無償で Web ページの検証ができる modern.IE. とは?

※この記事は HTML5 Experts.jp – 『OSの種別を問わず、無償でできる!modern.IE「4つ+1つ」のWebページ検証方法』として投稿したものに加筆修正したものです。というか、もともと 第11回Creators MeetUp で登壇したセッションの内容をまとめた記事からイベントの要素を抜いて投稿したものが HTML5 Experts.jp になります。 そして今回「IE の公式ブログでも公開」とのリクエストがあったため IE ブログ (日本語版) でも公開します。  内容は、以下の記事のカーボンコピーです。 monoe’s blog – 無償で Web ページの検証ができる modern.IE. とは?  少し前の話になりますが 12 月 21 日に 第11回Creators MeetUp に登壇してきました。 私のセッションではマイクロソフトが提供する無償の Web ページの検証サイト、modern.IE について紹介しました。 セッションで使用したスライドは以下です。説明はすべてデモで行っているので、あまりスライドを見る意味はないかもしれません。 まさに内容がないよ….う、です。。(今日はなんだか寒いですね、お風邪など召さぬよう) about modern.IE from Osamu Monoe セッションの様子は以下で見ることができます。ただし、カメラが画面から遠いのでデモの内容を確認するのは難しいかもしれません。 雰囲気を味わいたい方はどうぞ。 Video streaming by Ustream All about modern.IE. 2013年11月、Windows…


Internet Explorer 11 Preview 開発者向けガイド

Windows 8.1の提供開始日が発表になりました。Windows 8.1の標準ブラウザーはInternet Explorer 11となります。Internet Explorer 11では、JavaScriptエンジン「Chakra」がさらに高速化されること、WebGLやMPEG-DASHをサポートすること、そして、F12 開発者ツールを刷新し、より使いやすい、より便利なデベロッパーツールとなることがポイントです。Internet Explorer 11 Developer Preview はWindows 7版も公開されています。ぜひお試し下さい。 Internet Explorer 11 Preview 開発者向けガイド http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ie/bg182636(v=vs.85).aspx Windows 7版 Internet Explorer 11 Developer Preview のダウンロード http://blogs.technet.com/b/microsoft_japan_corporate_blog/archive/2013/08/15/8-1.aspx  


Test The Web Forward の東京開催が決定

2013年6月7日~8日の2日間、Google 東京オフィスにおいて、日本初の「Test The Web Forward」が開催されます。 Test The Web Forward とは、Web開発者のコミュニティがより深くWeb標準のプロセスに関わることによって、Webをより良いものにしていこうというムーブメントで、Web 標準の学習機会を設けること、仕様テストケースに貢献すること、コミュニティを活性化することによって推進されています。そして、このムーブメントの一環となる Test The Web Forward イベントがサンフランシスコ、パリ、北京、シドニー、シアトルに続き、東京で開催されることになりました。このイベントには、W3C をはじめAdobe、Google、KDDI、Microsoft、Mozilla、NTT Docomo、楽天をはじめとする各社(アルファベット順)が協力しています。 W3C 仕様の読み方や W3C 仕様テストの作成方法を学び(金曜日)、ハッカソン形式で実際に仕様テストの作成(土曜日)しませんか?一緒にブラウザの違いを問わない、相互運用性の高い Web を作り上げていきましょう。 Test The Web Forward イベントの詳細:http://testthewebforward.org/events/tokyo-2013.html Test The Web Forward イベントへのお申し込み:http://goo.gl/Bwpdj イベント概要 日時: 2013 年 6 月 7 日(金) 18:30(受付開始)– 22:00 2013 年 6 月 8 日(土) 9:00(受付開始)– 18:00 場所:Google 東京オフィス、六本木ヒルズ森タワー参加費:無料定員:100名


Internet Explorer 10 で Web ワーカーをデバッグする

本記事は、マイクロソフト本社の IE チームのブログ から記事を抜粋し、翻訳したものです。  【元記事】Debugging Web Workers in IE10 (2011/7/13 3:34 AM) Web ワーカーを使用すると、実行時間が長く複雑な JavaScript アルゴリズムをオフロードしてバックグラウンドで実行することにより、Web アプリケーションの応答性を向上させることができます。Internet Explorer 10 には、Web ページおよび Web ワーカー内で実行される JavaScript に対して、総合的で予測可能なデバッグ環境が用意されています。 IE10 では、すべての Web ワーカーについて作成される新しいスクリプト コンテキストに対応するため、F12 ツールが強化されました。デバッグを開始 (F12 ツールの [デバッグ開始] ボタンをクリック) すると、Web ページのスクリプト コンテキストおよび現在実行中の (または後で実行される) ワーカーのコンテキストにアタッチできます。 これが上に述べた “総合的で予測可能なデバッグ” です。F12 ツールが備える、従来の単一スレッド スクリプトで利用可能なスクリプト デバッグ機能やプロファイル機能はすべて、ワーカーについても同様に使用できます。これを使用しない場合、エミュレーションを使用して限られたデバッグ機能のみをサポートする方法があります。 現在、多くの開発者ツールでは、Web ワーカーのデバッグが一切サポートされていませんが、一部のツールは、シミュレートされた環境 (iframe を使用してワーカーをエミュレートした環境など) に限定したデバッグ機能を提供しています。残念ながら、こうしたシミュレーション環境では、通常の実行ではエラーになるような無効なシナリオ (DOM アクセスなど) が、デバッグでは成功してしまい、開発者が判断を誤る可能性があります。 実行時の動作を忠実に再現しないデバッガーを使用すると、特に既存のコードをワーカー用に移行するような場合に、見落としやすい…


よくある Canvas の問題を解消する

本記事は、マイクロソフト本社の IE チームのブログから記事を抜粋し、翻訳したものです。 なお、本記事中の Internet Explorer 9 は、元記事執筆当時の Platform Preview ( 正式リリース以前の) ものについて記載しておりますのでご了承ください。 【元記事】 Debugging Common Canvas Issues (2010/9/8 3:12 PM) 以前の記事 (英語) で説明したように、IE9 は HTML5 Canvas をサポートしています。これについては、最新の Internet Explorer 9 をダウンロードすることですぐにお試しいただけます。最新の Web 標準を使用するサイトを対象にした私たちのテストでは、Canvas を使用する数多くのサイトが IE9 で正常に動作することが確認されています。サイトに <canvas> を使用している開発者のために、IE9 を含めた各種のブラウザーでこの要素の正常な動作を保証するための方法を 2 つ紹介します。ブラウザーの検出ではなく機能の検出を用いる方法と、<!DOCTYPE html> を使用する方法です。 ブラウザーを検出する代わりに機能を検出する ブラウザー検出を使用している場合 (たとえば、ユーザーが IE ユーザー エージェント文字列を使用していることを検出したら、Canvas を含まない実装に自動的に切り替えるなどしている場合) は、IE9 でも HTML5 コンテンツの表示をブロックしてしまいます。このため、ブラウザーの検出ではなく、機能の検出を行い、ユーザーのブラウザーに特定の機能があるかどうかを確認することが推奨されます。たとえば、次のコードを使用して、ユーザーのブラウザーが…