Computer Vision API の OCR 関数で日本語 「Ja」を指定した場合の現象と対策


こんにちは。Cognitive Services サポートチームの中山です。

Computer Vision API OCR関数で日本語 「Ja」を指定した場合の現象と対策をご紹介いたします。

 

現象:

Computer Vision API OCR関数を呼び出し時に、日本語ドキュメントを読み込むためlanguageのパラメータに「Ja」を指定した場合は、Response 400 のエラーがリターンさます。

 

Curlでの呼び出し例:

@ECHO OFF curl -v -X POST "https://westus.api.cognitive.microsoft.com/vision/v1.0/ocr?language=Ja&detectOrientation =true" -H "Content-Type: application/json" -H "Ocp-Apim-Subscription-Key: {subscription key}" --data-ascii "{body}"

 

Response 400 エラー:

{

"code": "NotSupportedLanguage",

"requestId": "B8D802CF-DD8F-4E61-B15C-9E6C5844CCBC",

"message": "Specified language is not supported."

}

 

対策方法:

languageのパラメータに日本語を指定したい場合は、「Ja」ではなく「ja」に変更してください。

 

なお、Computer Vision API OCR のドキュメントには、サポートされている言語一覧に「Ja (Japanese)」の記載がございましたが、これは「ja (Japanese)」の誤りでした。

現在、下記ドキュメントはすでに修正しておりますので、ご安心いただければ幸いです。

 

Computer Vision API - v1.0

https://westus.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/56f91f2d778daf23d8ec6739/operations/56f91f2e778daf14a499e1fc

 

上記がお役に立てば幸いです。

 

Cognitive Services 開発サポートチーム 中山

Skip to main content