Internet Explorer 『サンタ追跡サイト』に、いよいよサンタがやって来ました!!

サンタ追跡サイトはもうご覧いただけましたでしょうか? 毎日 1 タイトルずつ公開されてきたゲームも全てが遊べるようになり、そろそろ追跡が始まる時間です! 太平洋標準時 12 月 23 日の 23 時 (日本時間 24 日の 16 時) にサンタ追跡サイトが更新され、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (通称 “NORAD”) が追跡のスタンバイを始めます。   妖精たちがそりにプレゼントを積むのに時間がかかるので、サンタが出発するのは太平洋標準時 24 日の午前 3 時(日本時間 24 日の 20 時)予定と聞いています。   ルドルフの赤い鼻が点灯したら、追跡の始まりです。NORAD は 25 日の 20 時までサンタの居場所を地図上でリアルタイムにお知らせし、夜の空を飛び回る間、彼の安全を保証する任務を実行します。 サンタ追跡サイト開発チームの舞台裏の動画(英語)をご紹介します。 ※英語の動画ですので、サンタ追跡サイト(http://www.noradsanta.org/)の「NORAD HQ」の日本語での解説ページを一緒にご覧ください。 ※NORAD HQ サンタの秘密ファイルより NORAD とその前身である中央防衛航空軍基地 (CONAD) は50 年以上に渡りサンタの飛行を追跡して来ました。 この恒例行事は1955 年にコロラド・ スプリングスに拠点を置くシアーズ ・ローバック社が子供向けに「サンタへの直通電話」を開設した時に誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタに繋がるはずのその番号は何と CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。子供達からの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして電話をかけてきた子供達にサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことからこの伝統が生まれました。 1958 年にカナダと米国の両政府は北米航空宇宙防衛司令部、通称…


北アメリカ航空宇宙防衛司令部と提携した Internet Explorer『サンタ追跡サイト』が全世界でオープン!

本日から、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 ( 通称 “NORAD” ) と提携し、最新の Web 技術を使った Internet Explorer の「サンタ追跡サイト」を全世界でオープンしました。 「サンタ追跡サイト」は 50 年以上の歴史を持つクリスマスの定番サイトで、毎年恒例のサンタの地球一周の旅の進捗が Web でご覧になれます。今年は例年より豪華な仕様で、サンタの村に遊びに行けたり、クリスマスまでの間に毎日 1 タイトルずつ公開されるゲームが遊べたり、クリスマスの音楽やサンタの居場所に関する最新情報が提供されます。 またこの Web サイトは、タッチ操作に最適化されていて、Internet Explorer 11 のような最新のブラウザーを搭載したタッチ対応の PC/タブレットをお持ちの方は、直感的でより臨場感のある体験を楽しめます。タッチ操作で簡単にサンタの村を探検したり、ゲームを遊んだり、NORAD のサンタ追跡オペレーションセンターに Skype で電話したりできます。 そして 12 月 24 日に NORAD がサンタを追跡し始めるとき、3D の地球上のサンタの旅をピンチやズームで追いかけることができ、Internet Explorer 11 搭載のタッチ対応のデバイスはこの Web サイトを最大限に楽しむことができます。 Internet Explorer 11は、Windows 8.1 に標準搭載され、Windows 8 及びWindows 7 向けにも提供されています。 サンタ追跡サイト:http://www.noradsanta.org/ ※右上のタブにて、日本語を選択可能 Internet Explorer 11に関しての詳細はこちらです。…


Internet Explorer MVP による IE Test Drive 技術解説 : Gesture イベント

Internet Explorer ブログ (日本語版) では、これから数回にわたり Internet Explorer Test Drive に掲載されているサンプルについて、Internet Explorer の MVP の方々からご寄稿いただいた技術解説をお送りします。 第一回目は、HTML5.JP の管理人としてもおなじみの羽田野 太巳さんによるGesture イベントの解説です。 Gestureイベント 近年、タッチデバイスの普及により、ウェブアプリケーションの操作方法が大きく変わってきました。マウスでは、クリック、ドラッグといった操作が中心でしたが、タッチデバイスでは、ジェスチャーと呼ばれるタッチ操作が求められるようになってきました。 ジェスチャーとは、一本の指でタッチパネルを触る操作だけでなく、二本以上の指を使った操作も加わります。これまでは、W3C DOM Level 3 Events 仕様に規定されたMouseEvent に基づいて、スクリプトを書いてきました。指一本でタップするなどの簡単な操作であれば、MouseEvent で代用できます。しかし、複数の指を使った操作をMouseEvent で処理するのは無理があります。 このような状況の中、Internet Explorer 10 では、ジェスチャーを扱うAPIが新たに実装されました。それを確かめるには、Internet Explorer Test Drive に公開されているBrowser Surface というデモを試すのが良いでしょう。   Internet Explorer Test Drive – Browser Surface http://ie.microsoft.com/testdrive/Browser/BrowserSurface/   Browser Surface images/gesture_ie_tset_drive_browser_surface.png このデモでは、タッチデバイスであれば、指を使って、画面右下に重ねて表示された写真を自由に移動、回転、拡大、縮小することができます。そして、その写真を指で長押しすることで、画面に固定することができます。もちろん、マウスによる操作も可能ですが、マウスでできるのは移動と固定だけです。 残念ながら、ジェスチャーに関する API…


「HTML5+IE9 Web Camp 2 with html5j.org」セミナーを開催

今週の金曜日、東京/品川において、HTML5のコミュニティとして活動されているhtml5j.orgさんとの共催で「HTML5+IE9 Web Camp 2 with html5j.org」を開催します。 W3C/Keioの深見さんによる「HTML5 登場の意義と Web 標準とのつきあいかた」に始まり、日本マイクロソフトからIE10でのHTML5実装、html5j.orgからはWebSockets、F12 開発者ツール、SVGをテーマに開発者向けの濃い話、そして、先日、当ブログでもご紹介した「FINAL FANTASY XIII-2」のプロモサイト「モーグリの TWEET キャッチ」を制作いただいたクレアテックさんによるHTML5やCSS3の使い処解説と盛りだくさんな内容になっています。 この機会にぜひお越しください。


すべてのブラウザーでマルチタッチ入力とマウス入力を処理する

本記事は、マイクロソフト本社の IE チームのブログ から記事を抜粋し、翻訳したものです。  【元記事】Handling Multi-touch and Mouse Input in All Browsers2011/10/19 11:00 AM 今後のタッチ操作対応デバイスで中心的な役割を担うのが Web や Windows 8 Metro スタイルのアプリであることを考えると、Web サイトやアプリでタッチ操作の可能な場所を増やし、その利便性を向上させることがとても重要であると言えます。 今回は、Web 開発者が新しい IE10 ポインター イベント モデルを、iOS タッチ イベント モデルや W3C マウス イベント モデル (拡張仕様) と共に使用して、ポインター入力、タッチ入力、マウス入力を処理する、ブラウザーの種類を問わない共通のコード ハンドラーを作成します。 この記事を書くきっかけについて少し話しておくと、私は運良く Samsung 700T Windows Developer Preview タブレット PC を入手したのです。 この PC では、IE Test Drive サイトでマルチタッチを試すことができるタッチ効果のデモや、鳥を捕まえるデモ Lasso Birds…


IE 10 および Metro スタイル アプリケーションでのタッチ入力

本記事は、マイクロソフト本社の IE チームのブログ から記事を抜粋し、翻訳したものです。  【元記事】Touch Input for IE10 and Metro style Apps (2011/9/21 5:00 AM ) 新しい入力デバイスとタッチ スクリーンの機能を効果的に取り入れているサイトでは、Web の対話性、面白さ、リアル感が一段とアップします。 Windows Developer Preview では、サイトやアプリケーションでのタッチ操作とペン入力がサポートされ、これにより開発者はタッチ機能を効果的に取り入れたサイトを作成したり、マルチタッチやジェスチャなどの最新の入力機能を備えた、斬新かつ強力なエクスペリエンスを構築できるようになりました。 実際の動作については、IE Test Drive サイトに新たに追加 (または更新) された Touch Effects、Lasso Birds、Flying Images などのデモでご確認いただけます。   マウス入力に影響しない、タッチ主導の入力処理 Windows 8 で提供される Metro スタイルの IE とアプリケーションは、Windows にかつてない斬新なタッチ エクスペリエンスをもたらすだけでなく、これまでの入力形式を犠牲にすることもありません。開発者はサイトやアプリケーションの構築に、こうしたタッチ主導のエクスペリエンスを利用できます。 では、入力処理の基本的な説明から始めましょう。 IE 10 および Metro スタイル アプリケーションでは、"ポインター" と呼ばれる抽象的な入力形式を扱います。 ポインターとは、マウスのカーソル、ペン、指がスクリーンに接触する接点のことです。この形式を採用することで、効果的に動作するサイトやアプリケーションをハードウェアの種類を問わず、簡単に作成することができます。マイクロソフトのハードウェア アクセラレーションへの取り組みと同じように、エクスペリエンスがハードウェアの進化に伴って向上しても、開発者が使用する…