Internet Explorer 『サンタ追跡サイト』に、いよいよサンタがやって来ました!!


サンタ追跡サイトはもうご覧いただけましたでしょうか?
毎日 1 タイトルずつ公開されてきたゲームも全てが遊べるようになり、そろそろ追跡が始まる時間です!

太平洋標準時 12 月 23 日の 23 時 (日本時間 24 日の 16 時) にサンタ追跡サイトが更新され、北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (通称 “NORAD”) が追跡のスタンバイを始めます。  

妖精たちがそりにプレゼントを積むのに時間がかかるので、サンタが出発するのは太平洋標準時 24 日の午前 3 時(日本時間 24 日の 20 時)予定と聞いています。  

ルドルフの赤い鼻が点灯したら、追跡の始まりです。NORAD は 25 日の 20 時までサンタの居場所を地図上でリアルタイムにお知らせし、夜の空を飛び回る間、彼の安全を保証する任務を実行します。

サンタ追跡サイト開発チームの舞台裏の動画(英語)をご紹介します。

※英語の動画ですので、サンタ追跡サイト(http://www.noradsanta.org/)の「NORAD HQ」の日本語での解説ページを一緒にご覧ください。

※NORAD HQ サンタの秘密ファイルより

NORAD とその前身である中央防衛航空軍基地 (CONAD) は50 年以上に渡りサンタの飛行を追跡して来ました。

この恒例行事は1955 年にコロラド・ スプリングスに拠点を置くシアーズ ・ローバック社が子供向けに「サンタへの直通電話」を開設した時に誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタに繋がるはずのその番号は何と CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。子供達からの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして電話をかけてきた子供達にサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことからこの伝統が生まれました。

1958 年にカナダと米国の両政府は北米航空宇宙防衛司令部、通称 NORADとして知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。そしてそれがサンタ追跡という伝統も引き継いだというわけです。

それ以来NORAD 職員とその家族や友人の献身的なボランティアによって世界中の子供達からの電話やメールへの対応が続けられています。また現在ではサンタ追跡にインターネットも利用しています。サンタの現在地を調べようとNORAD サンタ追跡ウェブサイトにアクセスする人の数は何百万人にものぼります。

自宅、外出先。サンタはどこからでも追跡することが可能です。NORAD のサンタ追跡オペレーションセンターに Skype で電話してみるのもよいでしょうし、3D の地球をタブレットやスマートフォンでズームイン、アウトしてみるのも楽しいでしょう。時折、地図上にマーカーが付いた場所が出現するので、よーく見ていてくださいね。クリックするとその場所の情報、はたまた、サンタが装着しているカメラの映像も見られるかもしれません!

image1
image2

サンタを待っている間は、世界中のクリスマスのコンテンツを Holiday Hubでご覧いただくこともできます。そして、クリスマスツリーや可愛く着飾ったペット、サンタ目撃情報などを、Twitter や Instagram に#holidayoverload、#santapaws、#santasighting のハッシュタグを使って是非共有してください!

image3

そろそろサンタがやってきますよ。お楽しみに。

そして、メリークリスマス!

Comments (0)

Skip to main content