[若葉マークブログ] 第 3 回 : システム データベースとは


みなさん、こんにちは。若葉マークブログの第 3 回は、システム データベースについてお話したいと思います。

システム データベースとは、SQL Server が動作する上で必要なデータベースで、master、msdb、model、Resource、tempdb の5つのデータベースがあります。以下の表をご参照下さい。

また、SQL Server 2012 の既定のインスタンス (MSSQLSERVER) におけるデータベースを構成するファイルの既定の場所も記載しております。

データベース

説     明

master

≪含まれる情報≫SQL Server のシステム レベルの情報

・ログオン アカウント

・エンドポイント

・リンク サーバー

・システム構成設定 など

 

SQL Server の初期化情報を記録するための情報

・他のすべてのデータベースの管理情報

・他のすべてのデータベースの場所

 

≪バックアップの推奨タイミング≫

・データベース作成後、変更後、削除後

・サーバーまたはデータベースの構成値の変更後

・ログオン アカウントの変更後、追加後

 

≪物理ファイル 既定の場所≫

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\master.mdf

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\mastlog.ldf

 

≪備考≫

master データベースが使用できない場合、SQL Server を開始できません。

msdb

≪含まれる情報≫SQL Server エージェントによって使用される設定情報

・警告

・ジョブのスケジュール

 

オンラインのバックアップおよび復元の履歴などの情報

・バックアップの実行者名

・バックアップ日時

・バックアップが格納されているデバイスやファイルなど

 

≪バックアップの推奨タイミング≫

・データベースのバックアップや復元など、msdb の更新操作後

・警告やジョブの作成後

 

≪物理ファイル 既定の場所≫

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\MSDBData.mdf

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\MSDBLog.ldf

model

≪含まれる情報≫SQL Server のインスタンスで作成されるすべてのデータベースのテンプレート情報

 

≪バックアップの推奨タイミング≫

model データベースに対する変更後

 

≪物理ファイル 既定の場所≫

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\model.mdf

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\modellog.ldf

 

≪備考≫

tempdb データベースは、SQL Server が起動するたびに、model データベースを元に作成されるので、model データベースは、常に SQL Server に存在する必要があります。

Resource

≪含まれる情報≫SQL Server に装備されているシステム オブジェクト

 

≪バックアップの推奨タイミング≫

Resource データベースは、バックアップできません。

 

≪物理ファイル 既定の場所≫

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\mssqlsystemresource.mdf

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\mssqlsystemresource.ldf

 

≪備考≫

読み取り専用のデータベースであり、ユーザーのデータやユーザーのメタデータは保持されません。破損した場合は、セットアップメディアから再構築する事が可能です。その場合、サービス パックと修正プログラムがすべて失われるため、再適用する必要があります。

tempdb

≪含まれる情報≫一時的なユーザー オブジェクト

・グローバル一時テーブル / ローカル一時テーブル

・一時ストアド プロシージャ

・テーブル変数

・カーソル

 

≪バックアップの推奨タイミング≫

tempdb データベースは、バックアップできません。

 

≪物理ファイル 既定の場所≫

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\tempdb.mdf

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\templog.ldf

 

≪備考≫

tempdb データベースは、SQL Server が起動されるたびに、再作成されるため、破損しても SQL Server を再起動する事により、再作成されます。一般的には、tempdb データファイルの数は、SQL Server が使用可能な CPU の数に一致させた方が高負荷時のパフォーマンス劣化を防ぐことができるとされています。

 

<参考情報>

システム データベース
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms178028(v=sql.110).aspx

 

システム データベースのリストア手順
http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2013/08/16/10442187.aspx

 

DO’s&DONT’s #17: やっておいた方がいいこと - tempdb データファイル数を CPU 数に一致させる
http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2013/01/17/do-s-amp-dont-s-17-tempdb-cpu.aspx

 

 

     ★ 若葉マークブログ シリーズのご案内 ★本記事は、第 3 回となります。

第 1 回 : トランザクションとは

第 2 回 : ロックとは

第 3 回 : システム データベースとは

Comments (0)

Skip to main content