Windows Update でIEの日本語の縦書き機能を強化

先日リリースされた Windows Update でIEの日本語の縦書き機能が強化されました。意外と思われる方もいるかもしれませんが、実はIEでも縦書きをサポートしています。 横書きと縦書きが混在するレイアウトを使用するというのは、日本語のほかには数言語しかない、世界でもとてもユニークなフォーマットです。中国語も今は横書きが主流で、特にデジタルの世界ではほとんど縦書きは使われていないそうです。日本でも縦書きは使われなくなってきているイメージがあるかもしれませんが、新聞、書籍、漫画や国語の教科書ではまだまだ現役です。近年はデジタル書籍が普及し、画面上で縦書きを見る機会が増えていますし、日本政府の政策もあり、今後ますます書籍や教科書の電子化が進んでいくことが予想されます。日本の開発チームでは、日本人が紙の媒体で「あたりまえ」と思っているテキストフォーマットをデジタルで再現できるように開発を進めています。 Windows タブレットで子供たちが勉強するという日もそう遠くないかもしれません。