LUIS App を作成する


 

今回は、LUIS App を作成する例を、以下の公開ドキュメントに沿って 2 つご案内いたします。

 

    1. Create your first LUIS app の手順に沿って、「Home Automation」のLUIS App を作ります。(手順 7 15)

    1. Create an app 以降の手順に沿って、「TravelAgent」のLUIS App を作ります。(手順16 23)

 

手順1 ~ 6は共通です。

 

手順

=====

    1. Azure ポータルで LUIS のリソースを作成します。

1-1.      Azure ポータル(https://portal.azure.com/) にログインします。

1-2.      左側のペインより[リソースの作成] - [AI + Cognitive Services] - [Language Understanding] をクリックします。

1-3.      Name、サブスクリプション、場所、価格レベル(今回は例としてF0)Resource group を適宜入力し、[作成] をクリックします。

 

clip_image001

 

 

    1. Azure ポータルで1-3 で作成した Name のリソースをクリックします。

    1. 以下の画面で、[Language Understanding Portal] をクリックします。

 

clip_image002

 

    1. https://www.luis.ai/home が表示されるので、[Login/Sign up] をクリックします。

 

clip_image003

 

    1. Azure ポータルの時と同じアカウントを選択します。

clip_image004

 

※ログインできない場合は以下のブログ記事をご参照ください。

- LUIS ポータル (www.luis.ai) にサインインできない場合の対処方法

< https://blogs.msdn.microsoft.com/jpcognitiveblog/2018/03/14/cannot-sign-in-luis-portal/ >

 

    1. https://www.luis.ai/applications が表示されますので、[Create new app] をクリックします。

 

clip_image005

 

以降の手順では、例として、以下の2 つの LUIS App を作ります。ご都合の良い方をご利用ください。

    1. Create your first LUIS app の手順に沿って、「Home Automation」のLUIS App を作ります。(手順 7 15)

    1. Create an app 以降の手順に沿って、「TravelAgent」のLUIS App を作ります。(手順16 23)

 

    1. Name Home Automation と入力し、[Done] をクリックします。

 

clip_image006

 

    1. 左側のペインの一番下の [Prebuilt Domains] をクリックし、右側の検索ボックスでHome を入力し、表示された [HomeAutomation] [Add domain] をクリックします。

 

clip_image007

 

[Remove domain] と表示されたら完了です。

 

clip_image008

 

    1. 左側のペインの [Intents] をクリックすると、HomeAutomation domain intents が以下のように登録されていることを確認できます。

 

clip_image009

 

    1. HomeAutomation.TurnOff intent をクリックすると、以下のように登録済みの utterance の一覧が確認できます。

 

clip_image010

 

    1. 右上の[Train] をクリックして、学習させます。学習が完了すると、赤色から緑色に変わります。

 

    1. [Train] の右側の [Test] をクリックします。

 

    1. Type a test utterance” と書かれたテキストボックスに、例として turn off the lights と入力します。HomeAutomation.TurnOff 0.99 というスコアで選ばれたことがわかります。

 

clip_image011

 

    1. 画面上部の [PUBLISH] タブをクリックし、[Publish to production slot] をクリックして、このHome Automation アプリを Publish します。

 

clip_image012

 

    1. Publish に成功したら、同ページの下部に、エンドポイント URL が表示されます。

 

clip_image013

 

 

    1. 次の TravelAgent アプリを作るために、画面上部の [My apps] をクリックし、[Import new app] をクリックします。

 

clip_image014

 

    1. LUIS のサンプル App travel-agent-sample-01.json JSON < https://github.com/Microsoft/LUIS-Samples/tree/master/documentation-samples/Examples-BookFlight > からローカルに.json
      ファイルとして保存します。

    1. 以下の画面で、17. .json ファイルを選択し、[Done] をクリックします。

 

clip_image015

 

    1. 左側のペインの[Intents] [Entities] をクリックし、サンプルの内容が登録されていることを確認します。

 

clip_image016

 

clip_image017

 

    1. 右上の[Train] をクリックし、学習させます。

    1. 右側の[Test] をクリックし、”Type a test utterance” と書かれたテキストボックスに、book a flight to seattle と入力すると、BookFlight intent 0.79 のスコアで選ばれたことが確認できます。

 

clip_image018

 

    1. 画面上部の[PUBLISH] タブをクリックし、[Publish to production slot] をクリックします。

 

clip_image019

 

 

    1. Publish に成功したら、同ページの下部に、エンドポイント URL が表示されます。

 

 

以上で2 つのLUIS App が作成できました。

 

上記に関連するご質問と回答です。

 

Q1. 日本語のサンプルはありませんか?

 

A1. 現時点で弊社よりご紹介しているサンプルはございません。

 

Q2. (1) の例で使用している Prebuilt Domain は、日本語のLUIS App を作成すると出てきません。英語でも Preview なので、日本語では未実装ですか?

 

A2. はい、現時点では、日本語では未実装です。

 

Culture-specific understanding in LUIS apps

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/luis/luis-supported-languages

 

clip_image020

 

 

Prebuilt entities であれば、利用可能なものの一覧が、以下のドキュメントの表に記載されています。

 

Prebuilt entities reference

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/luis/luis-reference-prebuilt-entities

 

clip_image021

 

 

 

上記がお役に立てば幸いです。

 

Cognitive Services 開発サポートチーム 津田

 

Skip to main content