SQL Server 2012 の SysPrep で Analysis Services と共有機能を準備する方法


 

福原 宗稚

Support Escalation Engineer

 

SQL Server 2012 の SysPrep で Analysis Services と共有機能を含めてイメージの準備をする際に、日本語版のインストーラーに問題があることが分かりました。そこで、正しくイメージの準備をする方法をご紹介します。

 

 

前提

SQL Server 2012 のサービスパック (SP) や更新プログラム(CU)を含めてイメージの準備をするためには、「/UpdateSource」パラメーターを指定してインストーラーをコマンド実行します。

SQL Server 2012 SP1 CU2 から、Analysis Services と共有機能の SysPrep が利用できるようになりました。

 

問題

英語版での SysPrep では問題なく、Analysis Services と共有機能をイメージに含めることができますが、日本語等ローカライズされたバージョンでは正しく動作しません。

インストールウィザードの [機能の選択] 画面で、Analysis Services、共有機能が一覧に表示されないため、これらの機能をイメージに含めることができません。

clip_image001

 

 
対処方法

使用するバージョンによって、対処方法が異なります。

A. SQL Server 2012 SP1 の CU
B. SQL Server 2012 SP2

A. SQL Server 2012 SP1 の CU

SQL Server 2012 SP1 CU10 を例とします。

 

1) SQL Server 2012 のインストーラー、SQL Server 2012 SP1SQL Server 2012 SP1 CU10 を用意します。

image

SQL Server 2012 SP1 : SQLServer2012SP1-KB2674319-x64-JPN.exe

SQL Server 2012 SP1 CU10 : SQLServer2012-KB2954099-x64.exe

 

※SP1、SP1 CU10 は同じフォルダに保存します。フォルダは任意の名称で作成します。

2) SQL Server 2012 SP1 CU10 (SQLServer2012-KB2954099-x64.exe) を実行します。

3) SQL Server 2012 SP1 CU10 (SQLServer2012-KB2954099-x64.exe) のダイアログが終了し、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap\SQLServer2012 配下にセットアップサポートファイルがインストールされていることを確認します。

image

 

4) コマンドプロンプトから下記コマンドを実行し、イメージの準備を開始します。

Setup /ACTION=PrepareImage /UpdateSource=C:\SQL2012SP1andSP1CU10

※ /UpdateSource に、SP1 と SP1 CU10 を保存しているフォルダを指定します。

5) インストールウィザードを進め、[機能の選択] で Analysis Services、共有機能が一覧に表示されていることを確認します。

clip_image001[6]

6) 必要な機能にチェックを入れてウィザードを進めます。

 

 

B. SQL Server 2012 SP2

SQL Server 2012 SP2 でこの問題は修正されています。そのため、/UpdateSource  で SP2 を指定したコマンド実行の手順でイメージの準備が可能です。

 

1) SQL Server 2012 のインストーラー、SQL Server 2012 SP2 を用意します。

image

SQL Server 2012 SP2 : SQLServer2012SP2-KB2958429-x64-JPN.exe

※フォルダは任意の名称で作成します。

2) コマンドプロンプトから下記コマンドを実行し、イメージの準備を開始します。

Setup /ACTION=PrepareImage /UpdateSource=C:\SQL2012SP2

※ /UpdateSource に、SP2 を保存しているフォルダを指定します。

3) インストールウィザードを進め、[機能の選択] で Analysis Services、共有機能が一覧に表示されていることを確認します。

clip_image001[6]

4) 必要な機能にチェックを入れてウィザードを進めます。

 
備考

SQL Server 2012 SP2 では修正されているため、SQL Server 2012 SP2 の CU を含めてイメージの準備をする際には、通常の /UpdateSource  を使用したコマンド実行の手順でイメージの準備が可能です。

Comments (0)

Skip to main content