"Unable to determine hardware version" のエラーについて


Raspberry Pi 3 を使って、「Raspberry Pi の Azure IoT Hub への接続 (Node.js)」のドキュメントのチュートリアルを実施すると、「サンプル アプリケーションの実行」の「sudo node index.js '<YOUR AZURE IOT HUB DEVICE CONNECTION STRING>' 」を実行時に、以下のエラーが発生する場合があります。

 

----------

Unable to determine hardware version. I see: Hardware   : BCM2835

,

- expecting BCM2708 or BCM2709. Please report this to projects@drogon.net

----------

 

エラーメッセージの内容は、ハードウェア バージョンが、期待される BCM2708 または BCM2709 でないことを意味します。これは最新バージョンの Raspbian における Wiring-Pi に関する既知の問題に該当します。

 

    • Problems with wiringPi #15

<https://github.com/Azure-Samples/iot-hub-node-raspberrypi-client-app/issues/15 >

 

 

この場合、以下の対策を行うことで、エラーを解消できます。

下記の手順ではファイルの編集が必要になります。ここではエディタとしてnano を使用します。

 

(1) package.json を編集します。

 

~/iot-hub-node-raspberrypi-client-app のディレクトリで以下を実行します。

 

nano package.json

 

"wiring-pi" の行を以下に変更します。

 

"wiringpi-node": ">=2.4.4"

 

変更しましたら、Ctrl + O キー、Enter キー、Ctrl + X キーの順に押し、保存して終了します。

 

(2) sudo npm install を実行します。

(3) index.js を編集します。

nano index.js を実行します。

 

require('wiring-pi'); を以下に変更します。

 

require('wiringpi-node');

 

(4) sudo node index.js '<YOUR AZURE IOT HUB DEVICE CONNECTION STRING>' を実行します。

 

<YOUR AZURE IOT HUB DEVICE CONNECTION STRING>」の部分は、同ドキュメントの「デバイスの IoT ハブにデバイスを登録する」セクションの手順 6 「接続文字列の主キーをメモします。」の以下の画像のConnection string - primary key にあるコピーボタンでコピーしていただいた内容に、置き換えます。

 

  https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-raspberry-pi-kit-node-get-started#register-a-device-in-the-iot-hub-for-your-device

 

clip_image002

 

 

上記の内容がお役に立てば幸いです。

 

Azure IoT 開発サポートチーム 津田

Skip to main content