SQL Server 2005,2008,2008 R2 Analysis Services Standard エディションにおける使用可能な関数について


藤丸 陽子
SQL Developer Support  Engineer

Analysis Services ではエディションにより使用可能な集計関数が異なります。
Enterprise エディションではすべての集計関数が使用可能ですが、Standard エディションでの対応は以下の通りです。

エディションを選定頂くにあたりご参考下さい。

集計関数 種類 加法性
SUM           加法  
COUNT         加法  
MIN           準加法
MAX           準加法
DISTINCTCOUNT    非加法
NONE             非加法 ×
ByAccount        準加法 ×
AverageofChildren 準加法 ×
FirstChild       準加法 ×
LastChild        準加法
FirstNonEmpty       準加法 ×
LastNonEmpty       準加法 ×

SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 Standard エディションいずれも同様の集計関数対応状況ですが、SQL Server 2008 R2 からは Standard エディションにてサポートしていない関数を指定し、保存したタイミングで下記のようにエラー出力するように改善しております。

エラー出力例)
==============

タイトル: Microsoft Visual Studio
------------------------------
次のエラーにより、Cube [Test] を保存できません:
Measure [Test].[Fct Inventory].[Inventory] : Standard Edition では、集計関数 '<Standard エディションでサポートしていない関数>' は許可されません。
------------------------------

例) NONE 非加法の場合 
 
タイトル: Microsoft Visual Studio
------------------------------
次のエラーにより、Cube [Test] を保存できません:
  Measure [Test].[Fct Inventory].[Inventory] : Standard Edition では、集計関数 'None' は許可されません。
------------------------------

参考情報
=====
集計関数についての詳細は以下をご参照ください。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms175623.aspx
 集計関数

Comments (0)

Skip to main content