Microsoft Translator Text API の No-Trace について

Microsoft Translator Text API の No-Trace が、2018 年1 月18 日より、既定で有効になりましたので、お知らせいたします。   No-Trace (英語サイト) の抄訳   Microsoft Translator Text API と Microsoft Office products のテキスト翻訳機能による翻訳のために提供された顧客データは、恒久的なストレージには書き込まれません。いかなるマイクロソフトのデータセンターにも、提供されたテキストの記録やその一部は存在しません。テキストは、トレーニング目的のためにも使用されません。   ご注意: 以前の “no trace option” は、現在、任意のAzure サブスクリプションで、Microsoft Translator Text API (Freeまたは課金tier) を使うすべてのトラフィックは “no trace” となっています。No-Trace を有効にするために、最小、毎月2 億 5000 万文字という以前の要件は、今後適用されません。加えて、マイクロソフト技術サポートが、ご利用者のサブスクリプションで発生した、いかなるTranslator Text API の問題も、調査することはできなくなります。   以下の無償のMicrosoft Translator のエンドユーザー様向け製品では、サービス改善のためにテキスト翻訳が記録されます。No-Trace オプションがない場所での、ご利用者のデータの保護については、 Microsoft Translator Privacy…