グローバルなオンライン経済に大きな役割をもたらす「信頼醸成措置」

2017 年 1 月 18 日 – Paul Nicholas – Trustworthy Computing、シニア ディレクター このポストは「Confidence building measures can make a huge difference to the global online economy 」の翻訳です。 インターネットと関連技術の継続的な進化は、政府、企業、および一般市民に新たな機会をもたらしましたが、同時にそれらを新しいリスクにさらすことにもなりました。しかし、インターネットはどこでも同じように採用されているのではなく、各国や経済はそれぞれ異なる方法、異なるペースでオンライン化されています。このため、サイバー リスクの認識とその管理アプローチは、管轄区域によって大きく異なる可能性があります。これは特に新興経済国の場合に顕著で、一般的にそうした国々は、ヨーロッパや米国の先進国市場とは大きく異なるオンライン化の過程をたどっています。このギャップを確実に解決できる方法の 1 つが、信頼醸成措置 (CBM) を使用することです。

0