ガートナーの 2017 年マジック クアドラントで Azure AD がアクセス管理分野の「リーダー」として評価されました!


このポストは「Azure AD makes the "leader" quadrant in Gartner’s 2017 Magic Quadrant for Access Management!」の翻訳です。

 

皆さん、こんにちは。

今日は、皆さんにお知らせしたいニュースがあります。先日、ガートナーは、2017 年版アクセス管理分野のマジック クアドラント (AM MQ) を発表しました。この中で、Azure Active Directory は「リーダー」クアドラントとして選出され、ビジョンの完全性、つまりその完成度が高く評価されています。

この AM MQ は、昨年まで公開されていた Identity and Access Management as a Service (IDaaS) MQ の後継版です。Azure AD は、サービスの一般提供開始から 3 年のうち、リーダー クアドラントに 2 度選出されています。

 

ガートナー 2017 年版 Magic Quadrant for Access Management

ガートナーの協力により、このレポートは、こちらから無料で入手していただけます。

今回の評価は、従業員、パートナー、お客様を、マイクロソフトのインテリジェント セキュリティ グラフをベースとした世界水準の ID 保護により一括してサポートし、完全な ID/アクセス管理ソリューションを提供するというマイクロソフトのビジョンが評価されたものと認識しています。

ガートナーの分析では、マイクロソフトの ID/アクセス管理領域に対するコミットメントについて多くふれられています。しかし、より重要なのは、マイクロソフトのお客様、マイクロソフトと協力関係にある導入パートナー様、ISV パートナー様との協力体制についても多くのことが述べられている点です。こうした関係各社と時間と熱意を日々共有することで、マイクロソフトの製品とサービスは、各社のニーズを満たし、クラウド テクノロジーによってますます推進されるようになってきている世界での成長を支援しています。

マイクロソフトでは、今後も革新的な機能を提供することで、ID/アクセス管理分野のニーズを満たし、ガートナーの AM MQ における「リーダー」クアドラントとしてその地位をさらに強固にしていく所存です。

 

これからもよろしくお願いいたします。

Alex Simons (Twitter: @Alex_A_Simons)

Microsoft Identity Division

Director of Program Management

Comments (0)

Skip to main content