Java を使用して EventProcessorHost で IoT Hub に接続する方法


Java を使用して、Event Hub 用のEventProcessorHost IoT Hub からデータを受信したい場合に、Event Hub 用の以下のドキュメントのサンプルを、IoT Hub に接続できるよう、接続情報を変更する方法をご紹介いたします。

 

- Java を使用してAzure Event Hubs からイベントを受信する

< https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/event-hubs/event-hubs-java-get-started-receive-eph >

 

上記ドキュメントにおいて、IoT Hub の場合、接続情報を以下のように置き換えていただくことで、IoT Hub に接続できます。

"{説明文}" の部分をそれぞれご自身の環境に合わせて書き換えます。

 

-----------------

final String namespaceName = "{イベントハブ互換エンドポイントから'Endpoint=sb://' '.servicebus.windows.net/;' 以降を除いた部分}";

final String eventHubName = "{イベントハブ互換名}";

 

final String sasKeyName = "{IoT Hub の共有アクセスポリシー名。ここでは iothubowner とします}";

final String sasKey = "{iothubowner の 共有アクセスキー}";

 

final String storageAccountName = "{ストレージアカウント名}"

final String storageAccountKey = "{ストレージアカウントのキー}";

-----------------

 

namespaceName eventHubName については以下をご参考ください。

 

clip_image002

 

sasKeyName sasKey は以下をご参考ください。

 

clip_image004

 

[ご参考: IoT Hub の共有アクセス ポリシーについて]

上記の例では共有アクセス ポリシーとして iothubowner を指定していますが、D2C メッセージをイベントハブ互換エンドポイントから読み取るには、 Service Connect (サービス接続) のアクセス許可が必要となります。

 

- IoT Hub へのアクセスの制御

<https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-devguide-security >

 

上記の内容がお役に立てば幸いです。

 

Azure IoT 開発サポートチーム 津田

 

Skip to main content