エラー “Windows 機能 (NetFx3) を有効にしている時にエラーが発生しました。 エラー コード : -2146498298” について


皆さん、こんにちは。 SQL Server/Windows Azure SQL Database サポートチーム の高原です。

今回は、Windows 8 以降の OS に、SQL Server 2014 をインストールした場合に、発生する可能性のある以下のエラーについて紹介します。

---

Windows 機能 (NetFx3) を有効にしている時にエラーが発生しました。 エラー コード : –2146498298

image

---

上記のエラーは、.Net Framework 3.5 が有効になっていない Windows 8 以降の OS で、SQL Server 2014 のインストールが行われた場合に発生する可能性があります。

なお、本エラーの対処策は、[Windows の機能の有効化または無効化] で、”.Net Framework 3.5 (.Net 2.0 および 3.0 含む)” のチェック ボックスをオンにし、事前に .Net Framework 3.5 を有効化した上で、SQL Server 2014 をインストールすることになります。

 

image

[補足]

SQL Server 2014 Express Edition (データベース エンジン のみ : SQLEXPR) をインストールする場合においても、.Net Framework 3.5 及び 4.5 の両方のバージョンが必要となります。

※ SQL Server 2012 Express Editoin (データベース エンジン のみ : SQLEXPR) の場合は、.Net Framework 3.5 もしくは 4.5 の何れかが有効になっていれば、インストールが行われていました。

 

そのため、SQL Server 2014 Express Edition (データベース エンジン のみ) を以下の条件下でインストールした場合、エラー  Windows 機能 (NetFx3) を有効にしている時にエラーが発生しました。 エラー コード : –2146498298”  が発生します。

---

- インストール環境が Windows 8 以降の OS

- インストール環境が インターネットに接続されていない

- .Net Framework 3.5 が無効化状態 かつ、今までに一度も 有効化されたことがない

---

なお、複数のお客様よりご要望を頂いているため、次期 サービスパックで、SQL Server 2014 Express Edition (データベース エンジン のみ : SQLEXPR)  の場合は、.Net Framework 4.5 のみ有効の状態でもインストールが行えるよう、変更することを検討しています。

[追記]

SQL Server 2014 Express Edition SP1 より、データベース エンジン のみを選択した場合は、.Net Framework 3.5、.Net Framework 4.5 の何れかを有効にすることにより、インストールが行えるように改修されています。

 

※ 本Blogの内容は、2014年5月 現在の内容となっております

Comments (1)

  1. osamu miki より:

    windows機能の画面はどのように起動するのかが書かれていませんがどうすれは表示できますか?

Skip to main content