日本語版以外の Windows 10 を利用した場合、アプリケーションの日本語表記が正しく表示されない場合があります


こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。
今回は、Windows 10 における、オフライン状態でのフォント インストール時の注意点についてお知らせします。

日本語版以外の Windows 10 (Windows 10 英語版等) を利用した場合、日本語の言語パックをインストールしたにも関わらず、各種アプリケーションにて日本語が正しく表示されないという現象が発生することがあります。

もし、日本語の言語パックをインストールしたにも関わらず、日本語が正しく表示されない場合は、以下をご確認ください。

概要

Windows 10 では、日本語補助フォント (Japanese Supplemental Fonts) はインターネット上の Windows Update サイトよりダウンロードして取得する形式に変更されました。

このため、Windows 10 では、オフライン状態での日本語補助フォントのインストールをサポートしていません。日本語補助フォントをインストールする場合は、旧来の Windows OS とは異なり、インターネット上の Windows Update サイトに接続可能な環境が必要となります。

もしも、オフライン状態の日本語版以外の Windows 10 に対して、日本語の言語パックをインストールした場合には、日本語補助フォントがインストールされないため、日本語補助フォントを利用するアプリケーションに関しては、日本語が正しく表示されないという現象が発生する恐れがあります。

日本語補助フォントについては、メイリオ、MS ゴシック、等が該当します。
フォントの詳細については、以下にて確認可能です。

  1. コントロール パネル内、[フォント] を選択します。
  2. 左メニュー項目の [オプション機能の管理] を選択します。
  3. 表示の中から [日本語補助フォント] を選択します。

 

詳細

上記のとおり、英語版の Windows 10 に日本語補助フォントのインストールする場合は、インターネット上のWindows Update サイトに接続する必要があります。

これは、Windows 10 自体がモバイル デバイスもターゲットにしており、可能な限り小さいサイズで提供されていること、および Windows 10 OS 自体もインターネット経由でのインストールが主流になりつつあるため、利便性を考慮した仕様となります。

環境構築時にインターネット接続を行わずオフライン状態を維持するには、予め OEM  メーカー様から日本語版の Windows 10、または日本語フォント インストール済みの Windows 10 を提供いただく、もしくはインターネットが繋がる環境上で、日本語フォントを OS  の UI やコマンドにてインストールする必要があります。

英語版 Windows 10  を例として、日本語補助フォントを追加 / 削除する手順を以下にご案内します。

<日本語補助フォントの追加手順>

1. Windows Update サイトから使用可能なオンデマンド機能の一覧を取得します。
    *本手順にて Windows Update への接続が必須になります。

     GUI では、以下を選択します。
     Settings – System – Apps & features – Manage optional features の Add a feature

      コマンドでは、以下を実行します。
      Dism /Online /Get-Capabilities

2. Windows Update または指定したソースから日本語補助フォントを追加します。

      GUI では、以下を選択し、Install をクリックします。
      Add a feature の一覧から Japanese Supplemental Fonts

      コマンドでは、下記を実行します。
      Dism /Online /Add-Capability /CapabilityName:Language.Fonts.Jpan~~~und-JPAN~0.0.1.0 /Source:Source-folder /LimitAccess

3. 基本的にはコンピューターの再起動は不要ですが、フォントが表示されない場合は再起動を行います。

<日本語補助フォントの削除手順>

1. 日本語補助フォントを削除します。

      GUI では、以下を選択し Uninstall をクリックします。
      Manage optional features の一覧から Japanese Supplemental Fonts

      コマンドでは、下記を実行します。
      Dism /Online /Remove-Capability /CapabilityName:Language.Fonts.Jpan~~~und-JPAN~0.0.1.0

2. GUI 上で フォントが追加されていない場合は、コンピューターの再起動を行います。

 

対象製品

Windows 10

Comments (2)

  1. 村田 修平 より:

    弊社諸事情では有りますが、プリインストール環境に日本語補助フォントが組み込まれておらず追加を行いたいのですが、キッティングの環境がoffline環境の為、インストール用のDVDからの組み込みが出来ないか試行錯誤を行っています。
    以下の情報を元にjp_windows_10_enterprise_x64_dvd_6851151.iso をD:\にマウントして、以下のコマンドを試しているが、Sourceの指定でErrorが出ます、何か回避策は無いでしょうか?
    http://www.tenforums.com/tutorials/7808-dism-repair-windows-10-image.html

    C:\Windows\system32>Dism /Online /Add-Capability /CapabilityName:Language.Fonts.Jpan~~~und-JPAN~0.0.1.0 /Source:esd:D:\Sources\install.esd:1 /LimitAccess

    展開イメージのサービスと管理ツール
    バージョン: 10.0.10586.0

    イメージのバージョン: 10.0.10586.0

    エラー: 0x800f0906

    ソース ファイルをダウンロードできませんでした。
    機能の復元に必要なファイルの場所を指定するには、”source” オプションを使用してください。ソースの場所の指定の詳細について は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243077 を参照してください。

    DISM ログ ファイルは C:\Windows\Logs\DISM\dism.log にあります

  2. 山田歓 より:

    バージョン 1511 (OSビルド 10586318)において、オプションから補助フォントを削除してもメイリオなどは削除されますが、MSゴシックなどが削除されずに残存されます。
    説明に書いてあることと実際挙動がちぐはぐで大変混乱します。
    早めの修正を希います。