Windows 10 Fall Creators Update での GetPixel、SetPixel 関数の処理速度について


こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

今回は Windows 10 Fall Creators Update 環境で GetPixel および SetPixel 関数の処理速度が、Windows 10 Creators Update 以前の Windows 10 の処理速度と比較し、遅くなる現象についてご案内いたします。

 

現象

プログラムの内容にもよりますが、ほぼ同等スペックの Windows 10 Creators Update と Windows 10 Fall Creators Update で

GetPixel 、SetPixel 関数の処理速度を GetTickCount 関数を使用して計測した結果

Windows 10 Fall Creators Update 上の処理速度は、Windows 10 Creators Update の数倍から数十倍遅くなることが報告されています。

 

回避策

有効な回避策は確認できていません。

 

状況

マイクロソフトでは、この問題について調査をしています。

進展があり次第、本ブログを更新予定です。

 

<2018 年 2 月 2 日 (金) 更新>
今回の問題に対する修正が、以下の KB 4058258 の更新プログラムに含まれています。

January 31, 2018—KB4058258 (OS Build 16299.214)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4058258/windows-10-update-kb4058258

更新プログラムは、Windows Update または 以下の Microsoft Update カタログ サイトからご入手いただけます。

Microsoft Update Catalog website.
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4058258

大変お手数ですが、こちらの適用をお願いします。

Skip to main content