Windows 8.1 上で動作する Windows ストアアプリに対して UI Automationが動作しない


 

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

今回は、ストアアプリに対して UI Automationが動作しない現象についてご案内します。

 

現象

UI Automation を利用することにより、他のアプリケーションを操作する、または、他のアプリケーションから情報を取得する等のアクセスを行うことが可能です。

ところが、Windows 8.1上で動作しているストアアプリに対して UI Automation によるアクセスを実行すると、正しく動作しない現象が確認されています。

例えば、HTML コンテンツを WebView で表示しているストアプリがあるとします。UI Automation からこの HTML コンテンツにアクセスすると、正しいプロパティ値が取得できない場合があります。ところが、同じ HTML コンテンツを Internet Explorer で表示している場合は、UI Automation からこの HTML コンテンツにアクセスして、正しいプロパティ値を取得することができます。

同様の現象は、お客様が作成されたアプリケーションだけでなく inspect.exe や acccheckui.exe といった弊社ツールでも確認されています。

UI Automation については下記Blog などをご参照ください。

UI Automation のススメ

https://blogs.msdn.microsoft.com/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/2011/05/26/ui-automation/


原因

この現象は、Windows 8.1 の不具合により発生します。

なお、Windows 8 以前や、Windows 10 では発生しません。


回避策

Windows 8.1においては有効な回避策が無く、また 現時点でこの不具合が修正される予定はありません。

本問題が重要視される場合には Windows 10 への移行をご検討ください。


Skip to main content