[SQL Database] 照合順序を指定したデータベース作成方法について


高原 伸城
SQL Engine Support Engineer

 

皆さんこんにちは。 SQL Server/SQL Database サポートを担当しております 高原 です。

今回は、SQL Database (旧 SQL Azure) に関するお問い合わせの中で、よくあるお問い合わせの一つを紹介したいと思います。

昨年末より、SQL Database 上でも、照合順序を指定したユーザーデータベースを作成することが出来るようになりました。本 Blogでは、SQL Database 管理ポータル、Windows Azure 管理ポータル、コマンド の各々から照合順序を指定したユーザーデータベースを作成する手順を紹介します。

 

[SQL Database 管理ポータル の場合].

1. 以下の URL より、SQL Database ポータルのログイン画面へアクセスします。

https://<SQL Database サーバー名>.database.windows.net/

※ <SQL Database サーバー名> には、現在 使用されている SQL Database サーバー名を指定下さい。

 

2. “DATABASE” 欄を空白のまま、”USERNAME” 欄、”PASSWORD” 欄を入力後、”Log on” を選択します。

clip_image001

 

 

3. “Administration” を選択します。

clip_image002

 

4. “Create” を選択します。

clip_image003

 

5. 必要項目を入力、選択後、”Submit” を選択します。

clip_image004

Name: データベース名を指定します。

Edition: データベースサイズを指定します。

Collation: 照合順序を指定します。

 

[Windows Azure管理ポータルの場合]

1. 以下の URL より Windows Azure 管理ポータルにアクセスし、ログインします。

https://manage.windowsazure.com/

 

2. “SQL DATABASES” を選択します。

clip_image005

 

3. “SERVERS” を選択後、データベースを追加したい SQL Database サーバー名を選択します。clip_image006

 

4. “DATABASES” を選択後、”ADD” を選択します。

clip_image007

 

5. 必要項目を入力、選択後、”チェック マーク” を選択します。

clip_image008

NAME: データベース名を指定します。

EDITION: エディションを指定します。

MAXIMUM SIZE: データベースサイズを指定します。

COLLATION: 照合順序を指定します。

 

[SQL Server Management Studio からコマンドで作成する場合]

以下の Blog に、SQL Server Management Studio から コマンドで、照合順序を指定したユーザーデータベースを作成する手順を紹介しているので、ご参照下さい。

SQL Azure] データベース照合順序の指定について (新機能)

 

※ 本Blogの内容は、20128月 現在の内容となっております。

 

Comments (0)

Skip to main content