Azure ポータルの LUIS リソースと LUIS ポータルのアプリケーションの紐付けについて

今回は、Azure ポータルから発行した LUIS の API キーを LUIS ポータル (https://www.luis.ai/) からアプリケーションに紐付ける方法についてご案内します。   まず、Azure ポータル上で以下の図のように、LUIS のリソースを作成します。ここでは例として [東アジア] のリージョンを選択しています。   次に、LUIS ポータルから、新しいアプリケーションを作成し、「publish」画面で確認すると、[North America Regions] に [Starter_Key] が既定で割り当てられています。   LUIS では、前述の “Starter_Key” (これはオーサリング キーとも呼ばれます) とエンドポイント キーの2つのキーを使用します。 オーサリングキーは、LUIS ポータルに初回サインインをして LUIS のアカウントが発行された際に自動的に作成され、LUIS アプリを作成・編集したり、エンドポイント クエリ (機械学習した結果として文章からインテントやエンティティを得るための API 呼び出し) をテストしたりするために提供されます。 一方、Azure ポータルで作成されたエンドポイント キーは運用環境においてエンドポイント クエリを実行するために使用します。   LUIS アプリの公開までは、オーサリング キーが利用されます。公開する準備ができたら、以下の図のように LUIS ポータルで作成したアプリケーションの “PUBLISH”の画面で、Azure ポータルで API…


非管理テナントのアカウントで Custom Vision Service のポータルにサインインできない場合の対処方法

(※ 2018年7月23日公開時点の情報となります。) こんにちは、Cognitive Services サポート チームの江連です。 今回は、Cognitive Services の Custom Vision を利用するために https://customvision.ai/ にサインインしようとすると、アカウントの種類によってはサインインできない現象についてご案内します。   現象 以下の手順でサインインできない現象が発生します。 https://customvision.ai/ にアクセスして [Sign in] を選択する。 アカウントのメールアドレス、およびパスワードを入力する。 サインインの画面遷移が行われるが、以下の画面が表示される。       原因 弊社ブログ (https://blogs.msdn.microsoft.com/jpcognitiveblog/2018/03/14/cannot-sign-in-luis-portal/) でも紹介しているとおり、Cognitive Services のポータル サイトでは、認証のため、Azure AD の v2.0 エンドポイントを利用しており、下記 3 種類のアカウントのサインインをサポートしています。   AAD テナントに登録されているメールアドレス @[AAD テナント名].onmicrosoft.com やカスタムドメイン名 (例. consoto.com) を追加した場合の …@consoto.com など Windows Live のメールアドレス @outlook.com,…