Windows 10 RS5にてWPFアプリの読み取り専用Textボックスにタッチした場合の挙動について

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、WPF アプリケーションの読み取り専用TextBoxをタッチすると、入力不要なコントロールに対してタッチキーボードが起動してくる事象についてご案内します。 前提条件 ・キーボードがドッキングされていないタブレット端末 ・OSの設定にて、「設定」-「デバイス」-「入力」の「タブレットモードでなく、キーボードが接続されていない場合に、タッチキーボードを表示する」 が 「オン」 となっている。 現象 WPFアプリケーションで、読み取り専用の TextBox(IsReadOnly プロパティを TRUEに設定)をタッチすると 読み取り専用にもかかわらず、タッチキーボードが表示される、または、タッチキーボードの表示後すぐ閉じると事象が確認されています。 状況 マイクロソフトではこの現象を調査中です。 進展があり次第、本ブログを更新予定です。 回避策 現時点では、Windows 10 version 1809 における回避策はありません。


Windows 10 RS5にてWPFアプリで不要なタイミングでタッチキーボードが起動してきてすぐに閉じる

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、WPFアプリケーションのTextBoxを非表示にすると、タッチキーボードが起動して、すぐ閉じる事象についてご案内します。   前提条件 ・キーボードがドッキングされていないタブレット端末 ・OSの設定にて、「設定」-「デバイス」-「入力」の「タブレットモードでなく、キーボードが接続されていない場合に、 タッチキーボードを表示する」が 「オン」 となっている。 現象 WPFアプリケーションでTextBoxを非表示にするような実装を行った場合、タッチキーボードが起動して、すぐに閉じるという事象が確認されています。 具体的には、以下のような操作を行うと事象が発生します。 <発生手順例> 1.TextBox が配置されたWPFアプリケーションを起動します。 2.TextBox をタッチして、タッチキーボードを表示後、×ボタンを押してタッチキーボードを閉じます。 3.プログラムによりキーボードフォーカスを別のコントロールに移す、またはTextBoxのVisibilityプロパティをCollapsedに変更します。 状況 マイクロソフトではこの現象を調査中です。 進展があり次第、本ブログを更新予定です。


Windows 10 RS5にてクリップボード履歴画面を表示後にタッチキーボートが起動してこない

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、タッチキーボードから 「クリップボードの履歴画面」を表示した後、タッチキーボードが表示されなくなる事象についてご案内します。   現象1 クリップボード履歴画面を表示すると以降タッチキーボートが起動してこなくなる クリップボード履歴画面を表示すると以降タッチキーボートが起動してこなくなるといった事象が確認されています。 具体的には、以下のような操作を行うと事象が発生します。 <発生手順例> 1.キーボードがついていないタブレット端末にて、アプリからタッチキーボードを表示させるために “C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\ink\TabTip.exe”をShellExecuteExにて起動し、タッチキーボードを起動させます。 (タスクトレイの「タッチキーボードボタン」をタッチしてタッチキーボードを起動して場合も同様です。) 2.タッチキーボード上の左上のクリップボードの履歴画面に切り替えるボタンをタッチし、クリップボードの履歴画面を表示させます。 3.メモ帳を開きタッチしても、タッチキーボードが起動してきません。 4.TabTip.exeを実行しても、タッチキーボードが起動してきません。 回避策 タスクバー上のタッチキーボードのアイコンをタッチすることで、タッチキーボードが起動します   現象2 タッチキーボードからクリップボードの履歴画面を表示すると一度アプリからフォーカスを外さないとタッチキーボードが起動してこない タッチキーボードからクリップボードの履歴画面を表示すると一度アプリからフォーカスを外さないとタッチキーボードが起動してこないという事象が確認されています。 具体的には、以下のような操作を行うと事象が発生します。 <発生手順例> 1.文字入力ができるアプリを起動して最大化表示にしておきます。(メモ帳でも現象は発生を確認しております) 2.アプリの入力エリアをタッチし、タッチキーボードを起動させます、 3.タッチキーボードの左上のボタンを押してクリップボードの履歴画面を表示します。 4.クリップボードの履歴画面を閉じます。 5.再びアプリの入力エリアをタッチしても、タッチキーボードが起動してきません。 回避策 一度デスクトップをタッチした後に再度アプリの入力エリアをタッチすることで、タッチキーボードが起動します。 状況 マイクロソフトではこの現象を調査中です。 進展があり次第、本ブログを更新予定です。