紀 Escalation Engineer 「ログファイルが大きくなってディスク領域を圧迫し始めているので、ファイルサイズを小さくしたい」という内容の問合わせは今でも多く寄せられます。今回は、SQL Server Management Studio GUI を使って、トランザクションログファイルのサイズを小さくする手順を紹介します。 ここに記載した方法で、トランザクションログファイルのサイズを小さくしたいという状況のほとんどに対応可能だと思います。 ここに記載した方法でトランザクションログファイルのサイズを小さくできない場合は、おそらく、トランザクションログファイルのサイズを小さくする前に、レプリケーションやミラーリングのトラブルシューティングなどが必要になるでしょう。 ステップ 1 : データベースの復旧モデルを確認する 復旧モデルが「単純」かそれ以外かによって、以降の手順が違ってきますので、まず最初に、データベースの復旧モデルを確認します。 手順 復旧モデルを確認するために、データベースのプロパティを表示します。データベースのプロパティは、オブジェクトエクスプローラでデータベース名を右クリックし、「プロパティ」をクリックすることで表示できます。 表示されたダイアログボックスの左ペインで「オプション」を選択すると、右ペインに「復旧モデル」が表示されます。復旧モデルは、「単純」「完全」「一括ログ」のいずれかです。 ステップ 2 : トランザクションログをバックアップする トランザクションログは、データベースファイルへの更新履歴ですので、データベースに対して更新を行うたびにトランザクションログファイルには履歴データが記録され、何もしなければ、トランザクションログファイル内の履歴データはどんどん増えていきます。 復旧モデルが「単純」の場合は、トランザクションログファイル内のデータ量が一定量を超えると、SQL Server がファイルの中身を消し、ファイル内に空き領域を作り、空いた領域は再利用されます。 一方、復旧モデルが「完全」または「一括ログ」に設定されている場合は、過去に一度でもデータベースの完全バックアップ (データベースフルバックアップ) を取得していると、SQL Server はファイルの中身を消すことはしませんので、トランザクションログファイル内のデータは、バックアップしなければ削除されません。 このステップ 2 は、復旧モデルが「完全」または「一括ログ」の場合のみ行います。「単純」の場合は、次のステップ 3 に進みます。 手順 データベースを右クリックし、「タスク」 –  「バックアップ」をクリックします。 「バックアップの種類」として「トランザクションログ」を選びます。もし、復旧モデルが「単純」に設定されている場合は、「トランザクションログ」は選択できません。 「バックアップセットの有効期限」は既定のまま、「バックアップ先」は、バックアップデータを書き込むファイル名を指定します。「ディスク」を指定して、「追加」でファイル名を指定して下さい。そのサーバーにテープデバイスがある場合には、「テープ」を選んでも構いません。 最後に「OK」を押すと、バックアップが開始されます。 復旧モデルが「完全」または「一括ログ」であっても、データベースの完全バックアップが一度も取得されていない場合、トランザクションログのバックアップは以下のエラーで失敗します。 メッセージ 4214、レベル 16、状態 1 現在、データベースのバックアップが存在しないので、BACKUP LOG を実行できません。 復旧モデルが「完全」または「一括ログ」であっても、データベースの完全バックアップが一度も取得されていない場合は、トランザクションログは自動的に切り捨てられていますので、このステップを実行せずにステップ 3…

4

イベントログに SQL Server 関連のパフォーマンス ライブラリで 警告 2003 が発生した場合の対処方法について

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、イベントログに SQL Server 関連のパフォーマンス ライブラリで 警告 2003 が発生した場合の対処方法について紹介します。   Microsoft-Windows-Perflib: 警告: 2003: “MSSQLSERVER” サービスのパフォーマンス ライブラリ “perf-MSSQLSERVER-sqlctr**.*.****.*.dll” の構成情報が、レジストリに保存されている信頼されたパフォーマンスライブラリの情報に一致しませんでした。このライブラリの関数は信頼されているものとして処理されません。   [原因] SQL Server のパフォーマンス ライブラリ “perf-MSSQLSERVER-sqlctr**.*.****.*.dll” のファイル作成時刻やファイルサイズが、レジストリに格納されている情報と一致していない場合に発生します。   [影響] 前述の通り、情報のズレを報告するために記録される警告ですが、実動作 (パフォーマンス カウンタの採取など) への影響はありません。   [対処方法] SQL Server のパフォーマンス ライブラリ を再登録することで、警告 2003 は解消します。   # SQL Server のパフォーマンス ライブラリ を再登録手順 ※ 本手順は…

0

2017 年 9月 SQL Server 最新モジュール

2017 年 9月 19日 時点の SQL Server 最新モジュールです。 SQL Server 2005 は 2016 年 4 月 12 日に延長サポートが終了しました。長らくのご愛用ありがとうございました。 SQL Server 2008 は 2014 年 7 月 8 日にメインストリームサポートが終了しました。 SQL Server 2012 は 2017 年 7 月 11 日にメインストリームサポートが終了しました。 サービス パック 更新プログラム バージョン リリース年月 SQL Server 2016 SP1 KB 4040714 (CU5) 13.0.4451.0 2017/9 メインストリームサポート SQL Server…

0

SQL Server/Azure SQL Database で使用可能なデータの暗号化機能について

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、SQL Server/Azure SQL Database で使用可能なデータの暗号化機能について紹介します。   SQL Server/Azure SQL Database で使用可能なデータの暗号化機能として、以下の機能があります。 今回は、透過的なデータ暗号化(TDE : Transparent Data Encryption)について紹介します。 ■ 透過的なデータ暗号化(TDE : Transparent Data Encryption)■ 暗号化関数■ Always Encrypted     メモリ データ/トランザクションログ (ストレージ) 透過的なデータ暗号化 平文状態 暗号化を有効化したデータベースの全データが暗号化状態 暗号化関数 暗号化指定した列は暗号化状態 暗号化指定した列は暗号化状態 Always Encypted 暗号化指定した列は暗号化状態 暗号化指定した列は暗号化状態   透過的なデータ暗号化(以下 TDE)では、データベース物理ファイル (データ、ログ) を暗号化する機能となり、SQL Server、Azure SQL Database で使用可能です。…

0

[イベント告知] 実案件お客様登壇「赤裸々に語ります」 Cognitive, SQL Data Warehouse 無償セミナー開催!9/28 (木)

実際に導入したお客様と、対象テクノロジーに強いパートナー企業が登壇し、「率直なところ Microsoft のソリューションを導入して、何が変わったの?」「本当のところ、導入で何か困ったのでは?」といったさながら異種格闘技戦の赤裸々な内容から語っていただくセミナーを開催します。   全社で活用可能なビッグデータ分析基盤で企業競争力を高めよ – ゲオホールディングスの挑戦を支えるクラウドのデータ分析基盤 東京港区港南1丁目2番70 品川シーズンテラス3階 16:45-17:00 受付 17:00-17:30 株式会社ゲオホールディングス様 Azure 導入事例のご紹介 株式会社ゲオホールディングス 分析部 吉村 公胤 17:30-18:10 パートナーソリューション紹介株式会社ブレインパッド 安良岡史行 18:10-19:00 AI時代のクラウド データプラットフォーム Azure SQL Data Warehouse で実現するアジャイルなデータ分析基盤 日本マイクロソフト株式会社 クラウドソリューションアーキテクト 高木 英朗   Azure SQL Data Warehouse を採用することで、評価開始からわずか半年で運用開始に至るなど構築期間とコストの大幅な短縮を実現したゲオホールディングス担当自らが発端の課題、導入中の困りごとまで赤裸々に語ります。   登録はこちら! https://aka.ms/ss_dwh   お客様が何に困って導入を決意したか。そして何が変わったか。SI に携わる皆様にとっても興味深いところではないでしょうか。内容の性質上、その場だけの内容ですので、録画やリピートはありません。ご質問もいただけます。ぜひ、ご参加ください。

0

[イベント告知] 実案件お客様登壇「赤裸々に語ります」 Cognitive, SQL Data Warehouse 無償セミナー開催!9/27 (水)

実際に導入したお客様と、対象テクノロジーに強いパートナー企業が登壇し、「率直なところ Microsoft のソリューションを導入して、何が変わったの?」「本当のところ、導入で何か困ったのでは?」といったさながら異種格闘技戦の赤裸々な内容から語っていただくセミナーを開催します。   Microsoft Cognitive Services による「個客 “おもてなし”」 AI ソリューションが開くビジネス機会 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F SGT:Seminar Room B 16:00-16:30  受付 16:30-16:45 Cognitive Services および Azure Data Services概要紹介: 日本マイクロソフト株式会社 16:45-17:05 店舗内顧客分析「アロバビューコーロ」の紹介:株式会社アロバ  17:05-17:35 大正元年創業 伊勢の老舗ゑびやによるAI活用事例の紹介:有限会社 ゑびや 専務取締役 小田島 春樹  17:35-18:00 まとめ、QA   ※経営企画の方にも特におすすめです。 個客分析に Cognitive が入った結果ビジネスがどう変わったか?という一見異色ながら、ビジネスの視点で「こう使うのか!」といった利用例を伊勢のゑびや様自らが語ります。   登録はこちら! https://aka.ms/ss_cog   お客様が何に困って導入を決意したか。そして何が変わったか。SI に携わる皆様にとっても興味深いところではないでしょうか。内容の性質上、その場だけの内容ですので、録画やリピートはありません。ご質問もいただけます。ぜひ、ご参加ください。

0

Azure SQL Databaseの適切な価格レベル(DTU)を選択する指標について

  Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポート 田中 真人 皆さん、こんにちは。 Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 日ごろから、Azure サービスをご愛顧頂き誠にありがとうございます。 今回は、日々のサポート業務において、比較的お問合せをいただくSQL Database の適切な価格レベル(DTU)を選択する指標について記載致します。   初めに、DTUとは何かについて記載します。既に DTU についてご存知の方は「2)適切なDTUを選択する指標」へ飛んで下さい。   +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 1)DTUとは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ DTUとは、SQL Database のデータベースの処理性能を表す単位であり、SQL Databaseにおける各サービスレベルの性能を表す為の指標の1つです。 DTUはベンチマークテストにより、弊社が独自で決めており、具体的には、各サービスレベルのCPU、メモリ、およびディスクの読み書きを組み合わせた測定に基づいて算出しております。 DTUの概要の詳細は以下サイトをご確認ください。   ■SQL Database のオプションとパフォーマンス: 各サービス階層で使用できる内容について理解します https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/sql-database-service-tiers/ –サイト内抜粋 ここから— DTU について データベース トランザクション ユニット (DTU) は、データベースのトランザクションという実際の測定に基づいたデータベースの相対的な能力を表す SQL Database…

0

Azure 仮想マシン上で SQL Server AlwaysOn 可用性グループを構築する場合の推奨事項

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、Azure 仮想マシン上で SQL Server AlwaysOn 可用性グループを構築する場合の推奨事項について紹介します。   Azure 仮想マシンをホストしているホスト仮想マシンでは定期的にメンテナンス作業が実施されており、ホスト仮想マシンの完全な再起動を必要としないメカニズムを使用してメンテナンス作業が行われています。 しかしながら、上記の作業の際、Azure 仮想マシンは 数十秒 から 30秒程度、一時停止状態になります。 そのため、Azure 仮想マシンの一時停止状態時間よりも、フェールオーバー クラスターの監視間隔が短い場合、フェールオーバーが発生する可能性があります。 この様な Azure プラットフォーム特有の動作に対応するため、フェールオーバークラスター、SQL Server 、さらに、アプリケーションクライアントにおけるタイムアウト値の延長をお勧めしています。   [推奨設定] 1) フェールオーバー クラスターのハートビート設定 (クラスタ側の設定) SameSubnetDelay (単位:ミリ秒) * SameSubnetThreshold (単位:回数) が、30000 ミリ秒 (30 秒) 以上に設定する。   [例] SameSubnetDelay = 1000 SameSubnetThreshold = 30   Azure 上でフェールオーバークラスターを構築する際の留意事項について…

0

[FAQ] Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の SQL Server の構成変更 (ディスク拡張) について

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の SQL Server の構成変更 (ディスク拡張) について紹介します。   Azure 管理ポータルのギャラリーから 以下のイメージを選択し、デプロイした場合、以下の構成でインストールが行われます。   SQL Server 2012 SP3 Standard on Windows Server 2012 R2 SQL Server 2012 SP3 Enterprise on Windows Server 2012 R2 SQL Server 2014 SP2 Enterprise on Windows Server 2012 R2 SQL Server 2014 SP2 Enterprise…

0