Open API Testing Console

(※ 2017年12月14日公開時点の情報となります。) Cognitive Services 開発サポートチーム いわいだです。 2017年 12月14日現在、Cognitive Services として提供している製品には、以下のように多数ものがあります。まだ、プレビュー段階の製品が半数近くありますが、早い段階で実際に触ってみて、どんなことができるのかを体験し、ぜひアイデアを膨らませてわくわくするようなモノを作っていただきたいです。 (下図は https://docs.microsoft.com/en-us/azure/#pivot=products&panel=cognitive より抜粋)   今回は、前述の 「実際に触ってみて」 の機能についてご紹介します。Cognitive Services では、実際に細かなコーディングを行わなくとも、API をテストをできるインターフェース (Open API Testing Console) を提供しています。以下に Computer Vision サービスの場合での利用方法をご紹介します。 Computer Vision サービスの場合は https://azure.microsoft.com/ja-jp/try/cognitive-services/ から、まず無料の API キーの取得を行います。 API キーの取得までの画面操作は以下のような感じです。 1.API キーの取得をクリック 2.内容を読みチェックボックスを ON にして次へ 3.ご利用のアカウントを使ってログイン 4.以下の画面が出れば API キーの取得は完了! [キー1]、[キー2] の横にある16進数の文字列が取得したキーとなります。 続いて、実際に API のテストを行ってみましょう。 上の画像にある Computer Vision API…