SQL PASS Summit 2011 at Seattle


今年もシアトルでSQL PASS Summit 2011が開催され、世界52カ国から5,108人のSQLに携わる人が集まりました。セッションは170以上設けられ、Denaliの新機能やSQL AzureのDBサイズ制限が現在の50GBから3倍の150GBまで増加される予定も発表されました。Bob Ward の Inside TempDB は3時間のコースで目玉でした。Tempdbのファイル数が物理CPUの数と一致した場合に劇的なTempDBのパフォーマンスの向上が見られることは以前から知られていましたが、具体的に個数を変化させてパフォーマンス計測を行った結果と、トレースフラグ-T1118を組み合わせた場合ついての考察が紹介されました。(トレース フラグ –T1118 を使うことでExtentの割り当て方法を変更させることができます。詳細はここをご覧ください。)

また、Microsoftカスタマー・サービスでは毎年開催しているSQL関連何でも質問コーナー:SQL Clinicを今年も設けました。参加者なら無料で何回でも質問できるので、今年もたくさんの人がERRORLOGやダンプファイル持参で訪れました。SQL Clinicについては、Bob Wardの下記の記事もご覧ください。

Inside SQL Clinic

さらにSQL Server MVPによるノウハウが満載な本も紹介されました。
SQL Server MVP Deep Dives
SQL Server MVP Deep Dives, Volume 2

 
PASSについての詳細はhttp://www.sqlpass.org/ をご覧ください。
なお、来年のPASS Summit 2012 はNov 6-9, 2012 にシアトルで開催される予定です。


------
Kayoko Gray
Senior Support Escalation Engineer

Comments (0)

Skip to main content