未来の政策や規制で AI の課題にどのように対処するか

2017 年 4 月 25 日 – Paul Nicholas – Trustworthy Computing、シニア ディレクター このポストは「 How future policy and regulations will challenge AI 」の翻訳です。 先日、サイバーセキュリティへの人工知能 (AI) の組み込みがどのくらい急速に進められるかについてお伝えしました。しかしながら、テクノロジ革命の速度はたいてい、我々が考える程速くありません。我々は、スプートニクが打ち上げられた 1957 年から iPhone が発表された 2007 年まで、特定の瞬間だけに注目し、それらを「革新的変化」と呼んでしまう傾向があります。それまでに、イノベーション、実装、規制など、さまざまな地道な段階を通過して初めて「革新的変化」の瞬間を迎えるという事実を正しく理解しようとしないのです。それでは、AI 開発のこの反復的かつ、どちらかというと地味なプロセスから我々は何を期待することができるでしょうか。テクノロジの進歩だけでなく、テクノロジと国の政策決定プロセスの相互作用の観点からも考えてみましょう。 2 つの観点があります。重なる部分もあるものの、明確に異なっています。1 つ目の観点は、情報通信テクノロジ (ICT) やその応用が法律よりも速く進化するという事実に関するものです。ここ数年、ソーシャル メディア アプリや配車アプリなどの例において、進化の速さにより以下のような規制に関する経験が確認されています。

0