XNA Game Studio 4.0 Refreshに更新しよう


XNA Game Studio 4.0 Refreshに更新しよう

去年の10月にXNA Game Studio 4.0 Refreshが公開されました。これは、Windows Phone SDK 7.1の中に含まれる形でリリースされ、内容もWindows Phone 7.1の新機能追加が主だったので私もツイッターの方でつぶやく程度で済ませてました。

ですが、Windows Phone向けの新機能以外にもVisual Basic対応やバグフィクスが含まれているので、WindowsやXbox 360で開発している人でも更新する価値は十分にあると思うのでここでも紹介します。

まず、新機能としてVisual Basicに正式に対応したこと、これはWindows Phoneはもちろん、Xbox 360やWindowsでもXNA Game StudioをVisual Basicを使って開発できるようになりました。

そして、バグフィクスの中で比較的重要だと思われるのが「固定更新時、速いPCやフレーム内の処理量が少ない時に更新時間計算の誤差が大きくなり、見かけのフレームレートが下がってしまう」という問題が修正されていることです。

また、Refreshという名前の通り、既存APIからの変更は無くバイナリ互換となっているので3.1から4.0へ更新の時とは違って既存のプロジェクトやコードはそのままコンパイル、実行することができるので現在4.0で開発中の人でも安心して更新することができます。

 

XNA Game Studio 4.0 Refreshへ更新する

幾つかのケースがあると思うので、それぞれのケースでXNA Game Studio 4.0 Refreshをインストールする方法を紹介します。

 

  1. Windows Phone SDK 7.1をインストールしている

    なにもする必要はありません。前述のようにXNA Game Studio 4.0 RefreshはWindows Phone SDK 7.1に含まれています。

  2. Windows Phone Developer Tools (7.0)をインストールしている

    Windows Phone Developer Toolsをアンインストールし、Windows Phone SDK 7.1(日本語)をインストールします。

  3. XNA Game Studio 4.0 + Language Pack(日本語)をインストールしている

    XNA Game Studio 4.0 Refreshをインストールします。Refreshは更新プログラムなのでXNA Game Studio 4.0やLanguage Packをアンインストールする必要はありません。
  4. XNA Game Studio 4.0のみをインストールしている

    XNA Game Studio 4.0 Refreshをインストールします。必要であればXNA Game Studio 4.0 Language Pack(日本語)をインストールします。
Comments (0)

Skip to main content