Windows 10 RS5にてWPFアプリで不要なタイミングでタッチキーボードが起動してきてすぐに閉じる


こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

今回は、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、WPFアプリケーションのTextBoxを非表示にすると、タッチキーボードが起動して、すぐ閉じる事象についてご案内します。

 

前提条件

・キーボードがドッキングされていないタブレット端末

・OSの設定にて、「設定」-「デバイス」-「入力」の「タブレットモードでなく、キーボードが接続されていない場合に、 タッチキーボードを表示する」が 「オン」 となっている。

現象

WPFアプリケーションでTextBoxを非表示にするような実装を行った場合、タッチキーボードが起動して、すぐに閉じるという事象が確認されています。

具体的には、以下のような操作を行うと事象が発生します。

<発生手順例>

1.TextBox が配置されたWPFアプリケーションを起動します。

2.TextBox をタッチして、タッチキーボードを表示後、×ボタンを押してタッチキーボードを閉じます。

3.プログラムによりキーボードフォーカスを別のコントロールに移す、またはTextBoxのVisibilityプロパティをCollapsedに変更します。

状況

マイクロソフトではこの現象を調査中です。

進展があり次第、本ブログを更新予定です。

Skip to main content