Windows 10 でアイコン オーバーレイが正しく表示されない場合がある


こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。
今回は、Windows 10 において、アイコン オーバーレイ機能が正しく動作しない可能性があることについてご案内いたします。
 

現象 
アイコン オーバーレイは、ファイルやフォルダーのアイコンに、小さいアイコンを組み合わせる機能です。
例えば、OneDrive では、アイコン オーバーレイによって、以下のように、フォルダーのアイコンにチェックマークを追加しています。

アイコン オーバーレイの例

この動作は、アプリケーションがアイコン オーバーレイ ハンドラ―を登録することで実現されています。
通常、ファイルやフォルダーの変更が行われると、アイコン オーバーレイ ハンドラ―の IShellIconOverlayIdentifier::IsMemberOf メソッドが呼び出され、そのファイルの状態に合わせた、小さいアイコンを追加します。
 
しかし、Windows 10 のデスクトップ上に保存された Office 製品 (Word や Excel など) のファイルに関しては、ファイルが更新されても IShellIconOverlayIdentifier::IsMemberOf メソッドが呼び出されない現象が確認されています。
これにより、アイコン オーバーレイ ハンドラ―がファイルの更新を検知できず、小さいアイコンが追加されない状態になります。
 
なお、「デスクトップ以外の任意のフォルダーに保存された Office 製品のファイル」や「デスクトップ上に保存された Office 製品以外のファイルやフォルダー」については、同様の現象は発生しません。
 

状況 
この現象については現在調査中です。
詳細について分かりしだい更新する予定です。
 

対処方法 
アイコン オーバーレイが正しく表示されない場合は、以下のいずれかの方法で更新を行います。

  • デスクトップ上でマウスを右クリックし、「最新の情報に更新」メニューにより更新を行います。
  • デスクトップ上でマウスを左クリックし、デスクトップを選択した後、F5 キーにより更新を行います。
Skip to main content