Translator Text API の翻訳文字数の確認方法

(※ 2018年8月28日公開時点の情報となります。) Translator Text API の翻訳文字数の確認方法をご紹介します。   方法には、以下の2 種類があります。 直近 30 日以内の翻訳文字数を確認(ストレージ アカウントは不要) 直近 365 日以内の翻訳文字数を確認(別途ストレージ アカウントが必要)   以下、それぞれの手順をご案内します。   直近 30 日以内の翻訳文字数を確認(ストレージ アカウントは不要)   (1)         Azure Portal 上で、対象のTranslator Text API のリソースを選択します。 (2)         [監視中] ブレードの[メトリック] をクリックします。 (3)         表示された[利用可能なメトリック] から、[Characters Translated] を選択します。 (4)         表示された翻訳文字数のグラフ上部の、[時間の範囲] のコンボ ボックスにて期間を設定します。 (5)         グラフ上に指定した期間の翻訳文字数が表示されます。       直近 365 日以内の翻訳文字数を確認(別途ストレージ アカウントが必要)  …


Azure ポータルの LUIS リソースと LUIS ポータルのアプリケーションの紐付けについて

今回は、Azure ポータルから発行した LUIS の API キーを LUIS ポータル (https://www.luis.ai/) からアプリケーションに紐付ける方法についてご案内します。   まず、Azure ポータル上で以下の図のように、LUIS のリソースを作成します。ここでは例として [東アジア] のリージョンを選択しています。   次に、LUIS ポータルから、新しいアプリケーションを作成し、「publish」画面で確認すると、[North America Regions] に [Starter_Key] が既定で割り当てられています。   LUIS では、前述の “Starter_Key” (これはオーサリング キーとも呼ばれます) とエンドポイント キーの2つのキーを使用します。 オーサリングキーは、LUIS ポータルに初回サインインをして LUIS のアカウントが発行された際に自動的に作成され、LUIS アプリを作成・編集したり、エンドポイント クエリ (機械学習した結果として文章からインテントやエンティティを得るための API 呼び出し) をテストしたりするために提供されます。 一方、Azure ポータルで作成されたエンドポイント キーは運用環境においてエンドポイント クエリを実行するために使用します。   LUIS アプリの公開までは、オーサリング キーが利用されます。公開する準備ができたら、以下の図のように LUIS ポータルで作成したアプリケーションの “PUBLISH”の画面で、Azure ポータルで API…


非管理テナントのアカウントで Custom Vision Service のポータルにサインインできない場合の対処方法

(※ 2018年7月23日公開時点の情報となります。) こんにちは、Cognitive Services サポート チームの江連です。 今回は、Cognitive Services の Custom Vision を利用するために https://customvision.ai/ にサインインしようとすると、アカウントの種類によってはサインインできない現象についてご案内します。   現象 以下の手順でサインインできない現象が発生します。 https://customvision.ai/ にアクセスして [Sign in] を選択する。 アカウントのメールアドレス、およびパスワードを入力する。 サインインの画面遷移が行われるが、以下の画面が表示される。       原因 弊社ブログ (https://blogs.msdn.microsoft.com/jpcognitiveblog/2018/03/14/cannot-sign-in-luis-portal/) でも紹介しているとおり、Cognitive Services のポータル サイトでは、認証のため、Azure AD の v2.0 エンドポイントを利用しており、下記 3 種類のアカウントのサインインをサポートしています。   AAD テナントに登録されているメールアドレス @[AAD テナント名].onmicrosoft.com やカスタムドメイン名 (例. consoto.com) を追加した場合の …@consoto.com など Windows Live のメールアドレス @outlook.com,…


Custom Vision Service (有償プレビュー版) のよくあるご質問

Custom Vision Service (有償プレビュー版) に関するよくあるご質問を以下にまとめました。同様のご質問をお持ちの方のお役に立てば幸いです。   Q1. Limited Trial で作成した Custom Vision Service のプロジェクトを、別アカウントの Azure リソースグループに移行する方法はありますか?   A1. いいえ、ありません。   Limited Trial   はAzure のリソースとして存在しているのではなく、個々の Azure Active Directory (AAD) もしくは Microsoft Account (MSA)  のアカウントに紐づいています。   Limited Trial は Azure と連携する前から用意されているものであるため、 Azure のサブスクリプションがなくてもご利用可能ですが、一方で提供方法が異なっている (Azure のリソースを前提としていない) こともあり、Azure のリソースとして移行するといった操作を行うことはできません。   また他のアカウントへの移譲も行うことはできません。     Q2. Azure のリソースに紐づいたプロジェクトは、他のユーザーと共有可能ですか?Azure ポータルで、アクセス制御 (IAM) から共同作成者として別ユーザーを追加しましたが、Custom…


QnA Maker API V4 (一般公開版) のよくあるご質問

(※ 2018年6月5日公開時点の情報となります。その他の FAQ はこちらよりご確認ください。) QnA Maker V4 (一般公開版, GA 版) に関するよくあるご質問を以下にまとめました。同様のご質問をお持ちの方のお役に立てば幸いです。   Q1. 一般公開版は、Test 画面に Question と完全一致する質問を入力しないと、Answer が表示されないように見えます。「~は~ですか?」と KB のQuestion に登録しましたが、Test 画面で「~が~ですか?」と入力するだけで「No good match found in KB.」と表示され、登録した Answer が表示されません。   A1. 可能性としては、以下の2 つがあります。   (1)         Q&A が日本語で登録されているにもかかわらず、Azure Search で設定されている言語が日本語になっていない場合です。   言語については、以下のドキュメントの通り、Azure ポータルの Azure Search のリソースから確認できます。   Language support of knowledge base content for QnA Maker…


QnA Maker API V4 (一般公開版) の Azure Search に関するよくあるご質問

(※ 2018年5月27日公開時点の情報となります。その他の FAQ はこちらよりご確認ください。) QnA Maker V4 (一般公開版, GA 版) の Azure Search に関するよくあるご質問を以下にまとめました。同様のご質問をお持ちの方のお役に立てば幸いです。   Q1. Azure Search の「インデックス」は、QnA Maker の何に該当しますか?   A1. Publish された Knowledge Base (KB) の数です。   Azure Search のインデックス数が N の場合、そのAzure Search 上で扱える KB の数は N – 1 となります。 詳細は下記のドキュメントもご参照ください。   – Choosing capacity for your QnA Maker deployment < https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/QnAMaker/tutorials/choosing-capacity-qnamaker-deployment…


QnA Maker サービスを作成して KB を公開する

QnA Maker が一般公開されましたため、今回は、QnA Maker サービスを作成して KB を公開するまでの手順を、以下の公開ドキュメントに沿ってご案内いたします。   (1) Create a QnA Maker service の手順に沿って QnA Maker サービスを作成 (2) Create-Train-Publish your knowledge base の手順に沿って KB を作成して公開   その前に、QnA Maker のプレビュー版をご利用いただいていた方はアーキテクチャの変更に戸惑われるかもしれませんので、まずは、変更後のアーキテクチャを踏まえて、ご利用のための以下の大まかな流れをつかんでいただきたいと思います。     上記の図は、Learn about QnA Maker のドキュメントからの抜粋です。図の右下に、以下の 3 つのサービスが追加されており、それぞれ以下の役割をもっています。 (A)         App Service QnA Maker のランタイムは、App Service としてデプロイされます。   (B)         Azure Search Q&A や類語(Synonyms) やメタデータはAzure Search…


Computer Vision API の OCR 関数で日本語 「Ja」を指定した場合の現象と対策

こんにちは。Cognitive Services サポートチームの中山です。 Computer Vision API のOCR関数で日本語 「Ja」を指定した場合の現象と対策をご紹介いたします。   現象: Computer Vision API の OCR関数を呼び出し時に、日本語ドキュメントを読み込むためlanguageのパラメータに「Ja」を指定した場合は、Response 400 のエラーがリターンされます。   Curlでの呼び出し例: @ECHO OFF curl -v -X POST “https://westus.api.cognitive.microsoft.com/vision/v1.0/ocr?language=Ja&detectOrientation =true” -H “Content-Type: application/json” -H “Ocp-Apim-Subscription-Key: {subscription key}” –data-ascii “{body}”   Response 400 エラー: { “code”: “NotSupportedLanguage”, “requestId”: “B8D802CF-DD8F-4E61-B15C-9E6C5844CCBC”, “message”: “Specified language is not supported.” }   対策方法: languageのパラメータに日本語を指定したい場合は、「Ja」ではなく「ja」に変更してください。…


QnA Maker の Active Learning について

(※QnA Maker は 2018 年 5 月に一般公開となりました。以下の内容はそれ以前の Preview 版の内容となります。) 今回は、以前「QnA Maker よくあるご質問」でご紹介したQnA Maker のActive Learning について、もう少し詳しく紹介します。   Knowledge Base にご自身で用意した精度の高い Q&A を直接入力する方法以外に、実際のユーザーの入力をもとに、精度を改善する Active Learning という方法があります。 以下のドキュメントの通り、類語や新しいQ&A ペアの追加を行って、マッチングの精度を改善することが可能と期待されます。   Active Learning <https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/qnamaker/guides/active-learning-qnamaker >   以下のTrain Knowledge Base API で、20 以上のユニークなユーザー(userId) から、合計で50 回、同じQ&A の呼び出しを行うことで、Knowledge Base にその Q&A が登録されます。   Train Knowledge Base <https://westus.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/58994a073d9e04097c7ba6fe/operations/58edd31c3d9e041ffcef000f >   —– 抜粋:ここから…


LUIS App を作成する

  今回は、LUIS App を作成する例を、以下の公開ドキュメントに沿って 2 つご案内いたします。   Create your first LUIS app の手順に沿って、「Home Automation」のLUIS App を作ります。(手順 7 ~15) Create an app 以降の手順に沿って、「TravelAgent」のLUIS App を作ります。(手順16 ~ 23)   手順1 ~ 6は共通です。   手順 ===== Azure ポータルで LUIS のリソースを作成します。 1-1.      Azure ポータル(https://portal.azure.com/) にログインします。 1-2.      左側のペインより[リソースの作成] – [AI + Cognitive Services] – [Language Understanding] をクリックします。 1-3.      Name、サブスクリプション、場所、価格レベル(今回は例としてF0)、Resource group…