[MS16-035] .NET Framework 4.6/4.6.1 のセキュリティ更新プログラムのサポート技術文書 (KB3136000) について

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、[MS16-035] .NET Framework 4.6/4.6.1 のセキュリティ更新プログラムのサポート技術文書 (KB3136000) について、お知らせします。   <背景> Microsoft では、.NET Framework 4.6/4.6.1 用のセキュリティ更新プログラムをインストール後に特定の印刷問題が発生した場合に対処するため、2016 年 5 月 11 日に、Microsoft .NET Framework 用の更新プログラムを再リリースしました。 しかしながら、本更新プログラムに関するサポート技術文書  (KB3136000) において、更新プログラムの適用対象に関する [Notice] の記載内容に誤りがありました。 本ブログでは、その内容を訂正させていただきます。   [MS16-035] Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 SP1、および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 4.6 および Windows 7…


修正プログラムにまつわるお話

おはようございます。Platform SDK (Windows SDK) サポートの junyoshi です。今年から本ブログのライターとして加わりました。ユーザー インターフェイスやネットワーク、サービスなど、Windows 上でのさまざまなアプリケーション開発について、開発者のみなさんからのお問い合わせに対応しています。以後、お見知りおきいただけますようお願いします。 さて、まったく話は変わりますが、インフルエンザが流行っていますね。今年は A 型が、というお話をよく聞きますが、B 型にかかったという方もいらっしゃるようで、毎年のことながらどれに気を付けたらよいというのはなさそうです。当然、私は医療の専門ではありませんが、先日テレビで「手洗い、うがいは確実なものではない」と放送していました。インフルエンザは飛沫感染で、ウィルスは肌や粘膜に付着したら手洗いやうがいをするよりも早く侵入してしまうから、というのが理由でしたが、そうすると事前に準備が必要なので、予防接種しかないということですね。とは言っても、少しでも遠ざけられるなら、と考えて手洗い、うがいを続けたいと思います。 GDR と LDR って何? Windows をお使いいただいていると、よく Windows Update や Microsoft Update というウィンドウが表示されて Windows を更新するよう促されることがあると思います。OS の不具合が修正されたり、新しいモジュールが提供されたりすると、よりよい環境をご利用いただくためにプログラムが提供されます。PC からインターネットを通じて定期的にマイクロソフトのサイトをご確認いただくことで、新しいモジュールが見つかり、簡単なユーザー インターフェイスによってインストールすることが可能となっています。 でも、実際に Windows Update から PC にインストール可能なプログラムは、マイクロソフトが提供しているものの一部です。たとえ、製品の不具合を修正したものであっても、すべてがインストールされるわけではありません。それはなぜか。 マイクロソフトでは、大きく分けて以下の 2 種類の修正プログラムを提供しています。修正プログラムとは、製品の不具合を修正するプログラムのことです。 Limited Distribution Release (LDR) 以前は、Quick Fix Engineering、略して QFE と呼ばれていました。ある特定の問題を解決するために修正が行われ、その問題が解決されていることをテストにより確認した上で公開された修正プログラムです。局所的なテストとなることが多いので、修正がほかの機能に影響している可能性があります。 General Distribution Release (GDR) 広範囲のお客様に提供するために、さらに多くのプロセスを経て、追加テストなども行った上でリリースされる修正プログラムを指します。 LDR は、局所的な問題解決であり、万人向けとは言い難いため、修正される原因となった問題の影響を受けているお客様向けに提供しています。問題に関する情報は、マイクロソフトの…