Azure Functions で秒間 10 万のイベントを処理する

このポストは、2017 年 9 月 19 日に投稿された Processing 100,000 Events Per Second on Azure Functions  の翻訳です。   しばしば、 Azure Functions の従量課金プランのスケーラビリティ/スループットの限界についてお客様からご質問をいただきます。簡易な答えは常に「それは場合によって異なりますが、ワークロードはどの程度ですか ?」です。 本日は、 Event Hubs /  IoT Hubs の高スケールなワークロードを Functions で実行し、プラットフォームから得られるパフォーマンスを最大限に引き出すために注意すべきいくつかの重要なポイントについて説明したいと思います。   私たちは Azure CATチームと連携して、Function と Event Hubs を使用したシンプルで代表的なイベント処理パイプラインを構築しました。テレメトリは Application Insights に送信されます。   負荷生成器(Function で実行されています)は、バッチ処理されたメッセージを、Ingestion Event Hub に書き込みます。これらのメッセージは、与えられたセンサーからの一連の測定値を表します。Function は、Ingestion Event Hub からメッセージを収集し、そこから個々の測定値を抽出し、それらを追加のテレメトリとともに、それぞれ天気/地震データ用の Event Hub に書き込みます。加えて同じ  Function App 内の 2 つの Function(従量課金プラン)は、それぞれ個別の測定値を処理し、集約されたテレメトリを Application…