HTTP 401 Access Denied (invalid subscription key) のエラーが発生した場合の切り分け方法

(※ 2018年2月1日公開時点の情報となります。) こんにちは。Cognitive Services 開発サポートチーム の中神です。 今回は Cognitive Services をご利用いただくお客様からお問い合わせいただくことの多い内容についてご紹介します。 Cognitive Services には様々なサービスがありますが、基本的にはいずれも HTTP のリクエストを送信することで、結果がレスポンスとして得られる HTTP REST API となります。この時 HTTP リクエストを呼び出した際のエラーコードとして HTTP 401 Access Denied, message: “Access denied due to invalid subscription key. Make sure to provide a valid key for an active subscription.” が返る場合があります。 このエラーが発生した場合の一般的な切り分けの観点をご案内します。お問い合わせ前に一度ご確認いただければ幸いです。 (1) 間違った API キーを指定して API を呼び出している ほとんどの Cognitive Services…