デバイス ID のエクスポートとインポート

皆様 IoT Hub とは友達になれましたでしょうか、Azure IoT 開発サポートの石沢です。 今回はデバイス ID のエクスポートとインポートについてご紹介いたします。 デバイス ID が増えてきて、まとめて操作したくなった時に便利な操作になります。 手順一覧 デバイス ID のエクスポートとインポートは以下の 2 つの手順にて行います。 デバイス ID をエクスポートする Blob の用意 プログラムによるエクスポートとインポートの実行 各手順の詳細 1. デバイス ID をエクスポートする Blob の用意 リソースの作成より、ストレージアカウントを作成します。 作成時に [アカウントの種類] は BLOB ストレージを選択します。作成時に入力したストレージアカウント名は後で使用するのでメモしておきます。 [BLOB の参照] より、作成した BLOB にコンテナーを追加します。“名前” 欄に入力したコンテナー名も後で使用するのでメモしておきます。 [Shared Access Signatures] より Shared Access Signature (SAS) を生成します。生成された SAS トークンをメモしておきます。 2….