アラートルールの推奨設定

こんにちは。   Azure CIE サポートの村山です。   今日は、最近流行りの Azure メトリックを利用した監視方法の注意点に関してご案内します。 Azure メトリックではテレメトリを利用して、各リソースのパフォーマンスや、正常性を確認することができます。 Microsoft Azure のメトリックの概要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-overview-metrics   Azure Web Appsの場合、CPU や メモリなどを監視して、高負荷がかかった場合には、スケールアウトやスケールアップを行い、アクセスの増加に対応することもできます。 また、HTTP 500 エラーなどを監視して、アラートを設定することで、内部で何か問題が発生した際にその通知をメールで受け取ることが可能になります。   このアラートルールですが、下記画像のように、最短で ”直近 5 分間“ から “直近 6 時間” まで設定することが可能です。 しかしながら、この “直近 5 分間” は場合によってはうまく通知が送られないことがあります。   一番安定して動作する中で最短の時間は “直近 15 分間” であるため、確実にアラートを受け取りたい場合は、”直近 15 分間” の設定をご利用ください。         また、特に Web App…