IE8 の SmartScreen フィルター ~ インターネット規模でユーザーを保護

MIX10 において発表され、現在公開されている Internet Explorer 9 Platform Preview は、おもに Web デベロッパーの方々を対象に、Internet Explorer 9 で予定されているさまざまな変更点を早期にお知らせし、フィードバックをいただくために用意されたビルドです。 まだアドレスバーはおろか、[戻る]、[進む] ボタンといったユーザーインターフェースが実装されていないため、残念ながら日常の Web ブラウズには耐えません。常用する Web ブラウザーには、引き続き Internet Explorer 8 を推奨します。 Internet Explorer 8 (以下「IE8」) は過去の Internet Explorer との下位互換性を保ちながら、HTML4.01/CSS2.1 といった Web 標準に準拠しました。また「ブラウザーの基本性能」と「目的のコンテンツに辿り着くまでの操作時間」という2つの点で高速化を果たし、同時に使い勝手の改善、安全性/信頼性の向上を実現しました。NetApplications の発表によると、今年の 1 月末時点で世界でもっとも利用されているブラウザーになりました。ちなみに日本においては、もっと圧倒的な早さで普及していると付け加えておきましょう。 今回の記事では、IE8 の安全性についてお話したいと思います。 実は先日行われた RSA 2010 セキュリティカンファレンスにおいて、インターネットのセキュリティを脅かす、ソーシャルエンジアリング型のマルウェアの脅威に関するセッションやキーノートが非常に多かったことに驚いています。また、セキュリティの専門家の話題になるだけではなく、みなさんの周りでも最近 Web 改ざんや、ソーシャルネットワーク内でマルウェアに誘導されたことによるマルウェア感染、個人情報の漏洩といった被害が現実に発生しています。私たちの持っているデータによると、250 回のダウンロードのうち 1 回は、マルウェアのダウンロードに繋がっているようです。 そんな中でも、IE8 の SmartScreen® フィルターはそういった攻撃からユーザーのみなさまを保護し続けており、実際どのぐらいのレベルの保護を提供しているのか、いくつか数字でご紹介したいと思います。 昨年 3 月に製品版がリリースされて以来、SmartScreen…

1

W3C SVG Working Group Update 関連

マイクロソフトが 2010年1月に正式に W3C SVG Working Group に参加してからの活動に関する 3 件の IEBlog をまとめて翻訳しました。後程、MIX10 後に公開された SVG in IE9 Roadmap を別途日本語訳して公開します。   ————————– Tuesday, January 05, 2010 2:10 PM Microsoft Joins W3C SVG Working Group Microsoft の相互運用性と標準技術のサポートに対するコミットメントの続きとして、昨日我々は World Wide Web Consortium (W3C) の Scalable Vector Graphics (SVG) Working Group への参加のリクエストを出しました。利用者や開発者のニーズに合ういくつかの次のバージョンの SVG の仕様に携われることを楽しみにしています。 SVG WG のサイトの冒頭には、“the mission of the SVG…


Recap of Add-on-Con

ブラウザー アドオン 開発者向けに毎年開催されているカンファレンスで、今年はカリフォルニア州のマウンテンビューにある Computer History Museum で開催された、Add-on-Con から私たちは戻ってきました。アドオン 開発のコミュニティは起業家の人々の集まりであり、また、彼らに今どんなことをやっているのか?ということを聞くのはとてもエキサイティングです。Herman Ng と Christopher Griffin と私は、みんなとチャットしたりプレゼンをするためにその場にいました。Matt Crowley もその街にいたので、その日ちょっと立ち寄ってくれました。 Herman は、信頼性とパフォーマンスを向上させるためのベストプラクティスについて語りました。このトピックはとても参加者から反響がありました。このセッションは、開発者が望んでいる、Cool な機能を構築したり、素晴らしい信頼性とパフォーマンスを持たせたり、IE アドオン ギャラリーでの露出のさせ方など、どうやって自分のお客に素晴らしい経験を提供できるか?ということを明白にしました。我々が見聞きした多くの興味をもとに、Herman は彼のプレゼンテーションを再構築して、来年の早い時期から Blog にシリーズとして投稿していくでしょう。ですが、それを待つ必要はありません。私が Herman が取り上げていたなかでの 2つの アドオン開発者向けの簡単な Tips を紹介いたします. 自分のアドオンのクラッシュ レポートを Windows Quality Online Services (Winqual) からゲットしてください。これはあなたの製品のクラッシュしたところを発見できデバッグするためのすばらしいリソース (情報) です。 あなたが開発したアドオンをぜひ IE アドオン ギャラリー に登録してください。開発者の方は、右上の ”新規登録” から登録後、サインインしたら、自分の名前のところをクリックして、"今すぐアップロードする" ボタンから、アドオンをアップロードすることができます。 私のプレゼンテーションは、Web スライス (msdn)、 アクセラレータ (msdn)、そして 検索プロバイダー (msdn)…


ハードウェアで高速化する HTML5: 開発者向けに最初の IE9 Platform Preview が公開

HTML5 を深く見ていくと、HTML5 で新しい種類のアプリケーションができることがわかりました。これらは、既存の Web サイトでは起きなかったような負荷を、ブラウザーのランタイムや、その下に存在するハードウェアに与えます。HTML5 に正しく取り組むということは、特定の新機能を実装するということより、Web サイトや Web アプリケーションが必要とするブラウザーのサブシステムのデザインに取り組むことであると当初から実感していました。私たちは開発の初期から、プロフェッショナルクラスの最新の HTML5 サポートを、Windows を通じて最新のハードウェアの上に実現するというゴールを持ち、IE9 の開発を始めました。 Mix のカンファレンスにおいて、Windows プラットフォーム上で動作する IE9 を使って、PC ハードウェアを活用することで、開発者に既知で、幅広く使われている標準的なWebの見本がどれぐらい良く動作するというデモンストレーションを行いました。このブログ記事はパフォーマンス、標準技術、ハードウェアで高速化する HTML5 グラフィック、そして IE9 Platform Preview の公開を通して、私たちが見せたものの概要を提供します。 最初に私たちは内部コードネーム「Chakra (チャクラ)」で知られる IE9 の新しいスクリプトエンジンと、JavaScript の処理速度に関してよく用いられるベンチマークテストにおける性能の進歩についてお見せしました。すでにベンチマークテストにおけるスクリプトエンジンの違いは、まばたきにかかる時間ぐらいの差になりつつありますが、既存の Web サイトを高速に表示するための私たちのアプローチについて述べました。Chakra は CPU の別のコアを使って、IE と並行にバックグラウンドで JavaScript をコンパイルます 同じ標準技術に基づいた HTML、スクリプト、そしてマークアップが、異なるブラウザーをまたがっても使えるようにするために、私たちがどういったことに取り組んできたかについてもご紹介しました。私たちのアプローチについてのデータやフレームワークを共有させていただき、いくつかの標準技術 (HTML5、DOM、CSS3) に対する対応が進んでいることについてもデモンストレーションいたしました。現時点のIE9 ビルドにおける最新の Acid3 テストのスコアは 55 点でした。異なるブラウザーをまたがって開発者が同じマークアップを使えるようにするという業界の目的に対する取り組みを続けることで、Acid3 テストのスコアも上昇するでしょう。標準化のプロセスにおける私たちのお約束として、テストケース (テスト項目や条件) を標準化団体に提供しました。またこれらのテストをあらゆるブラウザーで試せるようにもしました。 いくつかのデモンストレーションにおいて、ブラウザーが OS を通して PC のハードウェアの性能を活かして、見た目にリッチでインタラクティブな…