細分化されたXNA Game Studio 4.0アセンブリファイル


SilverlightからXNAフレームワークを使用する


Windows Phone 7 シリーズでアプリケーションを作る場合は、SilverlightとXNA Frameworkを使うことができます。SilverlightはMicrosoft Expression Blendとの連携で簡単にUI構築ができるという利点があり、XNA Frameworkは3Dを筆頭に高パフォーマンスが求められるゲームアプリに向いています。


Silverlightでアプリケーションを作っているときにXNA フレームワークの機能、特に追加されたばかりのダイナミックオーディオ機能や、GamerServices機能を使いたいというケースがあります。


細分化されたアセンブリファイル


このことを実現するために、4.0ではアセンブリファイルが機能ことに細分化され、それぞれが独立して機能するように変更が加えられています。


XNA Game Studio 3.1までは実行時に必要なアセンブリファイルはMicrosoft.Xna.Framework.dllとMicrosoft.Xna.Framework.Game.dllの二つでしたが、4.0のReachプロファイルでは以下の様に各機能毎に分割されています。



  • Microsoft.Xna.Framework.dll


    • Math、オーディオ、メディア

  • Microsoft.Xna.Framework.Game.dll


    • Gameクラス関連

  • Microsoft.Xna.Framework.GamerServices.dll


    • GamerProfile、Achievement、Leaderboard等

  • Microsoft.Xna.Framework.Graphics.dll


    • グラフィクス関連

  • Microsoft.Xna.Framework.Input.Touch.dll


    • TouchPanelクラス

これらのアセンブリファイルはMicrosoft.Xna.Framework.dllへの依存する以外はそれぞれ独立したアセンブリとして使用することができます。これで前述のように、SilverlightとXNA Frameworkの機能を組み合わせて使えるようになっています。同様にWindows上でもWPFやWinForm用のプロジェクトから、XNAのそれぞれのアセンブリを自由に使用することができるようになっています。


このアセンブリの細分化を言い換えると、Microsoft.Xna.Framework.Graphics.dll以外のアセンブリはからグラフィクスへの依存がなくなったとも言えます。


この副作用として、以前はTexture2DだったものがStreamを返すように変更されています。例えばGamerProfile.GamerPictureプロパティやメディアライブラリ内のPicture.GetTextureメソッドはGetImageメソッドに名称変更されているというようにです。


ここで返されるStreamは.Netフレームワークで読み込むことのできる一般的な画像フォーマットファイルとなっているので、SilverlightやWPF上で簡単にDataBinding先として使用することができます。


逆にこのストリームデータをゲーム内でテクスチャとして使うためにTexture2D.FromStreamメソッドが追加されています。

Comments (0)

Skip to main content