IoT Hub の一時的なエラーの対処について


IoT Hub との通信において、サービス側のエラーとしてタイムアウト エラーや Internal Server Error などが稀に発生する場合があります。例えば、IoT デバイス上のアプリケーションから、IoT Hub HTTPS でメッセージを送信した際、これらのエラーを返すことがありますが、ほとんどの場合サービス側の一時的な負荷やネットワークの問題により発生する一過性の事象と考えられます。マイクロソフトではできる限りこうしたエラーを減らすようサービス品質の向上に努めていますが、ネットワークの状態およびその他の予測不能な要因のため、エラーを完全に防ぐことは現実的に困難です。

 

また、デバイスと IoT Hub の接続は多くの場合パブリックなインターネットを経由しており、インターネットもしくはオンプレミスのネットワークの状態によって一時的なエラーが発生する可能性も考えられるため、IoT デバイス側に何らかの再試行(リトライ) ロジックを実装していただくことを推奨しています。

 

この詳細について、以下のドキュメントにも記載がありますので、ご参考になりますと幸いです。

 

    • 一時的な障害の処理

<https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/best-practices/transient-faults >

 

    • 再試行パターン

<https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/patterns/retry >

 

もし時間をおいて複数回リトライしても解消せず、継続してエラーが発生している場合は一時的な問題ではない可能性があるため、必要に応じてサポートまでお問い合わせください。

 

上記の内容がお役に立てば幸いです。

 

Azure IoT 開発サポートチーム 津田

 

Skip to main content