日本語版以外の Windows 10 を利用した場合、アプリケーションの日本語表記が正しく表示されない場合があります

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 における、オフライン状態でのフォント インストール時の注意点についてお知らせします。 日本語版以外の Windows 10 (Windows 10 英語版等) を利用した場合、日本語の言語パックをインストールしたにも関わらず、各種アプリケーションにて日本語が正しく表示されないという現象が発生することがあります。 もし、日本語の言語パックをインストールしたにも関わらず、日本語が正しく表示されない場合は、以下をご確認ください。 概要 Windows 10 では、日本語補助フォント (Japanese Supplemental Fonts) はインターネット上の Windows Update サイトよりダウンロードして取得する形式に変更されました。 このため、Windows 10 では、オフライン状態での日本語補助フォントのインストールをサポートしていません。日本語補助フォントをインストールする場合は、旧来の Windows OS とは異なり、インターネット上の Windows Update サイトに接続可能な環境が必要となります。 もしも、オフライン状態の日本語版以外の Windows 10 に対して、日本語の言語パックをインストールした場合には、日本語補助フォントがインストールされないため、日本語補助フォントを利用するアプリケーションに関しては、日本語が正しく表示されないという現象が発生する恐れがあります。 日本語補助フォントについては、メイリオ、MS ゴシック、等が該当します。 フォントの詳細については、以下にて確認可能です。 コントロール パネル内、[フォント] を選択します。 左メニュー項目の [オプション機能の管理] を選択します。 表示の中から [日本語補助フォント] を選択します。   詳細 上記のとおり、英語版の…

3

Windows 10 のメジャーアップデートを行った際に設定したレジストリ値が移行されない場合がある

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 Windows 10 のメジャーアップデートを行うと旧バージョンで設定したレジストリ値が移行されない現象についてご案内いたします。   現象 Windows 10 のメジャーアップデートからバージョンを更新するとレジストリの値が移行されない現象を複数のお客様から報告いただいています。弊社でもこの現象が発生することを把握しています。いただいたお問い合わせの中から以下のようなレジストリが移行されない傾向がありますが、移行されない明確なレジストリ値のリストや条件は確認できていません。   ・ バージョンアップ後の OS で動作が保証されないレジストリ値 ・ バージョンアップ後の OS に悪影響を及ぼす可能性があるレジストリ値 ・ 既定で存在しない追加された OS の設定   OS のレジストリ設定に依存して動作するアプリケーションを開発しており、Windows 10 のメジャーアップデート後に期待通りの動作が見られない場合はレジストリの値が期待する設定になっているか一度確認をお願いします。   対処方法 Windows Update 時にレジストリが移行されない現象を抑止する対処方法はありません。このような現象を確認いただいた場合はアップデート後レジストリの再設定をお願いします。


WPF アプリケーションからショートカットキーで単語登録ツールを開くと、クリップボード上のテキストが単語登録ツールに送信される

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、WPF アプリケーションから Ctrl + F7 のショートカットキー経由で、単語登録ツール (IMJPDCT.EXE) を開いたときの問題についてご案内します。   現象 WPF アプリケーション上で、TextBox や RichTextBox コントロール上の任意のテキストを選択し、Ctrl + F7 のショートカットキー経由で単語登録ツールを開くと、選択しておいたテキストではなく、クリップボード上のテキストが単語登録ツールに送信される現象が発生します。 この現象は、WPF アプリケーション上でのみ発生することが確認されています。   原因 本現象は、ショートカットキー経由で単語登録ツールを開いたときに、単語登録ツールに送信するためのテキストを取得する OS の内部処理に問題があるために発生しています。 ショートカットキー以外の方法で単語登録ツールを開いた場合は、異なる内部処理によってテキストが取得されるため、本現象は発生しません。 マイクロソフトでは、この現象について現在も調査中です。 詳細や、将来のバージョンでの対応計画については、わかり次第このブログに掲載する予定です。   回避策 回避策として、以下の方法が確認されています。 方法 (1) IME ツールバーから [単語の登録] を選択して、単語登録ツールを開きます。 方法 (2) 単語登録ツールに割り当てられているショートカット キーが押されたことを WPF アプリケーション側で検出して、一旦キャンセルします。 そして、WPF アプリケーションから InputMethod.ShowRegisterWorkUI() を呼び出して、独自に単語登録ツールを開きます。 このとき、InputMethod.ShowRegisterWorkUI() の第一引数には単語登録ツールに渡したい任意のテキストを指定することになるため、選択しておいたテキストをアプリケーションが取得して渡すことで、目的の動作を実現できます。


Windows 10 にて、SimpleOrientationSensor.OrientationChanged イベントに登録をすると、すぐにイベントハンドラーの呼び出しが行われる

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。今回は、Windows.Devices.Sensors 名前空間にある SimpleOrientationSensor クラスの動作が Windows 8.1 と Windows 10 で異なる結果になることをご案内します。 現象SimpleOrientationSensor.OrientationChanged にイベントハンドラーを登録した際に、以下のように OS 間での動作際が発生します。- Windows 8.1SimpleOrientationSensor.OrientationChanged にイベントハンドラーを登録を行った後、デバイスの向きが変更になるまでイベントハンドラーの呼び出しが行われません。- Windows 10SimpleOrientationSensor.OrientationChanged にイベントハンドラーを登録を行った後、デバイスの向きが変更に関係なく、一度イベントハンドラーの呼び出しがおこなわれます。その後はデバイスの向きが変更になるまでイベントハンドラーの呼び出しが行われません。 原因Windows 10 にて、SimpleOrientationSensor クラスの実装が変更となっています。WIndows 8.1 では、以下 2) の条件はございませんでした。Windows 10 では、イベントハンドラーの呼び出し可否を判断として、以下の OR 条件を満たしますと呼び出しを行う仕様となっています。 1) 前回の向きと現在の向きに差異がある2) 初回報告である 回避策Windows 8.1 と同じタイミングでのみイベントハンドラーの呼び出しが行われるようにすることはできません。そのため、SimpleOrientationSensor.OrientationChanged に設定されたイベントハンドラーが呼び出されましたら、SimpleOrientationSensorOrientationChangedEventArgs.Orientation  を確認を行い実装をいただく必要があります。


UWP アプリケーション上で static UInt64 型の値がマイナスの値として扱われる場合があります。

  こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は UWP アプリケーションの開発にあたり確認された問題についてご案内したいと思います。   現象 UWP アプリケーション上で static UInt64 型の値がマイナスの値として扱われる場合があります。この現象が発生する条件は以下の通りになります。   ・ static UInt64 型の変数がグローバル変数として宣言されている ・ 数値が 32 ビットの値で、かつ最上位ビットが立っている ・ .NET Native としてビルドされている   再現コード例 public sealed partial class MainPage : Page {     static UInt64 memSize = 0x80000000;     public MainPage()     {         this.InitializeComponent();         textBlock.Text =…


PTConvertPrintTicketToDEVMODE 関数の呼び出しにより、アプリケーションでメモリーリークが発生する可能性があります

  こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 64ビット版、および Windows Server 2016 において、PTConvertPrintTicketToDEVMODE 関数の呼び出しにより、アプリケーションでメモリーリークが発生する可能性がある問題についてご案内します。   現象 アプリケーションから PTConvertPrintTicketToDEVMODE 関数により、印刷チケットを取得する処理を実行した場合、一回の呼び出しでメモリーが136 Byte増加する現象が確認されています。 本現象は、Windows 10 64ビット版、および Windows Server 2016 で、64ビットアプリケーションを実行した場合に発生します。   原因 本現象は、Windows 10 64ビット版、および Windows Server 2016 の不具合が原因で発生します。 なお、Windows 10 Creators Update (バージョン 1703) において、この不具合は修正されています。   回避策 以下の二つの内、何れかの方法から回避いただくことができます。   1) Windows 10 Creators Update (バージョン 1703) へ移行する…


Windows 10 における CreateDesktop 関数の問題について

  こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 において、CreateDesktop 関数を使用して新しいデスクトップ を作成した際に確認されている問題についてご案内します。   現象 Windows 10 において、CreateDesktop 関数を使用して新しいデスクトップを作成す るアプリケーションを想定します。 通常、Windows 10 で、Ctrl + Alt + Del キーを押下して画面をロックすると、ロッ ク画面が表示されます。   しかし、CreateDesktop 関数で作成されたデスクトップでCtrl + Alt + Del キーを 押下して画面をロックすると、ロック画面が表示されず、デスクトップが表示された ままになる現象が確認されています。 この状態が発生すると Ctrl + Alt + Del キー以外の操作を受け付けなくなります。   原因 現在調査中です。詳細については、分かり次第更新予定です。   回避策 現象発生後は、Ctrl + Alt + Del キーを押下してロック画面を解除します。…


Windows 10 Creators Update でグローバルフックをインストールすると失敗の監査が記録される問題について

  こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 Creators Update において、グローバルフックがインストールされている場合に確認されている問題についてご案内します。   現象 Windows 10 Creators Update 環境において、SetWindowsHookEx 関数を使用してグローバルフックをインストールすると、セキュリティ ログへ下記のような失敗の監査が記録される現象が確認されております。 グローバルフック関数を実装したダイナミックリンクライブラリ(DLL)に対して、ハッシュが有効ではないことを示唆するイベントとなっていますが、実際には DLL は破損していません。 また、DLL に適切な署名がされていてもこのイベントは記録されます。   —————————————————- ログの名前:         Security ソース:           Microsoft-Windows-Security-Auditing 日付:            2017/xx/xx xx:xx:xx イベント ID:       5038 タスクのカテゴリ:      システムの整合性 レベル:           情報 キーワード:         失敗の監査 ユーザー:          N/A コンピューター:       xxxxxxxxxx 説明: コードの整合性によって、ファイルのイメージ ハッシュが有効でないと判断されました。このファイルは、無許可の変更によって破損しているか、無効なハッシュがディスク デバイス エラーの可能性を示している場合があります。   ファイル名:    \Device\HarddiskVolume2\Program…


.NET Framework 4.7上で実行している WPF アプリケーションで、タッチ操作を繰り返すと、タッチ操作に反応しなくなる。

  こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、.NET Framework 4.7 をインストールした環境で、WPF アプリケーションを使用した際に確認されている問題についてご案内します。   現象 .NET Framework 4.7 をインストールした環境で、WPF の ComboBox コントロールのドロップダウンリストを、タッチ(またはスタイラス)により繰り返し開閉していると、ドロップダウンリスト内の項目をタッチ操作で選択できなくなる現象が確認されています。 ComboBox 以外にも、Menu など、動作時に内部でウインドウを作成して利用するコントロールの操作で同様の現象が発生する可能性があります。   問題が発生するまでのタッチやスタイラスの操作回数は決まっていませんが、アプリケーション プロセスを実行起動してから終了するまでの間の操作が累積して発生することがわかっており、その回数はおよそ 50 回から 100 回程度です。   なお、問題の発生以前から表示している Button などのコントロールがある場合、問題が発生してもそれらへのタッチ操作は可能です。   原因 本問題は WPF が管理しているタッチ・スタイラスデバイスの情報に不整合が生じることが原因であり、.NET Framework 4.7 のみで発生する問題です。   回避策 本現象が発生した場合、アプリケーションを再起動します。 USB 接続のタッチパネルの場合は、USB ケーブルを抜き差しすることで、アプリケーションの再起動をせず操作を続行できます。 なお、マウス操作には影響しないため、マウスが接続されている環境の場合は、現象が発生したあともマウスによる操作は可能です。   状況 現在対応中です。 進展があり次第、本ブログを更新予定です。


8 月の更新プログラム適用後、アプリケーションからの印刷が失敗する

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 8 月の更新プログラムを適用することによって発生する印刷時の現象についてご案内します。   現象 8 月の更新プログラムを適用すると、一部のプリンターに対するアプリケーションからの印刷が失敗する場合があります。 印刷内容やアプリケーション側の処理によっては印刷が失敗せず、正常に印刷できます。また、印刷が失敗する場合には、以下のような現象として表面化します。 紙面全体もしくは一部が白紙の状態で印刷される アプリケーションの印刷処理が終わらず、スプール ファイルのサイズが大きくなり続け、システムが不安定になる   状況 マイクロソフトでは、この現象について調査しています。 進展があり次第、本ブログを更新予定です。