Microsoft Translator Text API の No-Trace について

Microsoft Translator Text API の No-Trace が、2018 年1 月18 日より、既定で有効になりましたので、お知らせいたします。   No-Trace (英語サイト) の抄訳   Microsoft Translator Text API と Microsoft Office products のテキスト翻訳機能による翻訳のために提供された顧客データは、恒久的なストレージには書き込まれません。いかなるマイクロソフトのデータセンターにも、提供されたテキストの記録やその一部は存在しません。テキストは、トレーニング目的のためにも使用されません。   ご注意: 以前の “no trace option” は、現在、任意のAzure サブスクリプションで、Microsoft Translator Text API (Freeまたは課金tier) を使うすべてのトラフィックは “no trace” となっています。No-Trace を有効にするために、最小、毎月2 億 5000 万文字という以前の要件は、今後適用されません。加えて、マイクロソフト技術サポートが、ご利用者のサブスクリプションで発生した、いかなるTranslator Text API の問題も、調査することはできなくなります。   以下の無償のMicrosoft Translator のエンドユーザー様向け製品では、サービス改善のためにテキスト翻訳が記録されます。No-Trace オプションがない場所での、ご利用者のデータの保護については、 Microsoft Translator Privacy…


Custom Vision Service よくあるご質問

(※Custom Vision Service は 2018 年 3 月に有償プレビューが追加されました。以下の内容はそれ以前のバージョンの内容となります。)   Custom Vision Service は、プレビュー版ですが、現在までいくつかお問い合わせをいただいています。その中から、今月時点でご案内可能な内容をご紹介します。同様の疑問をお持ちの方に、お役に立てば幸いです。   Q1. Azure Portal の「リソースの作成」で、Cognitive Service の一覧にCustom Vision Service が表示されません。どのように作成すればいいですか?     A1. Custom Vision Service は、プレビュー版のため、Azure Portal から作成することができません。   まず、Custom Vision Service のページ 内の [はじめる>] または [Custom Vison Service を試す] をクリックし、https://www.customvision.ai/ にアクセスします。 そして、次の画像にあるような [SIGN IN] からCustom Vison Service のアカウントを作成します。   [SIGN…


HTTP 401 Access Denied (invalid subscription key) のエラーが発生した場合の切り分け方法

(※ 2018年2月1日公開時点の情報となります。) こんにちは。Cognitive Services 開発サポートチーム の中神です。 今回は Cognitive Services をご利用いただくお客様からお問い合わせいただくことの多い内容についてご紹介します。 Cognitive Services には様々なサービスがありますが、基本的にはいずれも HTTP のリクエストを送信することで、結果がレスポンスとして得られる HTTP REST API となります。この時 HTTP リクエストを呼び出した際のエラーコードとして HTTP 401 Access Denied, message: “Access denied due to invalid subscription key. Make sure to provide a valid key for an active subscription.” が返る場合があります。 このエラーが発生した場合の一般的な切り分けの観点をご案内します。お問い合わせ前に一度ご確認いただければ幸いです。 (1) 間違った API キーを指定して API を呼び出している ほとんどの Cognitive Services…