入手可能な Windows SDK について Winows 8 / 8.1 / 10 向け


Windows SDK については以前の記事にて紹介されていますが、対象になる Window のバージョンや、SDK に同梱されているツールなどが新しくなっていますので改めて紹介します。このページでは最新の Windows 8 / 8.1 / 10 向けの SDK について記述しますので、それ以前の Windows SDK に関しては下記のリンクをご覧ください。

 入手可能な Windows SDK について (2011年4月21日)
 https://blogs.msdn.microsoft.com/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/2011/04/21/windows-sdk/

Windows SDK とは

Windows SDK の概要については前回の記事にも書かれていますが、ここでも簡単にご案内します。

Windows SDK は Windows API を利用して Windows 上で動作するソフトウェアを開発するためのキットです。
新しいバージョンの Windowsで提供される新機能を使ったソフトウェアを開発する場合、対応するヘッダー ファイルやライブラリなどが含まれる新しい Windows SDK を使用することになります。

Windows SDK には上記の他にも検証ツールやサンプルなど、開発をサポートするコンテンツが含まれていますので、開発者の皆様には是非利用いただきたいと思います。

Windows SDK は Windows OS がバージョンアップするたびに、新しいバージョンが無償で提供されています。

※ Visual Studio と Windows SDK について
 Visual Studioには標準でWindows SDKが含まれていますが、サンプルやツール等の一部が含まれていないことがあります。

Windows SDK コンポーネント

最新の Windows SDK (バージョン 10.0.14393.0) には以下のコンポーネントが含まれます。

 ・Windows Performance Toolkit
  Windows OS やその中で動作するアプリケーション、サービス、ドライバを含むシステム全体のパフォーマンスを詳細に測定するためのツール等がインストールされます。
   関連ブログ :
    新しくなった Windows Performance Analyzer
    https://blogs.msdn.microsoft.com/jpwdkblog/2014/11/28/windows-performance-analyzer/

 ・Debugging Tools for Windows
  ライブデバッグやメモリダンプ解析を行うためのデバッガツールがインストールされます。

 ・Application Verifier For Windows
  アプリケーションに内在している問題を検出するためのツールがインストールされます。
   関連サイト :
    Windows SDK ツール:Application Verifier のご紹介
    https://blogs.msdn.microsoft.com/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/2011/05/29/windows-sdk-application-verifier/

 ・.NET Framework 4.6.2 Software Development Kit
  .NET Framework 4.6.2 をターゲットとするリファレンス アセンブリとツールがインストールされます。

 ・Windows App Certification Kit
  アプリケーションを Windows ストアへの掲載する前の検証するキットがインストールされます。

   関連サイト :
    Windows アプリ認定キット – Windows アプリの開発
    https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/develop/app-certification-kit

 ・MSI Tools
  MSI インストーラーを作成するツールがインストールされます。

 ・Windows Software Development Kit
  Windows SDK の本体がインストールされます。
  Windows SDK に含まれる、メタ データ ファイル (.winmd ファイル) 等を Visual Studio のプロジェクトの[参照] 等に設定することで、デスクトップアプリから Windows Runtime API を呼び出せます。
  ※どのファイルをどこに設定するかは言語次第です。
   例えば C/C++ のプロジェクトの場合は、メタ データ ファイルではなくヘッダー ファイルやライブラリを [追加の依存ファイル] 等に設定します。

   関連サイト :
    デスクトップアプリでWindows Runtime APIをコールする(センサーとか)
    https://blogs.msdn.microsoft.com/hirosho/2015/03/08/windows-runtime-api123/

Windows 8 / 8.1 / 10 向け SDK の入手先

Windows 8 / 8.1 / 10 等の SDK をダウンロードするには、以下のサイトをご参照ください。

Windows SDK とエミュレーターのアーカイブ
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/sdk-archive

このサイトから、最新の Windows SDK や、少し前のバージョンの SDK をダウンロードするページにリンクしていますが、以下にダウンロード ページのリンクを紹介します。

Windows 10 SDK – Windows アプリ開発
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-10-sdk

Windows SDK for Windows 8.1 – Windows アプリ開発
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-8-1-sdk

Windows SDK for Windows 8 – Windows アプリ開発
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/downloads/windows-8-sdk

Windows SDK のインストール手順

Windows SDK のセットアップ プログラムを実行すると、以下のような画面が表示されます。

clip_image002

この画面にて、インストールしたい機能やツールを選択できます。各コンポーネントの説明については上記の [Windows SDK のコンポーネント] をご覧ください。ディスクの容量が十分な場合は、既定値どおりのインストールを推奨します。

Windows 8 / 8.1 / 10 向け SDK の既知の問題

上述の各バージョンの Windows SDK の URL に記載される “既知の問題” の項をまずはご確認いただければと思いますが、記載されていない Windows 8 向け SDK の問題について補足します。

・ cchannel.h に関する既知の問題 (Windows SDK for Windows 8)
SDK に同梱するファイルのパッケージミスで、Windows SDK for Windows 8 に ‘cchannel.h’ が含まれていません。
この問題は、その後のWindows SDK for Windows 8.1 / 10 では修正されているので、そちらを利用するか、Windows SDK for Windows 8 が必要であればお手数ですが、代用に Windows SDK 7.1 に含まれる ‘cchannel.h’ を利用してください。
 Windows SDK 7.1 (Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 バージョン 7.1)
 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8279


Skip to main content