SQL Server 2008 R2 Service Pack のクラスター環境への適用手順


皆さん、こんにちは。今回は、SQL Server 2008 R2 Service Pack の MSFC ( Microsoft Failover Cluster) 環境への適用手順についてご紹介します。

SQL Server のフェールオーバー クラスタ環境への Service Pack 適用手順は下記の文書にて公開していますが、 2008 R2  の Service Pack  2 適用手順について画面イメージを含めた具体的な手順をご紹介します。

 

       SQL Server 2008 フェールオーバー クラスタにローリング更新プログラムおよび Service Pack を適用する方法

       http://support.microsoft.com/kb/958734/

 

※本手順の適用対象は、SQL Server 2008 R2 の Service Pack 1 および Service Pack 2 です。

※SQL Server 2008 から、Service Pack  の適用方法が変更になりました。SQL Server 2005 以前は Service Pack  の適用方法が異なりますのでご注意ください。

 

この例では、SQL Server 2008 R2 SP2 適用作業の開始時、MSFC の SQL Server  リソースは下記の状態となっています。

===========================

Active ノード : MACHINE_0011

Passive ノード : MACHINE_0010

===========================

 

SP2 適用手順の概要は下記の通りです。

===================================================================

1. 現在の Passive ノード (MACHINE_0010) への SP2 の適用

2. SP2 の適用が完了した ノード (MACHINE_0010) への、SQL Server リソースの移動

3. 新しく Passive ノードになった ノード (MACHINE_0011) への SP2 の適用

4. SP2 の適用が完了した ノード (MACHINE_0011) への、SQL Server リソースの 再移動

===================================================================

詳細な手順を下記にご紹介します。

 

1. 現在の Passive ノード (MACHINE_0010) への SP2 の適用

         

(1) Passive ノード (MACHINE_0010) でフェールオーバー クラスター マネージャーを起動します。

capt_1

 

(2) [サービスとアプリケーション] – [SQL Server(MSSQLSERVER)] を選択します。現在の所有者がActive ノード (MACHINE_0011)  になっていることを確認します。

capt_2

 

(3) Passive ノード (MACHINE_0010) でコマンドプロンプトを開き、下記のコマンドを実行してSQL Server のリソースの所有者が Active ノード (MACHINE_0011)  になっていることを再確認します。

        =====================

           cluster.exe resource

       =====================

            

capt_3

 

(4) フェールオーバー クラスター マネージャー に戻り、IPアドレスを右クリックして [プロパティ] を選択します。

capt_4

 

(5) [詳細なポリシー] タブを選択し、実行可能な所有者から、Passive ノード (MACHINE_0010)  のチェックをはずし、「適用」をクリックします。

     ※この操作は、Service Pack 適用中のノードへフェールオーバーが行われ、セットアップが失敗する等の現象を避けるためにおこないます。

capt_5

 

(6) [OK] をクリックします。

capt_6

 

(7) Passive ノード (MACHINE_0010) で SQL Server 2008 R2 SP2 のファイルをダブルクリックして起動します。

capt_7

 

(8) [セキュリティの警告] ダイアログが表示される場合は、[実行] ボタンをクリックして実行します。

capt_8

 

(9) [ファイルの展開] ダイアログが表示されます。

capt_9

 

(10) [SQL Server 2008 R2 セットアップは現在の操作を処理しています。しばらくお待ちください。] ダイアログが表示されます。

capt_10

 

(11) [SQL Server 2008 R2 の更新プログラム] 画面が表示されます。ルールチェックが完了するまで、しばらく待ちます。

capt_11

 

(12) [操作が完了しました] というメッセージが表示されます。[詳細の表示] ボタンをクリックします。

capt_12

 

(13) 詳細画面が表示されます。エラーが表示されていないことを確認し、[次へ] をクリックします。

capt_13

 

(14)  [ライセンス条項] 画面が表示されます。内容を確認し、[ライセンス条項に同意する] にチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

capt_14

 

(15) [機能の選択] 画面が表示されます。[MSSQLSERVER] にチェックがついていることを確認し、[次へ] をクリックします。

capt_15

 

(16) [使用中のファイルの確認] 画面が表示されます。[次へ] をクリックします。

capt_16

 

(17) [更新準備完了] 画面が表示されます。[更新] をクリックします。

capt_17

 

(18) [更新の進行状況] 画面が表示されます。更新が完了するまでしばらく待ちます。

capt_18

 

(19) [完了] 画面が表示されます。エラーが表示されていないことを確認し、[閉じる] をクリックします。

capt_19

 

(20) SP2 の適用が完了したPassive ノード (MACHINE_0010) のサーバー再起動をおこないます。

    

2. SP2 の適用が完了した ノード (MACHINE_0010) への、SQL Server リソースの移動

 

(1) サーバーの再起動完了後、Passive Node (MACHINE_0010) でフェールオーバー クラスター マネージャーを起動します。

capt_22

 

(2) [サービスとアプリケーション] – [SQL Server(MSSQLSERVER)] を選択します。

capt_23

 

(3) IPアドレスを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

capt_24

 

(4) [詳細なポリシー] タブを選択し、[実行可能な所有者] のPassive Node (MACHINE_0010) にチェックをつけ、[適用] をクリックします。

capt_25

 

(5) [OK] をクリックします。

capt_26

 

(6) [サービスとアプリケーション] – [ SQL Server(MSSQLSERVER)] を右クリックし、[このサービスまたはアプリケーションを別のノードに移動] – [1-ノード MACHINE_0010 に移動] を選択します。

capt_27

 

(7) [動作の確認] 画面が表示されます。[SQL Server (MSSQLSERVER) を MACHINE_0010 に移動する] を選択します。

    ※MACHINE_0010 へのグループの移動が完了するまで、SQL Server が停止している状態になりますので、ご注意ください。

capt_28

 

(8) MACHINE_0010 へグループの移動がおこなわれます。グループの移動が完了するまで、しばらく待ちます。

capt_29

 

(9) [状態] がすべてオンラインになり、グループの移動が完了しました。

capt_30

 

(10) 新しく Active ノードになったMACHINE_0010 で、SQL Server Management Studio を起動します。

capt_1158

 

(11) データベースエンジンに接続します。

capt_1159

 

(12) 「新しいクエリ」を選択します。

capt_1160

 

(13) [クエリ] - [結果の出力] - [結果をテキストで表示] を選択します。

capt_1161

 

(14) 下記のコマンドを実行します。

       ===================

           select @@version

       ===================

capt_1162

 

(15) SP2 が表示されることを確認します。

capt_1163

 

(16) [接続] – [Analysis Services] を選択します。

A-1

 

(17) “Microsoft 分析サーバー” のバージョンが、”10.50.4000.0’” になっていることを確認します。

A-2

 

(18) フェールオーバー クラスター マネージャーを起動します。

capt_1

 

(19) IPアドレスを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

capt_31

 

(20) [詳細なポリシー] タブを選択し、実行可能な所有者から、新しく Passive ノードになった MACHINE_0011  のチェックをはずし、[適用] をクリックします。

       ※この操作は、Service Pack 適用中のノードへフェールオーバーが行われ、セットアップが失敗する等の現象を避けるためにおこないます。

capt_32

 

(21) [OK] をクリックします。

capt_33

 

(22) 新しく Passive ノードになった MACHINE_0011 でコマンドプロンプトを開き、下記のコマンドを実行してSQL Server のリソースの所有者が  MACHINE_0010  になっていることを再度確認します。

       ===================

           cluster.exe resource

       ===================

capt_34

 

 

3. 新しく Passive ノードになった ノード (MACHINE_0011) への SP2 の適用

 

(1) Passive ノード (MACHINE_0011) で SQL Server 2008 R2 SP2 のファイルをダブルクリックして起動します。

capt_35

 

(2) [セキュリティの警告] ダイアログが表示される場合は、[実行] ボタンをクリックして実行します。

capt_36

 

(3) [ファイルの展開] ダイアログが表示されます。

capt_37

 

(4) [SQL Server 2008 R2 セットアップは現在の操作を処理しています。しばらくお待ちください。] ダイアログが表示されます。

capt_38

 

(5) [SQL Server 2008 R2 の更新プログラム] 画面が表示されます。ルールチェックが完了するまで、しばらく待ちます。

capt_39

 

(6) [操作が完了しました] というメッセージが表示されます。[詳細の表示] ボタンをクリックします。

capt_40

 

(7) 詳細画面が表示されます。エラーが表示されていないことを確認し、[次へ] をクリックします。

capt_41

 

(8) [ライセンス条項] 画面が表示されます。内容を確認し、[ライセンス条項に同意する] にチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

capt_42

 

(9) [機能の選択] 画面が表示されます。[MSSQLSERVER] にチェックがついていることを確認し、[次へ] をクリックします。

capt_43

 

(10) [使用中のファイルの確認] 画面が表示されます。[次へ] をクリックします。

capt_44

 

(11) [更新準備完了] 画面が表示されます。[更新] をクリックします。

capt_45

 

(12) [更新の進行状況] 画面が表示されます。更新が完了するまでしばらく待ちます。

capt_45-2

 

(13) [完了] 画面が表示されます。エラーが表示されていないことを確認し、[閉じる] をクリックします。

capt_46

 

(14) SP2の適用が完了したPassive ノード (MACHINE_0011) のサーバー再起動をおこないます。

 

4. SP2 の適用が完了した ノード (MACHINE_0011) への、SQL Server リソースの 再移動

 

(1) サーバーの再起動完了後、Passive ノード (MACHINE_0011) でフェールオーバー クラスター マネージャーを起動します。

capt_49

 

(2) [サービスとアプリケーション] – [SQL Server(MSSQLSERVER)] を選択します。

capt_49-2

 

(3) IPアドレスを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

capt_50

 

(4) [詳細なポリシー] タブを選択し、[実行可能な所有者] のPassive Node (MACHINE_0011) にチェックをつけ、[適用] をクリックします。

capt_51

 

(5) [OK] をクリックします。

capt_52

 

(6) [サービスとアプリケーション] – [ SQL Server(MSSQLSERVER)] を右クリックし、[このサービスまたはアプリケーションを別のノードに移動] – [1-ノード MACHINE_0011 に移動] を選択します。

capt_53

 

(7) [動作の確認] 画面が表示されます。[SQL Server (MSSQLSERVER) を MACHINE_0011 に移動する] を選択します。

   ※MACHINE_0011 へのグループの移動が完了するまで、SQL Server が停止している状態になりますので、ご注意ください。

capt_54

 

(8) MACHINE_0011 へグループの移動がおこなわれます。グループの移動が完了するまで、しばらく待ちます。

capt_56

 

(9) [状態] がすべてオンラインになり、グループの移動が完了しました。

capt_56

 

(10) 新しくActive ノードになった MACHINE_0011 でコマンドプロンプトを開き、下記のコマンドを実行してSQL Server のリソースの所有者が MACHINE_0011  になっていることを再度確認します。

       ===================

           cluster.exe resource

       ===================

capt_57

 

(11) Active ノード (MACHINE_0011) で、SQL Server Management Studio を起動します。

capt_58

 

(12) データベースエンジンに接続します。

capt_59

 

(13) [新しいクエリ]を選択します。

capt_60

 

(14) [クエリ] - [結果の出力] - [結果をテキストで表示] を選択します。

capt_61

 

(15) 下記のコマンドを実行します。

       ==================

           select @@version

       ==================

 

capt_62

 

(16) SP2 が表示されることを確認します。

capt_63

 

(17) [接続] – [Analysis Services] を選択します。

A-1

 

 

(18) “Microsoft 分析サーバー” のバージョンが、”10.50.4000.0’” になっていることを確認します。

A-2

 

以上で、SQL Server 2008 R2 の MSFC ( Microsoft Failover Cluster) 環境への SP2 適用は完了です。

 

 

 

 


Comments (0)

Skip to main content