Windows 10 version 1803 (April 2018 Update) で、日本語版 Microsoft IME を無効化すると、タッチ キーボードが起動しない


こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

今回は、Windows 10 version 1803 (April 2018 Update) において日本語版 Microsoft IME を無効化した場合、タッチ キーボード (Tabtip.exe) が起動しない現象についてご案内します。


現象

IME のコンテキスト (HIMC 値) の状態には、ON/OFF/Disable の三つの状態があります。

  • ON : 日本語入力が可能なコンテキスト
  • OFF : 日本語入力が不可能なコンテキスト (英数のみ入力可能なコンテキスト)
  • Disable : IME を介した日本語、英数いずれの入力も不可能なコンテキスト (直接入力は可)

これまでの Windows 10 ではTextBox 等の編集可能なコントロールをタッチした場合、IME のコンテキストが上記三つの状態のいずれであっても、タッチ キーボードが起動しました。

しかしながら、Windows 10 version 1803 (April 2018 Update) では、編集可能なコントロールの IME のコンテキストが「Disable」の状態だった場合は、タッチ キーボードが起動しません。

編集可能なコントロールに対してアプリケーションが InputMethod.IsInputMethodEnabled プロパティに false を設定していたり、ImmAssociateContext 関数にコンテキスト ハンドルとして NULL を設定していたりすると、そのコントロールをタッチしてもタッチ キーボードが起動しなくなります。


原因

日本語版 Microsoft IME の不具合です。


回避策

現時点では、Windows 10 version 1803 における回避策はありません。

Windows 10 の次期バージョンにて、修正予定です。


状況

マイクロソフトではこの現象を調査中です。

進展があり次第、本ブログを更新予定です。


参考情報

InputMethod.GetIsInputMethodEnabled 添付プロパティ

<https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.input.inputmethod.isinputmethodenabled.aspx>

ImmAssociateContext

<https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc447958.aspx>


更新履歴

– 2018/09/03
[原因]、[回避策] セクションを更新しました。

Skip to main content