Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードを利用して最新の状態を保持する

本記事は、マイクロソフト本社の IE チームのブログ の記事を抄訳したものです。  【元記事】Stay up to date with Enterprise Mode for Internet Explorer 11 April 4, 2014 12:03 AM マイクロソフトは、企業のお客様が新しいソフトウェア、サービス、およびデバイスで最新の状態を保てるように、大きな一歩を踏み出しました。Windows 7 と Windows 8.1 への更新として今回発表された Internet Explorer 11 向けエンタープライズ モードは、旧バージョンの Internet Explorer に対する互換性の強化を実現し、このモードを使用する Web アプリケーションを管理するツールを提供します。 企業は、レガシ Web アプリケーションへの投資を延長しながら、最新の Web 標準、パフォーマンスの改善、および最新ブラウザーのセキュリティ向上によるメリットを得ることができます。また、旧バージョンへの依存を軽減することによって、Internet Explorer は、お客様が Windows 8.1、Office 365 などのサービス、および Surface Pro 2 などのデバイスで、最新の状態を維持できるようにします。 エンタープライズ モードで企業のお客様が最新の状態を保てるしくみ 現在、多くの企業が、新しい Web…


2014 年 1 月第 2 週目から順次、Windows 7 向けInternet Explorer 11 の自動アップグレードを開始します

Windows 7 向け Internet Explorer 11 (以下 “IE11”) の提供が日本時間 2013 年 11 月 8 日に始まりました。全世界では、既に IE11 への自動アップグレードが始まっていますが、日本でも年明けの 1 月第 2 週目から順次、自動アップグレードを始める予定です。   IE11 を使うメリット IEBlog で紹介した通り、IE11 では実際の Web サイトが 30% 高速になる等のパフォーマンス改善のほか、 セキュリティやプライバシー、信頼性の向上を実現しています。また、プラグインなしで 3D 画像やビデオが再生でき、より快適にリッチなコンテンツがお楽しみいただけます。 開発者の皆様向けには、IE10 より新しい、または改善された Web 標準のサポート機能が 25 個以上追加されています。WebGL や Media Source Extensions などが一例です。新しくなった F12 開発者ツールによりデバッグもより高速に行えます。   開発者の皆様へ 自動アップグレードにより、IE11 の利用率が飛躍的に伸びます。ぜひ積極的に以下のリソースをご活用いただき、IE11 の検証と対応を進めてください。 Internet Explorer デベロッパー…


Internet Explorer 『サンタ追跡サイト』に、いよいよサンタがやって来ました!!

サンタ追跡サイトはもうご覧いただけましたでしょうか? 毎日 1 タイトルずつ公開されてきたゲームも全てが遊べるようになり、そろそろ追跡が始まる時間です! 太平洋標準時 12 月 23 日の 23 時 (日本時間 24 日の 16 時) にサンタ追跡サイトが更新され、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (通称 “NORAD”) が追跡のスタンバイを始めます。   妖精たちがそりにプレゼントを積むのに時間がかかるので、サンタが出発するのは太平洋標準時 24 日の午前 3 時(日本時間 24 日の 20 時)予定と聞いています。   ルドルフの赤い鼻が点灯したら、追跡の始まりです。NORAD は 25 日の 20 時までサンタの居場所を地図上でリアルタイムにお知らせし、夜の空を飛び回る間、彼の安全を保証する任務を実行します。 サンタ追跡サイト開発チームの舞台裏の動画(英語)をご紹介します。 ※英語の動画ですので、サンタ追跡サイト(http://www.noradsanta.org/)の「NORAD HQ」の日本語での解説ページを一緒にご覧ください。 ※NORAD HQ サンタの秘密ファイルより NORAD とその前身である中央防衛航空軍基地 (CONAD) は50 年以上に渡りサンタの飛行を追跡して来ました。 この恒例行事は1955 年にコロラド・ スプリングスに拠点を置くシアーズ ・ローバック社が子供向けに「サンタへの直通電話」を開設した時に誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタに繋がるはずのその番号は何と CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。子供達からの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして電話をかけてきた子供達にサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことからこの伝統が生まれました。 1958 年にカナダと米国の両政府は北米航空宇宙防衛司令部、通称…


北アメリカ航空宇宙防衛司令部と提携した Internet Explorer『サンタ追跡サイト』が全世界でオープン!

本日から、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 ( 通称 “NORAD” ) と提携し、最新の Web 技術を使った Internet Explorer の「サンタ追跡サイト」を全世界でオープンしました。 「サンタ追跡サイト」は 50 年以上の歴史を持つクリスマスの定番サイトで、毎年恒例のサンタの地球一周の旅の進捗が Web でご覧になれます。今年は例年より豪華な仕様で、サンタの村に遊びに行けたり、クリスマスまでの間に毎日 1 タイトルずつ公開されるゲームが遊べたり、クリスマスの音楽やサンタの居場所に関する最新情報が提供されます。 またこの Web サイトは、タッチ操作に最適化されていて、Internet Explorer 11 のような最新のブラウザーを搭載したタッチ対応の PC/タブレットをお持ちの方は、直感的でより臨場感のある体験を楽しめます。タッチ操作で簡単にサンタの村を探検したり、ゲームを遊んだり、NORAD のサンタ追跡オペレーションセンターに Skype で電話したりできます。 そして 12 月 24 日に NORAD がサンタを追跡し始めるとき、3D の地球上のサンタの旅をピンチやズームで追いかけることができ、Internet Explorer 11 搭載のタッチ対応のデバイスはこの Web サイトを最大限に楽しむことができます。 Internet Explorer 11は、Windows 8.1 に標準搭載され、Windows 8 及びWindows 7 向けにも提供されています。 サンタ追跡サイト:http://www.noradsanta.org/ ※右上のタブにて、日本語を選択可能 Internet Explorer 11に関しての詳細はこちらです。…


modern.IEをアップデート

modern.IE は、今年 1 月にマイクロソフトが公開した、Web 開発者向けのクラウドベースの Webサイト検証ツールです。今回のアップデートでは次の機能が加わりました。 特定の Web サイトが 10 種類のデバイスでどのように表示されるか、画面ショットで比較できる機能を無料で提供 特定の Web サイトを Mac、Linux、Windows デバイスで検証できるように、IE11 の Windows 7 / 8.1 向けの仮想イメージを追加 Mac OS XでWindows OSを動作させられる仮想化ソフト “Parallels” を先着 2,500 名限定で 25% 割引で提供


Windows 7版 IE11 Developer Previewが公開されました

Windows 8.1 Preview に続き、WIndows 7版 Internet Explorer 11 Developer Previewが公開されました。 IE11では、GPUを利用したリアルタイムでのJPEGのデコードやテキストのレンダリングを実行する機能が盛り込まれ、これらの表示スピードが飛躍的に向上しているほか、IE9で搭載された新JavaScriptエンジン″Chakra”が進化し、JavaScriptのパフォーマンスがさらに高速化されました。このChakraはECMAScript 6 をサポートしています。WebGLのサポートでは、より高度な2Dやさらには3Dの表現が可能になっただけではなく、GPUによるレスポンスのよいインタラクティブな表現を可能にします。 F12開発者ツールも大きく進化し、より使いやすいデバッグツールとなっています。ぜひお試し下さい。 Internet Explorer 11 Developer Preview のダウンロード http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/ie-11-worldwide-languages IE11 Developer Preview for Windows 7:  Enabling Next Generation Sites and Apps – Faster (英語) http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2013/07/25/ie11-developer-preview-for-windows-7-enabling-next-generation-sites-and-apps-faster.aspx


Test The Web Forward の東京開催が決定

2013年6月7日~8日の2日間、Google 東京オフィスにおいて、日本初の「Test The Web Forward」が開催されます。 Test The Web Forward とは、Web開発者のコミュニティがより深くWeb標準のプロセスに関わることによって、Webをより良いものにしていこうというムーブメントで、Web 標準の学習機会を設けること、仕様テストケースに貢献すること、コミュニティを活性化することによって推進されています。そして、このムーブメントの一環となる Test The Web Forward イベントがサンフランシスコ、パリ、北京、シドニー、シアトルに続き、東京で開催されることになりました。このイベントには、W3C をはじめAdobe、Google、KDDI、Microsoft、Mozilla、NTT Docomo、楽天をはじめとする各社(アルファベット順)が協力しています。 W3C 仕様の読み方や W3C 仕様テストの作成方法を学び(金曜日)、ハッカソン形式で実際に仕様テストの作成(土曜日)しませんか?一緒にブラウザの違いを問わない、相互運用性の高い Web を作り上げていきましょう。 Test The Web Forward イベントの詳細:http://testthewebforward.org/events/tokyo-2013.html Test The Web Forward イベントへのお申し込み:http://goo.gl/Bwpdj イベント概要 日時: 2013 年 6 月 7 日(金) 18:30(受付開始)– 22:00 2013 年 6 月 8 日(土) 9:00(受付開始)– 18:00 場所:Google 東京オフィス、六本木ヒルズ森タワー参加費:無料定員:100名


Internet Explorer MVP による IE Test Drive 技術解説 : SVGとCSSの表現

Internet ExplorerのMVPによる Internet Explorer 10 Test Driveの技術解説記事の第6回目は、Interactive Film いつも可愛い – キリンジの制作に携わったピクセルグリッドの小山田さんによる「SVGとCSSの表現」の解説です。 Internet Explorer 9 以降、たくさんの HTML5 に関する新しい技術がサポートされています。これらの新しい技術には、表現に関する技術も多く含まれており、Internet Explorer 10 Test Drive に公開されているデモ、BetaFishIE にも新しい表現技術が使われています。 BetaFishIE このデモの主役である金魚は HTML、SVG、CSS3 2D transforms、CSS3 Animation などで表現されています。また、画面下部のスターテス表示には HTML5 の canvas が利用されています。 従来では、このようなダイナミックなアニメーションはプラグインに頼ることがほとんどでした。しかし、標準技術の進化とそれをサポートしたブラウザーが組み合わせることにより、最近ではプラグインに頼る必要なくダイナミックなインタラクションを実現できるようになりました。 Internet Explorer 10 では次の技術をサポートしており、これらは開発におけるインタラクション付与へと応用できるでしょう。 Internet Explorer 9 から追加された主な新技術 HTML5 video と audio 要素 HTML5 canvas SVG1.1 (一部除く) CSS3 Backgrounds & Borders…


Windows 7 SP1版向けIE10の提供を開始

Windows 7 SP1、及びWndows Server 2008 R2 SP1向けのInternet Explorer 10の提供を開始しました。インストーラーはこちらからダウンロードできますので、お試し下さい。こちらは米国で放映されている新しいテレビコマーシャルです。 また、IE10 のタッチ操作による Web ブラウズの素晴らしさと、HTML5 の先進性をご体験いただけるコンテンツ ExploreTouch.ie と、ブラウザーでお楽しみいただけるマインスイーパが公開されていますので、合わせてお楽しみ下さい。


Internet Explorer MVP による IE Test Drive 技術解説 : Gesture イベント

Internet Explorer ブログ (日本語版) では、これから数回にわたり Internet Explorer Test Drive に掲載されているサンプルについて、Internet Explorer の MVP の方々からご寄稿いただいた技術解説をお送りします。 第一回目は、HTML5.JP の管理人としてもおなじみの羽田野 太巳さんによるGesture イベントの解説です。 Gestureイベント 近年、タッチデバイスの普及により、ウェブアプリケーションの操作方法が大きく変わってきました。マウスでは、クリック、ドラッグといった操作が中心でしたが、タッチデバイスでは、ジェスチャーと呼ばれるタッチ操作が求められるようになってきました。 ジェスチャーとは、一本の指でタッチパネルを触る操作だけでなく、二本以上の指を使った操作も加わります。これまでは、W3C DOM Level 3 Events 仕様に規定されたMouseEvent に基づいて、スクリプトを書いてきました。指一本でタップするなどの簡単な操作であれば、MouseEvent で代用できます。しかし、複数の指を使った操作をMouseEvent で処理するのは無理があります。 このような状況の中、Internet Explorer 10 では、ジェスチャーを扱うAPIが新たに実装されました。それを確かめるには、Internet Explorer Test Drive に公開されているBrowser Surface というデモを試すのが良いでしょう。   Internet Explorer Test Drive – Browser Surface http://ie.microsoft.com/testdrive/Browser/BrowserSurface/   Browser Surface images/gesture_ie_tset_drive_browser_surface.png このデモでは、タッチデバイスであれば、指を使って、画面右下に重ねて表示された写真を自由に移動、回転、拡大、縮小することができます。そして、その写真を指で長押しすることで、画面に固定することができます。もちろん、マウスによる操作も可能ですが、マウスでできるのは移動と固定だけです。 残念ながら、ジェスチャーに関する API…