[SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) – SQL Server 2014 と SharePoint 2013 の組み合わせ


 

SQL Server Developer Support

藤丸陽子

SharePoint 2013 と SQL Server 2014、同一筐体のシングル構成における手順を案内します。

前回案内した [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) – SQL Server 2012 と SharePoint 2013 の組み合わせ基本的に同じ構成手順となります。

 

 

■■■ 構成 ■■■

SharePoint 2013 と SQL Server 2014、同一筐体のシングル構成における手順です。

 

 

 

 

 

■■■ 手順概要 ■■■

以下が手順概要となります。

 

 

1. 事前準備 (.NET Framework 3.5 SP1 のインストール)

2. SQL Server 2014 をインストール

3. SharePoint 2013 をインストール

4. Reporting Services SharePoint サービスの登録と開始

5. Reporting Services サービスアプリケーションの作成

6. サイトコレクションを作成

 

 

 

■■■ 手順詳細 ■■■

 

1. 事前準備 (.NET Framework 3.5 SP1 のインストール)

image

image

image

image

image

 

image

image

 

 

2. SQL Server 2014 をインストール

1) SQL Server 2014 メディアからルートフォルダの Setup.exe をダブルクリックします。

[インストール] – [SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します] をクリックします。

image

 

2) プロダクトキーを入力します。

image

 

3) ライセンス条項を確認し、次へ進みます。

image

 

4) Microsoft Update を確認し、次へ進みます。

image

 

5) インストールルールが終了次第、次へ進みます。

 

image

 

6) [セットアップロール] 画面で “SQL Server 機能のインストール” をチェックし、次へ進みます。

 

image

 

7) [機能の選択] 画面で次の通り選択し、次へ進みます。 緑で囲ったものが、 シングル環境における SharePoint 2013 + SQL Server 2014 Reporting Services 統合環境に必須のコンポーネントとなります。

image

 

8) [機能ルール] が成功することを確認し、次へ進みます。

image

9) [インスタンスの構成] 画面でインスタンス名を指定します。 既定のインスタンスで構成するには、そのままの設定で次へ進みます。

image

 

10) [サーバーの構成] – サービスアカウントを設定し次へ進みます。 (特に変更がない場合既定の設定とします。)

image

 

11) [データベースエンジンの構成] 画面で SQL Server 管理者を追加します。

SQL 認証を有効にする場合、”混合モード” にチェックし、SQL Server のシステム管理者 (sa) のパスワードを指定します。

 

image

 

12) (Optional – Analysis Services をインストールしている場合) [Analysis Services の構成] 画面で、サーバーモードを選択の上、Analysis Services 管理者を追加します。

image

 

13) [Reporting Services の構成] 画面で “Reporting Services SharePoint 統合モード” の ‘インストールのみ’ にチェックが入っていることを確認の上、次へ進みます。

 

image

 

14) [インストールの準備完了] 画面でインストール対象の機能をチェックの上、[インストール] ボタンをクリックします。

image

15) セットアップ完了を確認の上、OS を再起動します。

 

image

 

参考情報

=====

インストール ウィザードからの SQL Server 2014 のインストール (セットアップ)

<http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms143219.aspx>

 

 

 

3. SharePoint 2013 をインストール

1) ソフトウェア必須コンポーネントのインストールをします。

SharePoint 2013 のメディアを実行し、[インストール] – [ソフトウェア必須コンポーネントのインストール] を選択します。

 

image

2) Microsoft SharePoint 2013 製品準備ツールが起動します。 そのまま次へ進みます。

 

image

 

3) ライセンス条項を確認し、次へ進みます。

 

image

 

4) 製品準備ツールの実行完了後、[完了] ボタンをクリックし、OS を再起動します。

image

 

5) OS 再起動後、SharePoint Server のインストールを実施します。

image

 

6) プロダクトキーを入力します。

image

7) ライセンス条項を確認し、次へ進みます。

image

 

8) [サーバーの種類] が “完全” となっていることを確認し、[今すぐインストール] をクリックします。

image

 

9) インストールが完了するのを待ちます。

image

10) SharePoint 2013 のインストール完了後、 SharePoint 2013 製品構成ウィザードを実行します。

image

11) [SharePoint 製品構成ウィザード] が起動します。 次へ進みます。

image

 

12) 各サービスの開始、リセットについてのポップアップが立ち上がります。 [はい] をクリックします。

image

13) [サーバーファームへの接続] 画面で “新しいサーバーファームの作成” にチェックし、次へ進みます。

clip_image001

14) SharePoint サーバーファームの構成データベースの設定を行います。

SQL Server データベースエンジンが稼働するサーバーと構成データベースへの接続に使用する Windows アカウントを指定します。

(今回はシングル構成ですので、SharePoint と同一のサーバーを指定します。)

 

image

 

15) [ファームセキュリティ設定の指定] 画面で、任意のパスフレーズを指定します。

このパスフレーズはファームを追加する際に必要となります。

image

 

16) [SharePoint サーバーの全体管理 Web アプリケーションの構成] で全体管理のポート番号と認証プロバイダを指定します。

ここでは既定の設定のまま、次へ進みます。

 

image

17) SharePoint 製品構成ウィザードの終了画面で設定を確認し、次へ進みます。

 

image

 

18) 製品構成ウィザードの完了を確認し、[完了] ボタンをクリックします。

image

 

image

19) ファーム構成の初期構成ウィザードが起動します。

 

image

 

20) [ウィザードの開始] をクリックします。

 

image

 

21) サービスアカウント、サービスの設定を行います。

 

image

 

22) 設定後、SharePoint 全体管理の画面が表示されることを確認します。

 

image

 

 

4. Reporting Services SharePoint サービスの登録と開始

1) SharePoint 2013 管理シェルを [管理者として実行] で実行します。

image

 

2) 下記のコマンドをそれぞれ実行します。

Install-SPRSService

Install-SPRSServiceProxy

get-spserviceinstance -all |where {$_.TypeName -like “SQL Server Reporting*”} | Start-SPServiceInstance

 

image

 

参考情報

======

SharePoint 2013 用 Reporting Services の SharePoint モードのインストール

<http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj219068.aspx>

–> 手順 2:Reporting Services SharePoint サービスの登録と開始

 

 

 

5. Reporting Services サービスアプリケーションの作成

1) SharePoint サーバーの全体管理で、[アプリケーション構成の管理] の [サービス アプリケーションの管理] をクリックします。

image

 

2) SharePoint リボンで、[新規作成] ボタンをクリックします。

※ [新規作成] ボタンがグレイアウトして選択できない場合、ブラウザを [管理者として実行] で起動し、SharePoint サーバーの全体管理を起動ください。

 

image

 

3) [新規作成] メニューで [SQL Server Reporting Services サービスアプリケーション] を選択します。

 

image

4) [SQL Server Reporting Services サービス アプリケーションの作成] ページで、アプリケーションの名前を入力します。

例) RSServiceApp1

 

image

5) Reporting Services サービスアプリケーションが正常に作成されることを確認し、[OK] ボタンをクリックします。

 

clip_image001[5]

6) Reporting Services サービスアプリケーションが作成されていることを確認します。

image

 

7) 作成した Reporting Services サービスアプリケーション (例: RSServiceApp1) を選択し、プロパティをクリックの上、 Web アプリケーションの関連付けを行います。 ( Reporting Services サービスアプリケーションを利用する Web アプリケーションにチェックを入れます。)

image

image

 

 

 

6. サイトコレクションを作成

1) [アプリケーション構成の管理] – [サイトコレクションの作成] を選択します。

 

image

2) サイトコレクションの作成画面で各項目を設定します。

image

 

· サイトコレクションのタイトルと説明を入力します。

 

 

· URL に使用するパス (たとえば /sites/ などのワイルドカードを使用したパスやルート ディレクトリ (/) など) を選択します。

· ワイルド カードを使用したパスを選択する場合は、サイトの URL で使用するサイト名も入力する必要があります。

 

· 一覧で、サイト コレクションのトップレベルサイトに使用するテンプレートを選択するか、[ユーザー設定] タブをクリックして空のサイトを作成し、後からテンプレートを適用します。

· テンプレートの一覧の下に、選択したテンプレートの説明が表示されます。

 

· ボックスの一覧で、使用するテンプレートの SharePoint エクスペリエンス バージョンを選択します。

· そのサイト コレクションの見た目と動作を、SharePoint Server 2013 のサイト コレクションと同じようにする場合は、2010 エクスペリエンスバージョンを選択します。2010 エクスペリエンス バージョンを使用するサイト コレクションは SharePoint 2013で実行されますが、サイト コレクションのユーザー インターフェイスとユーザー エクスペリエンスは SharePoint Server 2013 と同じです。サイト コレクションをアップグレードする方法の詳細については、「サイトコレクションを SharePoint 2013 にアップグレードする」を参照してください。

 

· サイト コレクションの管理者のユーザー名を DOMAIN\username の形式で入力します。

 

 

· サイトコレクションの代理の管理者のユーザー名を入力します。

· サイトコレクションの管���者が不在の場合に誰かがサイト コレクションを管理できるように、サイト コレクションの代理の管理者を指定しておくことをお勧めします。

 

· [タイトルと説明]

 

· [Web サイトのアドレス]

 

· [テンプレートの選択]

 

· [エクスペリエンス バージョンの選択]

 

· [サイト コレクション管理者]

 

· [代理のサイトコレクション管理者]

 

3) サイトコレクション作成後、 レポートを作成したサイトコレクションにアップロードし、レポートの表示がなされることをご確認ください。

image

※ レポートが参照できない場合、サイトコレクションが属する Web アプリケーションが Reporting Services サービスアプリケーションと関連付けがなされていることをご確認ください。

以上の通りとなります。

Comments (0)

Skip to main content