Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(SQL Server 2016 対応手順 )

Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポート 田中 真人     皆さん、こんにちは。 Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 日ごろから、Azure サービスをご愛顧頂き誠にありがとうございます。   今回は、日々のサポート業務において、比較的お問合せをいただく、Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順について記載致します。 Azure ギャラリーイメージより、SQL Server が含まれた仮想マシンをデプロイすることが可能ですが、現在は英語版のみの提供となっています。 その為、日本語でSQL Server をご利用頂くには、SQL Server を以下の手順にて日本語化する必要があります。   ◆SQL Server 2012 、2014 の日本語化手順は以下の BLOG をご確認ください。 <Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(SQL Server 2012 , 2014 対応手順)>…

0

Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(SQL Server 2012 , 2014 対応手順)

Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポート 田中 真人     皆さん、こんにちは。 Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 日ごろから、Azure サービスをご愛顧頂き誠にありがとうございます。   今回は、日々のサポート業務において、比較的お問合せをいただく、Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順について記載致します。 Azure ギャラリーイメージより、SQL Server が含まれた仮想マシンをデプロイすることが可能ですが、現在は英語版のみの提供となっています。 その為、日本語でSQL Server をご利用頂くには、SQL Server を以下の手順にて日本語化する必要があります。   ※SQL Server 2016 の日本語化手順は以下の BLOG をご確認ください。 <Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(SQL Server 2016 対応手順 )>   尚、本情報の内容…

0

SQL Server 2016 [新機能] 動的なデータマスキングでクエリの変更が必要な場面は?

  みなさん、こんにちは。 Microsoft SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 SQL Server 2016 から動的なデータマスキングの機能が加わりました。 動的なデータマスキングの特徴として、クエリの結果に対してマスクが適用されるため、アプリケーション側でのクエリの変更が不要な場合が多い点にあります。   動的なデータ マスキング https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt130841.aspx 動的データマスクは、クエリの結果にマスク ルールが適用されるため、既存のアプリケーションで簡単に使用できます。 多くのアプリケーションは、既存のクエリを変更せずに、デリケートなデータをマスクすることができます。     一方で意図した結果にならないということでお問い合わせを頂くケースも出てきました。 ここではアプリケーション側でのクエリの変更が必要な場面の例をご紹介したいと思います。 いずれも仕様に沿った結果ではありますが、ご参考頂ければ幸いです。   変更が必要な場面 カーソルで取得した値がマスクされる前の値であることを前提としている実装 カーソルで取得した値は既にマスクされているため、マスクされた後の値であることを前提とした実装に変更する必要があります。 取得した値をクエリ内で置き換えた場合 置き換えた値もマスク対象となるため、マスクされた値であることを前提とした実装が必要です。   以下は、上記の具体例です。 前準備   ※公開情報で紹介しているテーブルとデータを使用しています。    動的なデータマスキング    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt130841.aspx   テーブルを作成します。 CREATE TABLE Membership    (MemberID int IDENTITY PRIMARY KEY,     FirstName…

0

イベント ID : 455/489/490 及び 413/486 の対処方法について

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチーム です。 ※ BI Data Platformサポートチーム では、Microsoft SQL Server/Azure SQL Database/BI Azure などの製品をサポートしています。 今回は、イベント ID : 455/489/490 及び 413/486 の対処方法について、紹介したいと思います。   Windows Server 2012 以降、ソフトウェアの使用状況を収集する機能が追加されており、ソフトウェアの使用状況 を収集する機能の中で、“C:\Windows\system32\LogFiles\Sum” フォルダ配下への読み取り、書き込みが行われています。 そして、SQL Server サービス に指定された サービス起動アカウントに、“C:\Windows\system32\LogFiles\Sum” フォルダ配下に対する読み取り、書き込み、変更権限が付与されていない場合、権限不足に起因し、イベント ID : 455/489/490 がイベントログに記録されます。   ソース:ESENT イベントID:455 内容:   sqlservr (2032) ログファイル C:\Windows\system32\LogFiles\Sum\Api.log を開いているときに、エラー -1032 (0xfffffbf8) が発生しました。 ソース:ESENT…

0

Azure Preview (プレビュー) 機能 のサポートについて

  皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチーム です。 ※ BI Data Platformサポートチーム では、Microsoft SQL Server/Azure SQL Database/BI Azure などの製品をサポートしています。 Azure では、Preview (プレビュー) 機能が存在し、最新の機能をいち早く公開しています。 しかしながら、Preview (プレビュー) 機能を使用するうえで、次の点にご注意ください。   1) サービス レベル契約 および 限定的保証の対象とはならない2) 限定的なサポート (英語のみ もしくは、フォーラムのみ など)   1) については、Preview (プレビュー) 機能を使用し、該当の機能が正常に動作しない状況となったとしても、サービス レベル契約 (SLA) の対象とならないため、返金の対象にはなりません。 また、該当の Preview (プレビュー) 機能が正常に動作しない状態となったとしても、該当機能が使用できる状態に復旧させるために、多くの時間を頂く可能性があります。   また、2) については、基本的に  Preview (プレビュー) 機能に関しては、日本語 (ローカル 言語)…

0

2017 年 4月 SQL Server 最新モジュール

2017 年 4月 18日 時点の SQL Server 最新モジュールです。 SQL Server 2005 は 2016 年 4 月 12 日に延長サポートが終了しました。長らくのご愛用ありがとうございました。 SQL Server 2008 は 2014 年 7 月 8 日にメインストリームサポートが終了しました。 サービス パック 更新プログラム バージョン リリース年月 SQL Server 2016 SP1 KB 4013106 (CU2) 13.0.4422.0 2017/3 メインストリームサポート SQL Server 2014 SP2 KB 4013098 (CU5) 12.0.5546.0 2017/4 メインストリームサポート SQL Server…

0

[Azure Stream Analytics] Azure Stream Analytics の IoT Hub の入力で指定する消費者グループ (コンシューマーグループ) の作成方法

BI Data Platform (SQL Server) Support Team 山崎実久 – Azure Stream Analytics とは? Azure Stream Analytics は、デバイスやセンサーから出力される JSON 形式のデータをリアルタムで処理し、Azure SQL Database への保存や、Power BI でグラフ化などできるサービスです。サーバーの準備や管理は必要なく、Azure Portal 上の Stream Analytics のサービスでジョブを作成し、Input と Output の設定と、SQL Like な集計処理を行うクエリを設定後、ジョブを開始するだけで利用できます。指定した Input に流れてくる (Stream) データを分析 (Analytics) し、指定した Output へ出力することができます。詳細は Stream Analytics とは を参照ください。 – Azure Stream Analytics の IoT Hub の入力で利用する消費者グループ (コンシューマグループ)…

0

SQL Server における分散トランザクション 2

  神谷 雅紀Escalation Engineer   SQL Server における分散トランザクション 1 の続きです。   前回の投稿では、SQL Server における MSDTC の接続を確立する際の振る舞いと、コミットまでの動作を説明しました。本投稿では、ロールバック時のシナリオや異常系シナリオについて説明します。   分散トランザクションの流れ (前回からの続き)   8) トランザクションのロールバック   ロールバック前までの流れは、前回紹介したコミットの場合と同様です。   8-1) アプリケーションは、アプリケーション側 MS DTC に対して、トランザクションのロールバック (中断) を要求します。 8-2) アプリケーション側 MS DTC は、SQL Server 側 MS DTC に対して、トランザクションの中断を要求し、その要求は SQL Server に対しても行われます。 この時、Transaction is aborting トレース/拡張イベントが生成されます。 8-3) SQL Server でのロールバックが完了すると、その完了が SQL Server…

0

異種データベースレプリケーションがサポートする Oracle Database バージョンについて

  今回は異種データベースレプリケーションでサポートされる RDBMS とバージョンについてご案内させて頂きます。 弊社側にお寄せいただく異種データベースレプリケーションのお問い合わせの多くは相手が Oracle Database のものになります。 その為、本文書では Oracle Database を中心に紹介いたしますが、原則的に確認方法は他の RDBMS も同様です。 この機能自体は非推奨機能ではありますが、対 Oracle Database に関してどのバージョンが現在のサポータブルなのかがわかりにくい為、本文書で補足いたします。   異種パブリケーションの廃止について Microsoft SQL Server 2012 がリリースされたタイミングで異種データベースレプリケーションは廃止される事が決定しております。 本文書がターゲットとしている Oracle Database と SQL Server を同期させる Oracle Publisher や Oracle Subscriber もその対象であり、以下の様に将来の廃止予定機能として公開されております。   異種データベースレプリケーション https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms151149(v=sql.110).aspx SQL Server 2012 は、トランザクション レプリケーションとスナップショット レプリケーションに対する次の異種シナリオをサポートします。 ・Oracle から SQL Server へのデータのパブリッシュ ・SQL Server から…

0

[Azure Data Factory] “監視と管理” から確認出来る Activity Windows のログ保持期間

BI Data Platform (SQL Server) Support Team 山崎実久 前回の ADF (Azure Data Factory) の blog – [Azure Data Factory] パイプラインの推奨設定 – リトライ で、スライスの処理の失敗を確認する際、Azure Portal サイトにある、データ ファクトリ の “監視と管理(プレビュー)”  (下記スクリーンショットの赤枠)  を利用しました。この “監視と管理(プレビュー)” の Activity Windows のログの保持期間について、サポートによくお問い合わせがきます。、この blog ではログの保持期間についてお伝えします。   “監視と管理(プレビュー)” の Activity Windows のログの保持期間は、45日となります。ログに関わるパイプラインが削除された場合は、45日の経過にかかわらず、ログは削除されます。   一方、以下のデータセットの項目で参照できる、スライスの実行ログは、該当のデータセットが削除されるまでログが保持されます。古いログを参照する必要がある場合は、こちらのデータセットからスライスの実行ログをご確認ください。     ※ 本ブログの内容は、2017年3月時点の情報です。 以上、お役に立てたら幸いです。

0