[SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) – SQL Server 2008 と SharePoint 2010 の組み合わせ)


森  隆博
SQL Developer Support Engineer

SharePoint では、Reporting Services SharePoint 統合モードの設定を行うと、SharePoint 製品およびテクノロジを使用して、SQL Server Reporting Services のレポートの管理等を行うことができます。

SharePoint 2010 のシステム要件の詳細は下記技術情報に記載がございますので、ご参照ください。

    ハードウェア要件およびソフトウェア要件 (SharePoint Server 2010)
    http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/cc262485(v=office.14).aspx

 

■ここでご案内するシステム
・SQL Server 2008
※ここでご案内するのは SQL Server 2008 R2 ではありません
※SharePoint 統合が可能な Reporting Services のエディションは Enterpriset と Standard です。
・SharePoint 2010
・Windows Server 2008 R2
・SQL Serer データベース、Reporting Services、SharePoint を全て同一マシン上にインストールする

■注意点
SharePoint 統合モードで SQL Server 2008 Reporting Services を動作させるためには、以下の注意が必要です。

・SQL Server 2008 Service Pack 1 + 累積的な更新プログラム 8 が適用されていること または ServicePack 2 が適用されていること。
・Reporting Services のサービスをドメインアカウントで起動していること。

■手順概要
大きく以下の手順で作業を進めましょう

1. SQL Server 2008 をインストールする
2. SQL Server 2008 ServicePack 2 以降の Service Pack、修正プログラムを適用する。
3. SharePoint 2010 必須コンポーネントをインストールする
4. SharePoint 2010 をインストールする
5. SharePoint の構成を設定する
6. SharePoint と Reporting Services を統合構成する

では早速順に実施して行きましょう。

 

1. SQL Server 2008 のインストール
インストーラーを起動します。

 

SQL Server の新規スタンドアロン インストールまたは既存のインストールへの機能の追加を選択します。

 

セットアップサポートルールを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

 

プロダクトキーを入力します。
注意点でも記述した通り、SharePoint 統合が可能な Reporting Services のエディションは Enterpriset と Standard です。

SQL Server 2008 の各エディションがサポートする機能
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993(v=sql.100).aspx

 

 

使用許諾契約書に同意し「次へ」ボタンをクリックします。
 

 

セットアップサポートファイルをインストールします。
 

 

状態を確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

 

機能の選択で必要な機能を選択します。ここではすべての機能を選択しています。

 

インストール対象のインスタンスを選択します。ここでは既定のインスタンスを指定します。
 

 

ディスク領域を確認し「次へ」ボタンをクリックします。

 

 各種サービスの起動アカウントを設定します。
注意点でも記載したとおり、SharePoint 統合する Reporting Services はドメインアカウントでサービスを起動する必要があります。

 

SQL Server 認証 と Windows 認証の混合モードを選択します。

 

Analysis Services の管理権限ユーザーを設定します(今回は Analysis Services は使用しませんのでインストールしてもしなくてもかまいません)

 

Reporting Services の構成にて「SharePoint 統合モードの既定の構成をインストールする」を選択します。
 

 

「次へ」ボタンをクリックします。

 

インストールルールの状態を確認し「次へ」ボタンをクリックします。

 

インストール内容を確認し「インストール」ボタンをクリックします。
 

 

インストールが開始されます。しばらくお待ちください。
 

 

セットアップ処理が完了したら「次へ」ボタンをクリックします。

 

インストールの正常終了を確認します。

 

SQL Server のインストールは完了です。続いて Services Pack を適用していきます。

2. SQL Server 2008 ServicePack 2 以降の Service Pack、修正プログラムを適用します

SQL Server 2008 Service Pack 2 以降の修正プログラムを適用します。

SQL Server 2008 Service Pack 2 は以下からダウンロード可能です。

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=12548

また、Service Pack 2 よりも新しい、Service Pack 3 は以下からダウンロード可能です。

SQL Server 2008 Service Pack 3
 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=27594

 

 

使用許諾契約書に同意し「次へ」ボタンをクリックします。

 

適用するインスタンスを選択し「次へ」ボタンをクリックします。

 

使用中のファイルを確認し「次へ」ボタンをクリックします。

 

更新の準備が完了したら「更新」ボタンをクリックします。

 

しばらくお待ちください

更新が完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

 

更新プログラムの適用の成功を確認し「閉じる」ボタンをクリックします。

 

これで SQL Server 側のセットアップは完了です。
続いて SharePoint のセットアップに進みましょう。

3. SharePoint 2010 必須コンポーネントをインストール
ここから SharePoint 2010 のインストール作業に入ります。
SharePoint のインストールの前に、まずはソフトウェア必須コンポーネントをインストールする必要があります。
ソフトウェア必須コンポーネントのインストールを実施します。

 

「次へ」ボタンをクリックします。

使用許諾契約書に同意し「次へ」ボタンをクリックします。

しばらくお待ちください。

 

インストール途中でシステム再起動を求められた場合、「完了」ボタンをクリックします。
※ OS が再起動されますが、再起動後インストーラーは再開されます。

 

OS 再起動後、再びインストーラーが自動で実行されます。

 

インストールの成功を確認します。

 

4. SharePoint 2010 をインストール

次に SharePoint Server 本体をインストールします。インストーラーから「SharePoint Server のインストール」を選択します。

 

プロダクトキーを入力します。

 

マイクロソフト ソフトウェアライセンス条項に同意し「続行」ボタンをクリックします。

 

「サーバーファーム」をクリックします。

 

「完全」を選びます。

 

しばらくお待ちください。

5. SharePoint の構成を設定する

インストールが完了したら、次は SherePoint ファームの構成を行います。「SharePoint 2010 製品構成ウィザード」を実行します。

 

構成ウィザードで「次へ」ボタンをクリックします。

 

構成ウィザードの警告が出た場合「OK」ボタンをクリックします。

 

新しいサーバーファームの作成を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

 

SharePoint サーバーが使用する構成データベースを指定します。
本手順では 先の手順で、SQL Server 2008 の既定のインスタンスをインストールしましたので、既定のインスタンスを指定し、そのインスタンスに接続するアカウントを指定して進めます。

 

ファーム構成を行うためのパスフレーズ(パスワード)を入力します。

 

SharePoint 全体管理のポート番号などを指定します。ここでは既定の設定のまま行います。

 

構成ウィザードの終了にて「次へ」ボタンをクリックします。

 

しばらくお待ちください。

 

構成の成功を確認したら「完了」ボタンをクリックします。

自動で以下の画面が起動するので構成を進めます。

 

「ウィザードの開始」ボタンでファームウィザードを開始します。

 

管理アカウントやサービスアプリケーションを選択し「次へ」ボタンをクリックします。ここでは既存のアカウントを使用し、既定のサービスアプリケーションを選択します。


 

しばらくお待ちください。

 

任意でサイトコレクションの設定を行います。

 

構成ウィザードの正常終了を確認します。

 

6. SharePoint と Reporting Services の統合構成
これまでで SQL Server と SharePoint とのセットアップ並びに構成が完了しました。
つぎはいよいよReporting Services と SharePioint の統合構成を行います。
Reporting Services サービスをアクティブ化し、Report Server を統合に追加するという流れになります。
まずは Reporting Services サービスをアクティブ化しましょう。

全体管理画面から「アプリケーションの全般設定」をクリックします。

 

Reporting Services カテゴリの「Reporting Sericves 統合」をクリックします。

レポートサーバー URL や資格情報を設定します。
レポートサーバー URL は http://<マシン名>/reportserver のように指定してください。http://localhost/reportserver の指定では設定することができません。

 

しばらく待ちます。

Reporting Services サービスをアクティブ化の成功を確認します。

Reporting Services サービスをアクティブ化が完了したため、次に Report Server を統合に追加します。
全体管理画面から「アプリケーションの全般設定」をクリックします。

 

Reporting Services カテゴリの レポート サーバー を統合に追加」をクリックします。

統合を行う対象となる、Reporting Serviees のホスト名とインスタンスを指定します。
ここでは、既定のインスタンスで Reporting Services をインストールしているので下記サーバー名と既定のインスタンスを指定します。

 

Reporting Servies サービスアカウントを取得するため、ユーザー情報を入力します。
しばらく待つと、統合が完了します。

 

 これで構築手順が完了です。ぜひ、ご利用ください。

 


Comments (0)

Skip to main content